まずは現在の睡眠の状態を知る

日中こんなあくびばかりしてませんか?

日中こんなあくびばかりしてませんか?

日本人の平均睡眠時間は世界でもトップクラスの短さといわれていますが、理想的な睡眠時間の長さはひとりひとり異なります。自分にとって最適な睡眠時間の長さを知り、かつ睡眠の質を良くすることで、お仕事や勉強の効率がもっと良くなることでしょう。

理想的な睡眠時間はおおむね6~8時間といわれていますが、最適な睡眠時間はその人の体質やライフスタイルによって異なります。
たとえば朝寝起きが悪い、昼間の眠気が強い、日中だるい・ぼんやりするなどの症状がある場合、睡眠時間が足りない可能性があります。また夜なかなか寝付けない、夜中何度か目覚めてしまう場合などは、逆に睡眠時間が長すぎる可能性があります。
起きてから寝るまで元気に活動でき、夜もぐっすり眠れているなら、おおむね過不足なく睡眠時間を確保できていると考えてよいでしょう。

最適な睡眠時間の調べ方

睡眠時間を少しずつ短くしてみる

睡眠時間を少しずつ短くしてみる

体調が良く旅行・出張など環境の変化がないときを選んで、就寝時間と起床時間をやや長めに設定します。(例:23時就寝、7時起床)この状態を数日続けた後、睡眠時間を30分短くします。(例:23時30分就寝、7時起床)このように就寝時間・起床時間を調整してみて、もっとも起床時の調子がよかった日の睡眠時間が自分にとって最適な睡眠時間と考えられます。
睡眠時間を増やそうとしてもうまく寝付けないことが多いので、だんだん短くしていくのがおすすめです。

女性の場合、ホルモンバランスの変化が睡眠に影響することも

一時的なものなので、気にしすぎないで

一時的なものなので、気にしすぎないで

女性のみなさん、生理前・生理中に眠気が強くなった経験をお持ちではありませんか?
黄体期(高体温期)になるとプロゲステロンというホルモンが多く分泌され、このプロゲステロンの作用で体温が下がりにくくなり睡眠のサイクルが乱れることがあります。
この現象は一時的なものであり、多くの場合は生理が終われば元に戻るのでそれほど心配する必要はありません。むしろあまり気にしすぎるとストレスになってしまうので、生理前後はできるだけリラックスして過ごしましょう。

睡眠の質を上げるために心がけたいこと

よい睡眠のための環境づくりを心がけて

よい睡眠のための環境づくりを心がけて

自分に最適な睡眠時間がわかったとしても、睡眠の質が良くなければ十分心身を休ませることはできません。
まず、入浴はシャワーで済ませずしっかり浴槽に浸かりましょう。浴槽で身体を温めた後は自然に体温が下がり、眠りにつきやすくなります。
ヒトは昼活動して夜寝る生き物なので、寝るときは間接照明などを活用して部屋の明るさを落としましょう。寝る前にPC・スマホを使うと、光の刺激で脳が休まりにくくなります。
そして、朝起きたら朝日を十分浴びてきちんと朝食を食べましょう。心身をしっかり覚醒させることで朝から元気に活動でき、自然に睡眠の質もよくなります。

最適な睡眠時間でよりよい睡眠を

最適な睡眠時間は人によって異なるので、コンディションのよい時を選んで自分にあった睡眠時間を調べてみましょう。いくら睡眠時間の長さが最適でも睡眠の質が悪いと心身を十分休められないので、よい睡眠のために毎日の習慣を振り返ることも大切です。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

残業続きでお疲れ?寝具以外にもこだわりの音楽で睡眠の質を上げてほしい!オススメの睡眠…

今回は睡眠用BGMについてご紹介したいと思います。寝付きを良くしてくれて、睡眠中もぐっすり休めるように音楽が…

寝すぎても寝なさ過ぎてもダメ?バランスが取れている睡眠時間は?

皆さんの平均睡眠時間はどのくらいですか?バランスの取れている睡眠時間がどのくらいかを知り、睡眠時間をより充実…

インフルエンザのワクチンが効かなくなる?寝不足により影響がでる身体のこと

十分な睡眠時間をとれないと、色々な病気を併発させる危険があります。特に高血圧の人は生活習慣病になりやすかった…

生まれつき!?治すことはできるの?ロングスリーパーと遺伝の関係性

世の中にはロングスリーパーと呼ばれる人たちがいます。長い時間寝ないと活動できないので悩む人もいます。遺伝子が…

ストレス社会に適合している睡眠時間の短いプラス思考なショートスリーパーという種類

何かとストレスを感じることの多いように思います。今回はそんなストレスを物ともしない睡眠時間の短いプラス思考な…

悪い睡眠があなたの記憶力を低下させる!?その事実をレムとノンレム睡眠の関係から究明す…

今回は睡眠の質が悪い結果、記憶力の低下に繋がっているということについてまとめていきます。睡眠は身体や脳を休め…

あなたにぴったりのマットレスはどれ?まずは種類と特徴を知ることから始めよう!

マットレスは寝心地やフィット感などで選びますが、種類や特徴をつかめればもっとあなたに合ったマットレスを見つけ…

加速度センサーで睡眠を改善する”快眠サイクル時計”♡寝具にこだわるならアプリにもコダ…

今回は睡眠改善アプリの中でもとくに加速度センサーを用いた気持ちよい寝起きをサポートしてくれる快眠サイクル時計…

食後3時間以内に寝るのは危険なの!?睡眠の質について考えよう

食後3時間以内に寝るのは危険とされています。睡眠中は体の機能が低下してしまうからです。寝るのではなく、横にな…

ビジネスマンに多い?マイクロスリープの原因と方法について

仕事ができる人は「マイクロスリープ」を活用しています!今回はマイクロスリープとは何か、どういうメリットがある…

短い睡眠でプラス思考に!ショートスリーパーの睡眠時間やなる方法

夜遅くの勤務をしていると睡眠に関する情報について調べる機会が多くなりますよね? その中でショートスリーパー…

睡眠不足に有効な解消法はコレ!ぐっすり眠れるコツをご紹介

多忙な毎日を送っている主婦やビジネスマンの方はじっくりと休息をとることが難しく、睡眠不足を放置しがちですが、…

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

安眠効果のある食べ物特集

どうせ食べるなら良い眠りにつながる食事を採りましょう!