アンカースリープって?

錨(アンカー)を下ろすように、睡眠時間の一部を固定する

錨(アンカー)を下ろすように、睡眠時間の一部を固定する

技術の進歩によって、夜でも昼と同じように活動できるようになった現代日本。しかし、それがあだになって仕事などで不規則な睡眠を強いられている人も少なくありません。どうしてもまとまった睡眠がとれない時は、アンカースリープを試してみましょう。

健康的に過ごすためには、毎日朝決まった時間に起きて夜決まった時間に眠るのが理想的です。しかし頻繁に徹夜仕事・勉強をしている人や勤務時間が不規則な人、それから24時間体制で育児や介護をしている人はそうも言っていられませんね。
やむをえない事情で睡眠時間が不規則になってしまう人には、アンカースリープ(係留睡眠)がおすすめです。アンカースリープは1日の睡眠時間の半分を決まった時間にとり、残りの半分を日中の仮眠で補う方法です。

アンカースリープの実践方法

睡眠時間の半分をコアタイムにとり、残りを仮眠で補う

睡眠時間の半分をコアタイムにとり、残りを仮眠で補う

アンカースリープで大切なことは、1日に必要な睡眠時間の半分を24時~4時のコアタイムにとることです。コアタイムにしっかり睡眠をとることで、体内時計の乱れを抑えることができるのです。
たとえば1日8時間眠りたいなら半分の4時間をコアタイムに、もう半分の4時間を日中の仮眠でとります。仮眠は1回でまとめてとっても何回かに分けてもかまいません。

1回あたりの睡眠時間の長さは、90分の倍数を目安に

ヒトの睡眠では、レム睡眠(浅い睡眠)・ノンレム睡眠(深い睡眠)のセットが約90分単位で繰り返されています。すっきり目覚めるためには、90分の倍数に眠りに入るための時間を加えた睡眠時間を確保すると効果的です。

アンカーミールと組み合わせると効果的

食事時間も一定に

食事時間も一定に

アンカースリープを行うときは、食事時間を固定するアンカーミールと組み合わせるとより効果的です。アンカーミールは海外旅行に伴う時差ボケ対策としても有名で、1日3回の食事時間を固定することで体内時計を調整しやすくする効果があります。
食事を摂取してから4時間以内にコアタイムの睡眠に入ると睡眠の質が下がるので、必ず入眠4時間前までに夕食を済ませましょう。一方、日中の仮眠と食事時間との関係はそれほど気にする必要はありません。

アンカースリープは長くても連続2週間まで

長期間続けると心身に負担がかかる

長期間続けると心身に負担がかかる

本来昼に活動して夜に眠るヒトにとって、夜にまとまった睡眠時間が取れないことはいわば緊急事態です。そして、アンカースリープはこの緊急事態を一時的に回避するための方法にすぎません。
アンカースリープを連続で行う場合は長くても2週間までにとどめ、その間にアンカースリープに頼らなくてもよくなるよう環境をととのえましょう。アンカースリープを長期間続けると心身に大きな負担がかかり、睡眠障害やうつ病の原因になる恐れがあります。

アンカースリープで体内時計の乱れを抑えよう

仕事などの影響でどうしても睡眠時間が不規則になってしまう人は、体内時計の乱れを最小限に抑えるアンカースリープを試してみましょう。ただしあまり長期間続けると心身に負担がかかるので、長くても連続2週間以内にとどめましょう。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

忙しい現代人必見!時間が無い時に実践したい短時間睡眠法

ある調査によると20代〜30代女性の睡眠不足が年々増加している傾向が見られています。忙しい現代人の方に向けて…

睡眠はうつ伏せで寝るのはNG?睡眠の質が悪い主な原因や正しい姿勢とは

心身の健康のために重要な睡眠は、体調が優れないときや何かに悩まされているときも、そのほとんどは改善することが…

6時間未満の短時間睡眠をする人はショートスリーパー!睡眠時間の種類について

睡眠時間ほど個人差があるものはありません。休みの日にはずっと寝ている人もいれば、外に出かけていつもいない人も…

眠りの質を上げる寝具はベッド!有名メーカーSIMMONSの良さ

人は一生のうち、3分の1の時間を睡眠に費やしているといいます。それだけ眠ることは人間にとって大事なもの。その…

なぜ眠る?睡眠をとる主な理由や効果、ストレスを取り除く方法をご紹介!

十分な睡眠時間をとったはずなのに朝の起床時には怠さが残っていたり、日中の仕事にうまく集中できないなんてことは…

症状改善にまずは診察を!大阪の不眠症治療にオススメの病院5選

睡眠に対する悩みの症状は、人それぞれ。だからこそ、自分で抱え込むのではなく専門医の診断を受けたほうが良いとさ…

ゆっくり寝たいのに眠れない!熟睡の妨げになる食事とは?

良質な睡眠を妨げる主な原因としては、就寝前のスマホやテレビ、パソコンの使用などが上げられますが、普段の食習慣…

朝起きた時に喉が乾燥してませんか?起床時の喉の痛みはこれで改善!

朝起きた時にのどが乾燥して痛いという経験はありませんか?経験したことがあるという方も多くいるかと思います。そ…

知っておきたい。神経伝達物質と睡眠の関係性とは

神経伝達物質の種類は様々で、睡眠とは非常に密接な関係があるんです。睡眠とは何かを知るための一歩として、神経伝…

3種類の睡眠時間で性格診断!ロングスリーパーは独特の世界観の持ち主って嘘?

長い睡眠時間を必要とする人には独特な世界観の持ち主が多いと言われますが、その理由を考えてみましょう。生活を改…

ゲームやスマホのやり過ぎが原因?子どもの睡眠障害には生活リズムを整えることが第一

大人だけではなく子どもの睡眠障害も増えているそうです。その一因はゲームやスマホのやり過ぎもあげられています。…

睡眠中に呼吸が止まる⁉︎睡眠時無呼吸症候群を予防することが健康につながる

睡眠中に呼吸が止まってしまうのは、聞いただけでも恐ろしいですよね。しかし、予防することも可能ですので、日頃の…

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

売れている人気なマットレスってどれ?