睡眠のゴールデンタイムとは

綺麗になれる時間帯

綺麗になれる時間帯

睡眠のゴールデンタイムという言葉を聞いたことがあるでしょうか?具体的な意味としては、人の体の細胞などを修復するために必要な「成長ホルモン」の分泌量が最も多くなる時間だから重要視されています。

そのゴールデンタイムにきちんと寝ることで、成長ホルモンの分泌を促し、体をリフレッシュさせることができ、健康や美容につなげることができます。

入眠後の3〜4時間が大切という説が出てきた

自分のタイミングでOK

自分のタイミングでOK

今までの睡眠のゴールデンタイムと言われてた時間は、22〜2時の間でした。しかし最近では時間に関係なく入眠してから3〜4時間が大事だと言われており、その時間帯に深い睡眠を行うことが良いとされています。

男女ともに働く人が多い現代なので、自分の眠りやすい時間帯に入眠することができますね。

今はむしろ、成長ホルモンが分泌されやすいのは入眠後3〜4時間であり、特定の時間帯に限定されてはいないという説が有力になってきています。

睡眠のゴールデンタイムがもたらす影響

肌やダイエットに効果的

肌やダイエットに効果的

睡眠のゴールデンタイムにしっかり眠る事で、どのような影響が生まれるのでしょうか。まずは肌に対してですが、シミ・シワ・たるみの原因になる細胞の傷を修復します。

ダイエットでは成長ホルモンが体の組織を修復する際に、体内に蓄積している脂肪をエネルギーに変換するので、脂肪燃焼効果が見込めます。

成長ホルモンは、肌の組織を修復・再生します。また、睡眠中の肌の新陳代謝を活発にしたり、血行を促進して肌の老廃物を流したりする働きもあります。

入眠前に体温を上げると眠りやすい

睡眠時間に入る前に体温を上げる

睡眠時間に入る前に体温を上げる

さまざまな良い効果をもたらすゴールデンタイムにしっかり眠るためには、入眠前に一度体温を上げる行動を取ることがオススメです。なぜなら眠る前は自然と体温が下がるように機能されており、体温の高低差があるほど入眠がスムーズだと言われています。

ベッドに入る2〜3時間前に入浴を終えたり、夕方頃に運動をしたり、ベッドの上で軽いストレッチを行うなど、体温を上昇させておきましょう。

人間の脳はほかの動物とくらべて、高い機能をもっており、昼間は脳をフルに使って生活しています。そこで疲れた脳が オーバーヒートしないように、脳の温度を下げて休ませ、脳の疲労を回復させるのが睡眠なのです。

自分の時間帯で眠るとOK

今回は体の健康や美を保つことができる、睡眠のゴールデンタイムについて調べてみましたが、いかがでしたか?

今のゴールデンタイムは入眠後の3〜4時間と言われているので、生活リズムが違う現代に合っていますね。しかしスムーズな入眠を行うために体温を上げる工夫を行いましょう。

美容やダイエットに効果てきめんな睡眠のゴールデンタイムを、うまく活用して綺麗になりましょう。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

なぜか寝る時不安に襲われる。そんな時に覚えていて欲しい5つの解決法

夜になるとなぜか気分が落ち込む。不安になる。そんな時は心の安らぎが必要です。睡眠に効果的な方法をご紹介します…

睡眠不足が原因で発生!神経伝達物質のアセチルコリンの生理作用や関連疾患、解消法

睡眠不足が挨拶のように色んな場所で飛び交っている現代社会ですが、日本人のうち5人に1人が睡眠不足の状態となる…

うつ伏せで寝ると睡眠の質が悪くなる!?睡眠時の適正な姿勢を考える!

あなたは睡眠時、仰向けで寝ていますか? それとも横向き?うつ伏せ? うつ伏せで寝るという人は要注意。 実は、…

22時~2時のゴールデンタイム説は時代遅れ?!本当に大事な睡眠時間とは?

睡眠のゴールデンタイムとされる22時〜2時。実はこの定説は時代遅れ!本当に大事な睡眠時間をまとめました。

「一睡もできなかった」そんな翌朝を乗り切る4つの方法

仕事や勉強などで夜更かし・徹夜した日の翌朝。「疲れたから」なんて休むわけにいかないときは、こうして乗り切りま…

睡眠の質が悪い原因とは一体何!?睡眠不足による成長ホルモンの減少の結果で起こる影響

「最近睡眠の質があまり良くないな・・・。」と感じている方はいないでしょうか?毎日を健康で過ごすために必要な睡…

朝をHAPPYに迎えるための睡眠の「ゴールデンタイム=22~2時」は現代のライフスタ…

これまで「美容のためには夜22時~深夜2時に眠らなくてはならない」と言われてきましたが、最近の研究でこの説が…

忙しい現代人必見!時間が無い時に実践したい短時間睡眠法

ある調査によると20代〜30代女性の睡眠不足が年々増加している傾向が見られています。忙しい現代人の方に向けて…

眠りのリズムやサイクルの乱れは不眠の原因に!休日の朝寝坊に注意!

ふだん仕事が忙しすぎて、休日の朝くらいはゆっくりと朝寝坊をしたい。ところが、その朝寝坊は就寝と起床のリズムや…

人はなぜ眠るのでしょうか?眠らなくても死なないってホント?そのメカニズムに迫ります

子供の頃、眠れない夜に両親から「一晩くらい眠れなくても死なない」と言われたことはないでしょうか。そもそも人は…

6時間未満の短時間睡眠をする人はショートスリーパー!睡眠時間の種類について

睡眠時間ほど個人差があるものはありません。休みの日にはずっと寝ている人もいれば、外に出かけていつもいない人も…

朝まで快眠できると評判!ニトリのマットレスが売れてる理由とは!?

質の良い睡眠はマットレス選びが重要です。睡眠の改善するために、現在はさまざまなメーカーや販売店が特徴的なマッ…

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

安眠効果のある食べ物特集

どうせ食べるなら良い眠りにつながる食事を採りましょう!