ベッドの高さの違いで睡眠の質も変わる?

ベッドの高さを気にしたことありますか?

ベッドの高さを気にしたことありますか?

良いマットレスを購入したのに、試した時と違うような気がする・・・。それはベッドの高さのせいかもしれません。マットの質感ばかりに目がいきますが、実はベッドの高さも睡眠の質を変えるポイントになりえます。

ベッドの高さとは、一般的に寝台の高さを示します。寝台の高さはベッドフレーム+マットレスを乗せた時の高さです。そして天井とどれくらい距離が開いているかによって人が寝た時に受け取る影響も違ってきます。

自分が不快に感じる高さのベッドを使用し続けることで、睡眠にも影響が出てしまいます。

低いベッドのメリット・デメリット

部屋が広く感じる

部屋が広く感じる

低いベッドや床に敷く布団を使用した時のメリット・デメリットですが、
【メリット】
・落下する心配が低い
・寝転んだ時の圧迫感が少ない
【デメリット】
・立ち座りなどの動作に負担がかかる
・ホコリを吸い込みやすい

高いベッドのメリット・デメリット

寝起きするときが楽

寝起きするときが楽

高いベッドのメリット・デメリットとしては、
【メリット】
・立ち座りなどの動作に負担がかからない
・ホコリが舞いにくく吸い込む心配が少ない
【デメリット】
・天井が低いと圧迫感を感じる
・落下して怪我をするリスクが高い

心地よいベッドの高さとは

立ち座りの動作がスムーズにできること

立ち座りの動作がスムーズにできること

低いベッド・高いベッドにはそれぞれメリット・デメリットがありますね。しかし心地よいと言われるベッドの高さはある程度決まっているんです。それは立ち座りが楽な高さで、天井の圧迫感を感じにくいこと。

個人によって身長や足の長さは異なりますので、何センチと決まってはいません。心地よい高さの大きなポイントは、自分の立ち座りした時の楽さを確認する必要があるのです。

高め60センチぐらい~低め25cmぐらい、
食堂 椅子の高さは45センチで座ったりするのに適する高さかと思われます、 実際にイスに座ったりして高さをご検討ください。
高め、低め お好みにもよります。

今使っているベッドから確認してみましょう

今回は居心地のいいベッドの高さについてまとめてみましたが、いかがでしたか?

はっきりと何センチとは結果は出ず、あくまでも個人の感覚で決めてしまう方が良いでしょう。まずは今使っているベッドに座ってみて快適さを確認してください。

マットレスによってベッドの高さも微妙にズレてくるので、新規で購入するときは注意が必要です。自分好みの高さを見つけて、快眠を手に入れたいですね。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

後悔しない子供用ベッドの選び方

どんどん成長する子供時代。ベッド選びはどうしたら良いのか?今回は年齢別に分けたベッド選びのポイントをまとめま…

子供が3人以上!大家族のベッド選びとは

子供が3人以上いる大家族はベッド選びのポイントが他と違います。今回はみんなで仲良く眠るためのベッド選びについ…

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

管理人おすすめ!一緒に朝を迎えたくなるベッドたち!