医療用語の「腹臥位療法(ふくがいりょうほう)」に当てはまる

うつぶせで寝ることに良くないイメージを持っている人も多いかもしれません。しかし、腹臥位療法(ふくがいりょうほう)と言って、あえてうつぶせで寝る方法があります。

そもそも仰向けで寝るのは人間くらい

お腹を上にすることは稀かも

お腹を上にすることは稀かも

身近な動物などを思い出して欲しいのですが、仰向けでお腹を上にして寝る生き物は人間くらいではないでしょうか。犬や猫、その他野生動物は皆うつぶせか、横向きで寝ているのです。基本的には、お腹が動物にとって弱点になり得る点とすぐに立ち上がれるという点がありますが、その他にも効果があってうつぶせ寝をしているのです。

つまり動物的視点で見ると仰向けに寝るのは一般的ではないんですね。

ただし注意したいのが赤ちゃんの睡眠時です。これは自分自身で体制を変えられる大人が行うべき方法で、赤ちゃんのうつぶせ寝は、寝返りが打てず口をふさいでしまったり、乳幼児突然死症候群の原因にもなりえます。

うつぶせ寝で期待できる効果

嬉しい効果がたくさん

嬉しい効果がたくさん

健康な私たちでも、うつぶせで寝ることでいろんなプラスの効果が期待できることをご存知でしょうか?
うつぶせ寝は下記の効果が期待できるんです。深刻な問題につながるいびきも緩和されますし、よだれや痰で気道をふさぐ心配も少なくなります。

筋肉も弛緩することができるので、ゆったりとリラックスして眠ることも可能です。うつぶせ寝は意外とメリットが多いんですね。

一般的にうつぶせ寝が体に良いとされているのは
・睡眠時無呼吸の予防
・よだれや痰が排出されやすくなる
・体がリラックスできて、熟睡感が得られる

大人のうつぶせ寝のやり方

正しい方法をマスターしよう

正しい方法をマスターしよう

熟眠が得られそうなうつぶせ寝。興味がある人はうつぶせ寝を続けている医師・日野原重明さんが提唱する方法を実践してみましょう。このやり方を見ると、顔も左右どちらかに傾けるので、苦しくなさそうですね。

まず、おへそのあたりに幅広い枕を置き、その上にうつぶせ寝をするが、できれば薄い羽毛の枕を二重か三重にたたみ、頭は15%くらい右か左に向かせ、右か左の耳と側頭部に枕が当たるようにし、おなかは真下に向け、両足は少し曲げて休む。

いびき解消やリラックス効果を発揮するかも

今回はうつぶせ寝で期待できる効果や、そのやり方などをまとめましたが、いかがでしたか?

息が苦しいイメージもあるうつぶせ寝ですが、実はメリットが多いことがわかりましたね。呼吸や体が楽になるうつぶせ寝をすることで、いびきや睡眠不足の原因が解消されるかもしれません。

気になる人は正しいやり方をしっかり確認して、試してみましょう。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

睡眠時間のゴールデンタイムは定説だと22時~2時って本当なの?

人はゴールデンタイムに睡眠をとると健康に良いorお肌にいい、なんて言われて来ました。しかし、ここに来てこの睡…

忙しい現代人必見!時間が無い時に実践したい短時間睡眠法

ある調査によると20代〜30代女性の睡眠不足が年々増加している傾向が見られています。忙しい現代人の方に向けて…

飲酒で寝てもスッキリしない!?良い睡眠のために心がけたい3つのお酒の飲み方

しょっちゅうお酒を飲む・寝る前に深酒することが多い人は要注意!肝臓に負担がかかるだけでなく、知らず知らずのう…

理想の睡眠時間は22時~2時が定説?ゴールデンタイムの効果とは

健康のため、お肌のために、22時~2時のゴールデンタイムに寝ましょうとよく言われます。 でも仕事から帰るのが…

つらい睡眠障害は不安が原因?睡眠を妨げる心理的原因を取り除くには

なかなか眠れない、つらい睡眠障害。 眠ろう眠ろうと思っても、かえって目はさえるばかり。 体の疲れもとれないし…

寝具の色は何色?睡眠に最適な色やよくない色、快眠に有効な低反発ポリウレタン素材の枕を…

1日の多くの時間を過ごす寝室では、どのような色の寝具を使用しているでしょうか? 色が人間に与える影響につい…

食事内容を見直そう!リラックスして眠るには乳製品がオススメです

世の中には良質な睡眠と相性の良い食品が存在します。ハーブティーやホットミルクなどは眠りを誘うと伝えられていま…

睡眠は長さより質!理想的な睡眠時間や最も寿命が長いバリュアブルスリーパーの特徴

理想的な睡眠時間として8時間という数字をよく目にしますが、この数字は医学的根拠があるものではなく、統計された…

昼夜逆転に潜む恐ろしい睡眠障害の罠!生活改善のポイントは太陽にあり?

お昼までゆっくりと眠って、明け方まで起きている昼夜逆転生活。太陽を避けた生活です。これは、睡眠障害ともいえま…

症状改善にまずは診察を!大阪の不眠症治療にオススメの病院5選

睡眠に対する悩みの症状は、人それぞれ。だからこそ、自分で抱え込むのではなく専門医の診断を受けたほうが良いとさ…

眠りたいのに眠れない…。概日リズム睡眠障害のひとつ“睡眠相後退症候群”の原因&対策と…

眠りたいのに眠れない……。 やっと眠気が襲ってきたと思ったらもう真夜中…。 睡眠時間帯が後ろにずれ、遅い時間…

寝る前にやってはいけない「激しい運動」。それはなぜなのか?

睡眠の妨げとなる原因の一つ、寝る前に激しい運動をすること。ではなぜ寝る前の激しい運動は睡眠の質を下げてしまう…




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

売れている人気なマットレスってどれ?