マイクロファイバーとは

化学繊維の一種

化学繊維の一種

マイクロファイバーは化学的に組成されたナイロンやポリエステルの繊維です。人工的に作られたものですね。マイクロファイバーを使ったアイテムは、質感を毛羽立たせているものが多いです。

衣類、寝具、掃除アイテムなど幅広く採用されていますし、最近では毛布の素材としてマイクロファイバーが使われているのを、よく目にするようになりました。

マイクロファイバー毛布のメリット

すぐに温かさを感じる

すぐに温かさを感じる

ではマイクロファイバー素材で作られた毛布の、メリットやデメリットを把握しておきましょう。
【メリット】
・繊維自体が軽いのに保温性があり、触れるだけで温かみを感じる
・吸水性、速乾性が高いので、万が一濡れても軽く絞って干すだけですぐに乾く
・化学繊維なので大量生産しやすく、価格が比較的安価で手に入る

マイクロファイバー毛布のデメリット

肌を傷つける可能性が高い

肌を傷つける可能性が高い

次はデメリットです。こうして比較するとデメリットの数が多いかもしれませんね。
【デメリット】
・多角形断面で繊維が尖っており、摩擦によって肌を傷つける場合がある
・汚れを吸着しやすい性質のため繊維の隙間に汚れやホコリが入りやすく、雑菌の繁殖や臭い、咳の原因になる
・熱に弱く燃えやすいので乾燥機やアイロンは使用不可。さらに火元の近くに置くとすぐに燃え移ってしまう
・繊維が細いため耐久性が低い

マイクロファイバー毛布は取り扱いやお手入れに気をつける

素晴らしいメリットもありますが、デメリットもやはりあるマイクロファイバー毛布。しかし取り扱いやお手入れに気をつければ便利な素材です。質感はぬくぬくしていますが、肌を擦るなどはやめておきましょう。

また繊維自体が細いため何度も洗濯機を使用すると、すぐに壊れてしまします。ネットに入れて洗濯機でデリケート洗いにし、乾燥機を使用せずに陰干しします。

こまめに陰干ししてホコリや汚れを除去するのも雑菌や臭い対策につながります。

メリット・デメリットの両方を覚えておく

気持ちのいい毛布を選ぼう

気持ちのいい毛布を選ぼう

今回はマイクロファイバー毛布のメリット・デメリットをまとめてみましたが、いかがでしたか?

身近な素材となっていますが、デメリットに気をつけないと肌トラブルや事故につながります。またお手入れの方法にも注意してください。

取り扱いを正しく行えば、温かくて便利なアイテムです。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

管理人おすすめ!一緒に朝を迎えたくなるベッドたち!