医療用語の「腹臥位療法(ふくがいりょうほう)」に当てはまる

うつぶせで寝ることに良くないイメージを持っている人も多いかもしれません。しかし、腹臥位療法(ふくがいりょうほう)と言って、あえてうつぶせで寝る方法があります。

そもそも仰向けで寝るのは人間くらい

お腹を上にすることは稀かも

お腹を上にすることは稀かも

身近な動物などを思い出して欲しいのですが、仰向けでお腹を上にして寝る生き物は人間くらいではないでしょうか。犬や猫、その他野生動物は皆うつぶせか、横向きで寝ているのです。基本的には、お腹が動物にとって弱点になり得る点とすぐに立ち上がれるという点がありますが、その他にも効果があってうつぶせ寝をしているのです。

つまり動物的視点で見ると仰向けに寝るのは一般的ではないんですね。

ただし注意したいのが赤ちゃんの睡眠時です。これは自分自身で体制を変えられる大人が行うべき方法で、赤ちゃんのうつぶせ寝は、寝返りが打てず口をふさいでしまったり、乳幼児突然死症候群の原因にもなりえます。

うつぶせ寝で期待できる効果

嬉しい効果がたくさん

嬉しい効果がたくさん

健康な私たちでも、うつぶせで寝ることでいろんなプラスの効果が期待できることをご存知でしょうか?
うつぶせ寝は下記の効果が期待できるんです。深刻な問題につながるいびきも緩和されますし、よだれや痰で気道をふさぐ心配も少なくなります。

筋肉も弛緩することができるので、ゆったりとリラックスして眠ることも可能です。うつぶせ寝は意外とメリットが多いんですね。

一般的にうつぶせ寝が体に良いとされているのは
・睡眠時無呼吸の予防
・よだれや痰が排出されやすくなる
・体がリラックスできて、熟睡感が得られる

大人のうつぶせ寝のやり方

正しい方法をマスターしよう

正しい方法をマスターしよう

熟眠が得られそうなうつぶせ寝。興味がある人はうつぶせ寝を続けている医師・日野原重明さんが提唱する方法を実践してみましょう。このやり方を見ると、顔も左右どちらかに傾けるので、苦しくなさそうですね。

まず、おへそのあたりに幅広い枕を置き、その上にうつぶせ寝をするが、できれば薄い羽毛の枕を二重か三重にたたみ、頭は15%くらい右か左に向かせ、右か左の耳と側頭部に枕が当たるようにし、おなかは真下に向け、両足は少し曲げて休む。

いびき解消やリラックス効果を発揮するかも

今回はうつぶせ寝で期待できる効果や、そのやり方などをまとめましたが、いかがでしたか?

息が苦しいイメージもあるうつぶせ寝ですが、実はメリットが多いことがわかりましたね。呼吸や体が楽になるうつぶせ寝をすることで、いびきや睡眠不足の原因が解消されるかもしれません。

気になる人は正しいやり方をしっかり確認して、試してみましょう。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

良質な睡眠を行うために必要な寝具の条件や音楽のヒーリング・ミュージックによる効果

ストレス社会の現代では過度なストレスや肥満が原因となる睡眠時無呼吸症候群などによって、睡眠不足の状態になる方…

良い眠りへと改善するにはツボ刺激!百会を刺激して気持ちよく眠ろう

毎日気持ちよく眠りたい人は、ぜひツボ刺激を取り入れてみましょう。誰でも知っているあのツボが睡眠にもとても役に…

昼夜逆転に潜む恐ろしい睡眠障害の罠!生活改善のポイントは太陽にあり?

お昼までゆっくりと眠って、明け方まで起きている昼夜逆転生活。太陽を避けた生活です。これは、睡眠障害ともいえま…

睡眠の質とダイエット効果を高めて一石二鳥な睡眠を得よう!

寝ている時にもダイエットができれば…。そんな時は、睡眠で少しでもダイエット効果を高めてみましょう!

体内時計正常に働かない!?睡眠障害“非24時間睡眠覚醒症候群”とは?

就寝時刻と起床時刻が毎日1、2時間ずつ遅れていってしまう概日リズム睡眠障害のひとつ“概日リズム睡眠障害”。 …

食後3時間は寝ちゃダメ!睡眠時間のゴールデンタイムをとって“美”を手に入れましょう。

あなたは“睡眠時間のゴールデンタイム”や“肌のゴールデンタイム”という言葉をご存知ですか?ゴールデンタイムと…

人はなぜ眠るのでしょうか?眠らなくても死なないってホント?そのメカニズムに迫ります

子供の頃、眠れない夜に両親から「一晩くらい眠れなくても死なない」と言われたことはないでしょうか。そもそも人は…

ゆっくり寝たいのに眠れない!熟睡の妨げになる食事とは?

良質な睡眠を妨げる主な原因としては、就寝前のスマホやテレビ、パソコンの使用などが上げられますが、普段の食習慣…

睡眠は長さより質!理想的な睡眠時間や最も寿命が長いバリュアブルスリーパーの特徴

理想的な睡眠時間として8時間という数字をよく目にしますが、この数字は医学的根拠があるものではなく、統計された…

朝日の明るさで目が覚める!寝る前に行う質が良い睡眠をとるためのコツや注意点

最近朝起きるのが非常に辛い・・・。いつもは目覚ましより先に起きてたのに気づくと寝過ごしている、なんてことはあ…

良質な睡眠をとるためにこだわりたいお水の飲み方

睡眠をより良いものにしたいというのはほとんどの人が抱えている悩みだと思います。今回は良質な睡眠をとるための、…

耳栓をして睡眠の質を改善。おすすめの耳栓は「サイレンシア」

睡眠の質を上げるためには、耳栓をつけて眠ることがおすすめです。 耳栓の中でも人気の“サイレンシア”で、睡眠の…




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

管理人おすすめ!一緒に朝を迎えたくなるベッドたち!