古代から使われてきた先人の知恵!麻という素材とは

見た目も涼し気!な朝の布団

見た目も涼し気!な朝の布団

麻は熱伝導率が非常に高く、熱のこもりが少ない為、とっても涼しく感じられる素材です。

日本には古来から苧麻(ちょま)と呼ばれる麻があり、
現在最も一般的な生地とされる綿織物が日本に入ってくるまでの間、
多くの人に重宝されていました。

日本と同じくヨーロッパでも麻は古代から人気があり、
亜麻・リネン、この2種類が寝具として使用されてきたのです。

伝統の苧麻はシャリ感があって涼しさが凄い!

思ったよりも肌さわりが良い!

思ったよりも肌さわりが良い!

日本で古くから寝具として使用されてきた苧麻は、麻の中でも腰がある素材です。
非常に強い生地で、水に塗れると更にその強度を増すという性質を持っています。

苧麻は吸湿発散性に優れている為、高温多湿の日本の気候に大変適しています。
中でも近江ちぢみと呼ばれる苧麻の種類は、昔ながらの手もみ作業により作り出された
「しぼ」加工というものを施されています。

その工程の中でシャリ感と「しぼ」の凹凸により空気の層ができ、
ちょうどよい肌触りが生まれるんですよ。

ヨローッパ性麻(リネン)も素晴らしい

日本の家とデザインが合わせやすいのも魅力!

日本の家とデザインが合わせやすいのも魅力!

ヨローッパでは麻のことをリネンと呼びます。
日本語では亜麻と書くリネンはヨーロッパの中でも、
フランス・ベルギー・リトアニアで栽培されているものが主流です。

リネンはフラックスと呼ばれるリネンの草を拭き取り、しばらくそのまま畑に放置、
その後表皮を発酵させ、残ったリネンの茎を乾燥させ細く揃えます。
そしてその中から上質な繊維だけを選りすぐって糸にしていきます。

リネンは日本の苧麻よりも風合いがソフトな為、
夏だけでなくオールシーズン使える寝具として人気が高い商品です。

丈夫で渇きが早く、汚れが付きにくいので、
寝具をこまめに洗濯する方には大変良い素材といえるでしょう。

最初に麻を試すなら上質なMUJI無印良品のリネンがいい!

まずはベッドカバーから!

まずはベッドカバーから!

寝具を新しいものに変えるにはお金も手間も掛かりますよね。
まずは手頃な麻の布団を手に入れて試してみたいという方には、
MUJI無印良品の寝具がおすすめです。

無印良品では上質なフランス産とベルギー産のリネンを
使用した布団カバーを販売しています。
平織生地のカバーリングはやわらかくて大変丈夫、吸水性や発散性に大変優れている為
「見るたびに思わずため息が出てしまう」ようなベッドルームが出来上がります。

また、麻のラインナップは布団カバーのみならず、麻平織ごろ寝マットも購入可能。
こちらは天然素材のリネンを使用した、ごろ寝用のマットです。

程よく厚みがあり、丸めるとちょうど、
ヨガマットを持ち運ぶ時のようなコンパクトなサイズにまとめられますよ。

知れば使ってみたくなる!麻の布団

いかがでしたか?麻はただ涼しい素材だけでなく、丈夫で乾燥まで早いんですよね。
薄くて柔らかい素材を選べば、洗濯しても約半日で乾燥は完了。
大変便利なので是非試してみて下さい!

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

知っていますか?暑さを和らげる夏の寝具の色は○○色がいいらしい!

寝具を選ぶ時、思わず色よりデザインを優先していませんか?実は選ぶ色の違いによって、安眠・快眠に大きな差が生ま…

薬効がある寝具?中国の薬草「羅布麻(ラフマ)」を使った寝具の効果とは?

中国では昔から漢方3000年の歴史ありといわれているように、中国の薬草には自然の効能があることは世界でも有名…

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

安眠効果のある食べ物特集

どうせ食べるなら良い眠りにつながる食事を採りましょう!