浅い眠りは色んなトラブルの原因!

浅い眠りというのは従来の睡眠では可能であったレベルでの体力回復を不可能にさせます。そのため体調不良やけがの原因に繋がったりすることも…またニキビや口内炎等のできものも睡眠が足りないと治りにくくなってしまいます。小学校の頃などは早く寝なさいと親から口を酸っぱく言われたものですが、今だからこそしっかりとした睡眠をとることが必要なのかもしれません。

眠れないことはメンタル面にも影響を及ぼします。集中力が切れてしまうことからミスの増加、さらには遅刻、居眠りなんてこともあり得るかもしれません。そうすると仕事が終わらない→退社が遅くなる→帰宅が遅くなり睡眠時間も減少…という負のスパイラルになりかねません。しっかりと眠ることは仕事効率を上げるという意味でも重要なのです。

そもそもなぜ眠れないのか?

しっかり寝ることの重要性は分かっていただけたと思いますがそれでも眠りづらいといった事態に苦しむ人は数多くいます。ではなぜそんな事態が起こっているのでしょうか。数多くの原因がありますが私たちに最も身近な原因は”蛍光灯の明かり”です。今はどこでも白色光が取り入れられています。人間の体は白色光の明かりのレベルだとまだ活動時間だと勘違いをしてしまいホルモンバランスが乱れ眠りにつきにくくなってしまうのです。電気代が安いという理由からも蛍光灯が普及するのも仕方のないことではありますが我々の生活の一部であり切っても切り離せないものが眠りづらいことと大きく関係しているのです。

蛍光灯の明かりだけではありません。これも有名な話ですがスマホやパソコンから出る明かりもよくありません。会社から帰っても残った仕事を片づけるのにパソコンに向かい、いざ眠るとなってベッドに潜ってもスマホで漫画を読むなんて行動をしていては寝れなくなって当たり前なのです。

じゃあ快眠を取り戻すためにはどうすればいいの?

では正直なところ快眠をするためにはどうすればいいのでしょうか。まずライトを変えるおが一番早そうですが部屋のライトをそっくり取り換えるというのは無理があるでしょう。そこでおすすめなのが間接照明です。寝る一時間ほど前から部屋の明かりを間接照明に切り替えると体が眠る準備に入ってくれます。夜食も厳禁です。お腹が減ったら白湯を飲みましょう。体をあっためることも睡眠に繋がります。酒はダメなのかと言われることもありますが詳しくは下の記事を参照してください。

まとめ

今回は睡眠を取らないことの悪影響から改善法までを見てきました。ここで改めて言いたいのは仕事効率を上げるにはあらゆる時間を投げうって仕事をするよりもしっかりとした休息が一番手っ取り早いのではないかということです。仕事のために休む、覚醒するために眠るということを忘れないでください。

日本人に特有なのが自分の限界を超えてまで努力することへの美意識です。自身の身を粉にしてまでも働くことが是とされてきました。しかし本当に必要なのは根性よりもバランスであり、メリハリが成果を出す秘訣なのかもしれません。「会社に骨を埋めても構わない!」と思えるような会社に出会えることは素敵なことかもしれませんが、それだけではいずれ限界が来るのも事実です。疲れた時は睡眠の大事さを少しでも思い出していただけたら嬉しいです。

他にも快眠に関する記事が多数あります。併せてこちらもお読みください。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

管理人おすすめ!一緒に朝を迎えたくなるベッドたち!