医療用語の「腹臥位療法(ふくがいりょうほう)」に当てはまる

うつぶせで寝ることに良くないイメージを持っている人も多いかもしれません。しかし、腹臥位療法(ふくがいりょうほう)と言って、あえてうつぶせで寝る方法があります。

そもそも仰向けで寝るのは人間くらい

お腹を上にすることは稀かも

お腹を上にすることは稀かも

身近な動物などを思い出して欲しいのですが、仰向けでお腹を上にして寝る生き物は人間くらいではないでしょうか。犬や猫、その他野生動物は皆うつぶせか、横向きで寝ているのです。基本的には、お腹が動物にとって弱点になり得る点とすぐに立ち上がれるという点がありますが、その他にも効果があってうつぶせ寝をしているのです。

つまり動物的視点で見ると仰向けに寝るのは一般的ではないんですね。

ただし注意したいのが赤ちゃんの睡眠時です。これは自分自身で体制を変えられる大人が行うべき方法で、赤ちゃんのうつぶせ寝は、寝返りが打てず口をふさいでしまったり、乳幼児突然死症候群の原因にもなりえます。

うつぶせ寝で期待できる効果

嬉しい効果がたくさん

嬉しい効果がたくさん

健康な私たちでも、うつぶせで寝ることでいろんなプラスの効果が期待できることをご存知でしょうか?
うつぶせ寝は下記の効果が期待できるんです。深刻な問題につながるいびきも緩和されますし、よだれや痰で気道をふさぐ心配も少なくなります。

筋肉も弛緩することができるので、ゆったりとリラックスして眠ることも可能です。うつぶせ寝は意外とメリットが多いんですね。

一般的にうつぶせ寝が体に良いとされているのは
・睡眠時無呼吸の予防
・よだれや痰が排出されやすくなる
・体がリラックスできて、熟睡感が得られる

大人のうつぶせ寝のやり方

正しい方法をマスターしよう

正しい方法をマスターしよう

熟眠が得られそうなうつぶせ寝。興味がある人はうつぶせ寝を続けている医師・日野原重明さんが提唱する方法を実践してみましょう。このやり方を見ると、顔も左右どちらかに傾けるので、苦しくなさそうですね。

まず、おへそのあたりに幅広い枕を置き、その上にうつぶせ寝をするが、できれば薄い羽毛の枕を二重か三重にたたみ、頭は15%くらい右か左に向かせ、右か左の耳と側頭部に枕が当たるようにし、おなかは真下に向け、両足は少し曲げて休む。

いびき解消やリラックス効果を発揮するかも

今回はうつぶせ寝で期待できる効果や、そのやり方などをまとめましたが、いかがでしたか?

息が苦しいイメージもあるうつぶせ寝ですが、実はメリットが多いことがわかりましたね。呼吸や体が楽になるうつぶせ寝をすることで、いびきや睡眠不足の原因が解消されるかもしれません。

気になる人は正しいやり方をしっかり確認して、試してみましょう。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

なぜ眠る?睡眠をとる主な理由や効果、ストレスを取り除く方法をご紹介!

十分な睡眠時間をとったはずなのに朝の起床時には怠さが残っていたり、日中の仕事にうまく集中できないなんてことは…

眠りたいのに眠れない…。概日リズム睡眠障害のひとつ“睡眠相後退症候群”の原因&対策と…

眠りたいのに眠れない……。 やっと眠気が襲ってきたと思ったらもう真夜中…。 睡眠時間帯が後ろにずれ、遅い時間…

気にしてる?気持ちよい睡眠をとるためのベッドパッドの正しい選び方

今どんなベッドパッドを使用していますか?ベッドパッドは季節に合わせて選ぶことが寝心地を左右します!今回はベッ…

まるで気分は森の中!おだやかな木の香りに包まれてぐっすりと「セドロール」の安眠効果と…

安眠効果が高いと言われているアロマの香りはたくさんありますが、中でも「セドロール」が含まれているアロマオイル…

6時間未満の短時間睡眠をする人はショートスリーパー!睡眠時間の種類について

睡眠時間ほど個人差があるものはありません。休みの日にはずっと寝ている人もいれば、外に出かけていつもいない人も…

寒い冬に使いたい!安眠グッズのオススメ4つ

寒すぎると人間はなかなか眠ることができません。そこで今回は、寒い冬にこそ使って安眠を手に入れる、おすすめアイ…

短い睡眠でプラス思考に!ショートスリーパーの睡眠時間やなる方法

夜遅くの勤務をしていると睡眠に関する情報について調べる機会が多くなりますよね? その中でショートスリーパー…

寝れないだけじゃない!寝すぎも睡眠障害の一つって本当?

皆さん、寝すぎて眠いという感覚になったことはありませんか?実はそれ、睡眠障害の一種なんです。今回は過眠症につ…

睡眠の質が悪い原因とは一体何!?睡眠不足による成長ホルモンの減少の結果で起こる影響

「最近睡眠の質があまり良くないな・・・。」と感じている方はいないでしょうか?毎日を健康で過ごすために必要な睡…

電気をつけたまま寝ることが肥満につながる!?睡眠と照明の重要性とは

良質な睡眠をとるためには、普段の食生活の見直しや生活リズムの改善などを行う必要がありますが、照明の影響を強く…

朝をHAPPYに迎えるための睡眠の「ゴールデンタイム=22~2時」は現代のライフスタ…

これまで「美容のためには夜22時~深夜2時に眠らなくてはならない」と言われてきましたが、最近の研究でこの説が…

夢の回数で熟睡度合いがわかる?レム睡眠とノンレム睡眠の関係性ってなに?

睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠があることは有名ですよね。ではその2つはどのような役割があるのでしょうか?熟睡…




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

管理人おすすめ!一緒に朝を迎えたくなるベッドたち!