睡眠のゴールデンタイムとは

綺麗になれる時間帯

綺麗になれる時間帯

睡眠のゴールデンタイムという言葉を聞いたことがあるでしょうか?具体的な意味としては、人の体の細胞などを修復するために必要な「成長ホルモン」の分泌量が最も多くなる時間だから重要視されています。

そのゴールデンタイムにきちんと寝ることで、成長ホルモンの分泌を促し、体をリフレッシュさせることができ、健康や美容につなげることができます。

入眠後の3〜4時間が大切という説が出てきた

自分のタイミングでOK

自分のタイミングでOK

今までの睡眠のゴールデンタイムと言われてた時間は、22〜2時の間でした。しかし最近では時間に関係なく入眠してから3〜4時間が大事だと言われており、その時間帯に深い睡眠を行うことが良いとされています。

男女ともに働く人が多い現代なので、自分の眠りやすい時間帯に入眠することができますね。

今はむしろ、成長ホルモンが分泌されやすいのは入眠後3〜4時間であり、特定の時間帯に限定されてはいないという説が有力になってきています。

睡眠のゴールデンタイムがもたらす影響

肌やダイエットに効果的

肌やダイエットに効果的

睡眠のゴールデンタイムにしっかり眠る事で、どのような影響が生まれるのでしょうか。まずは肌に対してですが、シミ・シワ・たるみの原因になる細胞の傷を修復します。

ダイエットでは成長ホルモンが体の組織を修復する際に、体内に蓄積している脂肪をエネルギーに変換するので、脂肪燃焼効果が見込めます。

成長ホルモンは、肌の組織を修復・再生します。また、睡眠中の肌の新陳代謝を活発にしたり、血行を促進して肌の老廃物を流したりする働きもあります。

入眠前に体温を上げると眠りやすい

睡眠時間に入る前に体温を上げる

睡眠時間に入る前に体温を上げる

さまざまな良い効果をもたらすゴールデンタイムにしっかり眠るためには、入眠前に一度体温を上げる行動を取ることがオススメです。なぜなら眠る前は自然と体温が下がるように機能されており、体温の高低差があるほど入眠がスムーズだと言われています。

ベッドに入る2〜3時間前に入浴を終えたり、夕方頃に運動をしたり、ベッドの上で軽いストレッチを行うなど、体温を上昇させておきましょう。

人間の脳はほかの動物とくらべて、高い機能をもっており、昼間は脳をフルに使って生活しています。そこで疲れた脳が オーバーヒートしないように、脳の温度を下げて休ませ、脳の疲労を回復させるのが睡眠なのです。

自分の時間帯で眠るとOK

今回は体の健康や美を保つことができる、睡眠のゴールデンタイムについて調べてみましたが、いかがでしたか?

今のゴールデンタイムは入眠後の3〜4時間と言われているので、生活リズムが違う現代に合っていますね。しかしスムーズな入眠を行うために体温を上げる工夫を行いましょう。

美容やダイエットに効果てきめんな睡眠のゴールデンタイムを、うまく活用して綺麗になりましょう。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

朝食には糖分を補給するのが◎食事と睡眠の深い関係とは?

健康を維持するためには食事と睡眠が重要な鍵となります。これらには密接な関係性があり、どのような食事内容を行う…

アインシュタインもロングスリーパー!睡眠の長さで思考も行動も変わり天才になる!?

平均睡眠時間9時間以上のロングスリーパー。1日の3分の1以上を睡眠にあてるロングスリーパーの特徴とは?

睡眠不足から糖尿病に!?その他こんな病気にかかる心配がある病気まとめです。注意!!

たかが睡眠不足、されど睡眠不足。なんとなく眠れない日が続いても、気にしないで見過ごしてしまいがち。でも、睡眠…

寝る前に考え事をするのはNG!質の良い睡眠を素早くとる3つの方法

睡眠は身体が休みをとるためのものですので、体が睡眠モードに切り替わることが重要となります。質の良い睡眠をとる…

食後3時間以内に寝るのは危険なの!?睡眠の質について考えよう

食後3時間以内に寝るのは危険とされています。睡眠中は体の機能が低下してしまうからです。寝るのではなく、横にな…

焼き鳥を食べると安眠効果!鳥の皮で美味しく健康に

お酒のおつまみとしても抜群な焼鳥!その中でも人気の高い鳥の皮は、質の良い睡眠効果を発揮してくれると注目を集め…

質の悪い睡眠が原因?記憶力の低下を招く悪習慣とは

睡眠は人間の健康状態を保つために必要なものとなるため、質が悪くなるとあらゆるトラブルの原因に繋がります。睡眠…

睡眠効率をあげるために覚えておきたいこと3つ

あなたは毎日ぐっすりと眠れていますか?翌朝スッキリ感を感じますか?もしそうでなければそれは「睡眠効率」が悪い…

なぜ眠る?睡眠をとる主な理由や効果、ストレスを取り除く方法をご紹介!

十分な睡眠時間をとったはずなのに朝の起床時には怠さが残っていたり、日中の仕事にうまく集中できないなんてことは…

ゲームやスマホのやり過ぎが原因?子どもの睡眠障害には生活リズムを整えることが第一

大人だけではなく子どもの睡眠障害も増えているそうです。その一因はゲームやスマホのやり過ぎもあげられています。…

朝日の明るさで目が覚める!寝る前に行う質が良い睡眠をとるためのコツや注意点

最近朝起きるのが非常に辛い・・・。いつもは目覚ましより先に起きてたのに気づくと寝過ごしている、なんてことはあ…

22時〜2時には眠るのが定説?睡眠時間のゴールデンタイムとは?

睡眠は量より質といわれます。ではどんな眠りが質のよい眠りなのでしょうか。いろいろな要素がありますが、眠る時間…

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

安眠効果のある食べ物特集

どうせ食べるなら良い眠りにつながる食事を採りましょう!