睡眠効率とは

実際に眠っている時間の割合

実際に眠っている時間の割合

まずは睡眠効率とは何かから考えていきましょう。睡眠効率とは寝床に入っている時間に対して実際に眠っている時間がどれくらいか、その割合のことを言います。

眠りが浅い、途中で目覚めてしまうなどは睡眠効率が悪いと判断できるのです。またパーセンテージでも表すことができ、「実際に眠ったと思う時間」÷「ベッドに横になった時間」×100をしてみましょう。これが85%以上だと睡眠効率は良いと言え、それ以下だと悪いと言えます。計算して85%以下だった人は、下記で紹介する3つの方法を覚えましょう。

方法①正しい生活習慣と運動

規則正しい生活も睡眠には欠かせない

規則正しい生活も睡眠には欠かせない

正しい生活習慣と運動は健康を維持するため耳にタコができるくらい聞く言葉だと思います。しかしこれらは睡眠効率に関しても同じことがいえるのです。朝目覚めたら太陽の光りを浴びるなど1日のやるべきことをルーティン化して体内時計を調整しましょう。

また適度な運動も大切です。頭を使う作業ばかり(インプット)ばかりだとどこかで歪みが出てきます。体を動かす(アウトプット)も盛り込むことでバランスが取れるのです。

方法②眠気を感じてからベットに入る

眠れない時は横にならない

眠れない時は横にならない

よし眠ろう!と思って目を閉じてもなかなか寝付けない時はあると思います。それがストレスとなると余計に睡眠効率が悪くなるのです。ベッドなど寝床に入るのは眠気を感じてからで十分。そうするとスムーズに入眠できます。

また7〜8時間眠らないといけないという固定概念も取っ払います。適した睡眠時間というのは個人によって異なるのです。ぐっすり眠れたという感覚を覚える睡眠時間を見つけることが大切です。

方法③熟眠していないと感じたら睡眠時間を減らす

無理のない程度で睡眠時間を減らす

無理のない程度で睡眠時間を減らす

朝起きた時、熟睡できなかった・眠りが浅かったと思うことはありますか?その場合は無駄に睡眠時間をとっている場合があります。この時は思い切って睡眠時間を減らしてみると良いでしょう。遅めに眠って早起きする。これを習慣づけることで熟眠感が得られます。

しかし日中に強い眠気を感じるのは間違った睡眠時間だという合図です。睡眠時間を少しずつ調整し、自分の良いと思う時間を見つけましょう。

睡眠効率はちょっとしたコツで上がる

こんな気は睡眠効率を上げるために覚えておきたいこと3つご紹介しましたが、いかがでしたか?

まず現在の睡眠効率を計算してみます。その値が低ければ睡眠効率が悪いと判断できるのです。効率を上げる方法はとても簡単で難しくありません。ちょっとした心掛けでできます。

睡眠効率を上げて毎日スッキリと目覚めたい人は、早速実践してみましょう。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

気にしてる?気持ちよい睡眠をとるためのベッドパッドの正しい選び方

今どんなベッドパッドを使用していますか?ベッドパッドは季節に合わせて選ぶことが寝心地を左右します!今回はベッ…

あなたのベスト睡眠は何時間?量ですか質ですか?睡眠のプラス思考「ショートスリーパー」…

あなたのベスト睡眠時間を知ることで、質の良い睡眠を得るショートスリーパーになることができ、限りのある人生の時…

眠気ってどこからくるの?神経伝達物質のアセチルコリンとの関係性について

眠気は一体どこからやってくるのでしょうか?人間は眠っている状態のほうが「正常」なので、脳に興奮性の刺激がない…

質の悪い睡眠が原因?記憶力の低下を招く悪習慣とは

睡眠は人間の健康状態を保つために必要なものとなるため、質が悪くなるとあらゆるトラブルの原因に繋がります。睡眠…

コーヒーや紅茶だけじゃない!あの飲み物も睡眠の妨げになるんです!

カフェインが入った飲み物を寝る前に飲んだらダメというのはもはや常識。でも、カフェインが含まれている飲み物をち…

日本人に最適な睡眠時間は何時間?睡眠時間が長寿の秘訣!

日本人の平均睡眠時間は7~8時間程度とされています。この睡眠時間が健康的で、最も寿命が長いと言われています。…

睡眠が不規則な人にオススメのアンカースリープとは?

仕事などでやむを得ず不規則な睡眠をとっている人は、睡眠を分割してとるアンカースリープで上手に乗り切りましょう…

良質な睡眠をとるためにこだわりたいお水の飲み方

睡眠をより良いものにしたいというのはほとんどの人が抱えている悩みだと思います。今回は良質な睡眠をとるための、…

良質な睡眠を行うために必要な寝具の条件や音楽のヒーリング・ミュージックによる効果

ストレス社会の現代では過度なストレスや肥満が原因となる睡眠時無呼吸症候群などによって、睡眠不足の状態になる方…

眠りのリズムやサイクルの乱れは不眠の原因に!休日の朝寝坊に注意!

ふだん仕事が忙しすぎて、休日の朝くらいはゆっくりと朝寝坊をしたい。ところが、その朝寝坊は就寝と起床のリズムや…

睡眠妨害だけではない!夜更かしがもたらす危険性

夜更かしが習慣づいてしまうと、なかなか元に戻すのは難しいです。ですが、夜更かしに慣れてしまうと健康面でも悪影…

昼夜逆転に潜む恐ろしい睡眠障害の罠!生活改善のポイントは太陽にあり?

お昼までゆっくりと眠って、明け方まで起きている昼夜逆転生活。太陽を避けた生活です。これは、睡眠障害ともいえま…

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

管理人おすすめ!一緒に朝を迎えたくなるベッドたち!