引っ越しや模様替えの時の気がかりNo1?

引っ越しや大規模な模様替えなどで一番の悩みになってくるのが古いベッドの処理です。新しいベッドにしたかったり壊れてしまったりした時など頻繁には来ないものの、いつやってきてもおかしくない問題です。いざというときあたふたしないようしっかりと覚えておきましょう。

処理方法① 自治体に粗大ごみとして引き取ってもらう

最もメジャーな処理方法がこちら。自治体ごとの決まりによって異なりますがお金を支払い粗大ごみシールを購入。それを張って引き取ってもらうという形になる場合がほとんどです。ベッドの大きさで値段が変えある場合もあったりするのでしっかりと下調べしておくことが必要です。
知っておけばほとんどの場合で対応してくれるので安心できますが自分でゴミ回収所までベッドをもっていかなければなりません。こちらが大きなネックと言えるのではないでしょうか。

処理方法② 粗大ごみの回収業者に依頼する

次に廃品回収などを行っている業者に回収をお願いするという手段です。こちらは先ほどと違ってシールを買ったりするのではなく電話で呼んで回収してもらいます。そのため先ほどと違い自分で捨てに行かなくてもよいのが何よりのメリットです。しかし料金相場が色々あるため自治体の方が安く済んでしまうといったケースもあったりします。

処理方法③ リサイクルショップに回収をお願いする

三つ目はリサイクルショップへの回収依頼です。本来ならばお金をかけて処理してもらう粗大ごみなのですが、格安だったりさらには無料で行ってくれる場合もあるかもしれません。査定をしてもらうことから始められるので十分に選択肢の一つにはなります。ただしボロボロになっていたり、更には壊れていたりした場合は期待値は下がってしまうのであしからず。

上記の三つが主なベッドの処分方法になります。しっかりと下調べをしておけば、お得に処分をすることができます。ベッドを買い替えようかと思っている方は調べてみてはいかがでしょうか?

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

古いベッドの処分費用はどれくらい?無料サービスはあるの?

近年では寝具としてほとんどの方が利用しているベッド。毎日使うものだけあって、数年すれば劣化が進んでしまいます…

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

管理人おすすめ!一緒に朝を迎えたくなるベッドたち!