枕の歴史はとても古い

枕がないと眠りにくい

枕がないと眠りにくい

枕が必要になったのはいつ頃からかご存知ですか?

1924年に南アフリカで、人類の始祖ともいわれるアウストラロピテクスの化石が発掘されましたが、その化石は頭蓋骨の下に砕石が枕のようにしかれていたそうです。

実は枕は人間が二足歩行を始めた頃から、あったのではないがと言われています。二足歩行により、両手が自由になり、脳が発達していき、それを支えるために脊柱が進化したそうです。

人間の脊柱は連続したS字カーブのようになっていて、そのカーブの基点である大事な頭部を支えるために枕が必要なのです。

枕は頭だけじゃなく、肩口までのせる

頭ではなく肩までのせる

頭ではなく肩までのせる

毎日睡眠時に使用している枕ですが、ただ頭だけを枕に乗せるのは正しい寝方ではありません。正しい枕の乗せ方は自分の肩に枕があたるくらい、深めに頭をのせるのが良いのです。
頭のてっぺんから首すじまでまっすぐな状態で頭の重さを支えることで、首や肩が疲れにくくなります。まずは正しい枕の乗せ方を意識してみてください。

今使っている枕が自分に合っているのか、調べてみましょう

いろんな角度で試してみる

いろんな角度で試してみる

まずは今使っている枕が自分にあっているか調べてみましょう。
調べる方法は簡単です。まず布団に枕を置いて、仰向けに寝てみます。

肩が枕についた状態で、首が持ち上がってしまわないか、頭が前に突き出していないか?をチェックしましょう。

首が楽にまっすぐになっていなければ、枕の高さが自分に合っていないということです。
理想は枕に頭が、すっぽりちょうど収まっている状態です。

次に、横向きに寝てみます。
首が上や下に曲がっていないか、無理な姿勢にならないか確認してみましょう。人は寝ている間に寝返りを打つので、枕の高さの調整は、上向き、横向きといろいろな角度から試してみる事が大切です。

合わない枕を使い続けると・・・

頭痛やいびきの原因に

頭痛やいびきの原因に

・枕が高すぎる

首と枕の間に隙間ができて、顎がひけてしまうので、肩や首への負担がかかり、睡眠時に肩こりや頭痛、いびきの原因を作ってしまいます。しっかり寝たのに肩こりがとれない、という人は枕の高さに原因があるのかもしれません。


・枕が低すぎる・または偏っている

枕としての機能を果たしていないことになりますので、結局頸椎を支えられておらず、寝違えや肩こりの原因となります。


・顎が自然とあがってしまう

頭が枕に沈んでしまい、顎が上がった状態になることがあります。これは血液が頭部に下がってしまい、脳への刺激が増えてしまっている状態です。眠りも浅く、いびきの原因にもなります。

・枕を使わないと

頭を支えられないので体全体に負担がかかってしまい、眠りが浅くなります。また、顔のむくみや肩こりを誘発します。

理想の枕の大きさは横60センチ×奥行き40センチ

素材や形はお好みで

素材や形はお好みで

枕の素材は色々な種類がありますが、一番は自分の好みで選びましょう。ポイントは自分がリラックスできるかどうかです。

寝ている間、何時間もずっと頭を支え続ける枕は熱がこもらず、汗を吸収・発散させる通気性のよいものがよいでしょう。特に汗を多くかく子どもの枕は洗濯できる素材を選ぶと衛生的ですよ。

また枕の理想的な大きさは、寝返りしても頭が落ちず、肩先までをしっかり支える、だいたい横幅60センチ以上、奥行き40センチ以上だそうです。

頭3個くらいの幅があれば、寝返りをしても枕から落ちる事も少ないでしょう。枕が小さすぎると、結局枕から落ちてしまって、肩こりや首の痛みの原因を作ってしまいます。

いかがでしたか?
枕の高さの調節は、必ずあなたの睡眠の質を最高のものにしてくれるので、一度ご自分の枕を見直してみてはいかかでしょうか☆

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

【ベッドと同時購入 限定!】スタンダード寝具6点セット(ダブルサイズ)

カラーの種類豊富なスタンダード寝具6点セットの商品説明

国産ポケットコイルマットレス(シングルロングサイズ)【送料無料】

体にとって本当にいい寝姿のまま眠ることのできるマットレスです。

関連する読みモノ

睡眠の質を改善する寝具の基本やアイマスクDream Essentialsの主な特徴

睡眠は人間が活動する中でさまざまな役割を果たしています。 その睡眠を怠ってしまうと、重症な場合は命の危険に…

ラベンダーの香りにうっとり!アロマのにおいで睡眠を改善する方法や寝具の選び方

眠たいはずなのに中々寝付けない・・・。と悩んでいる方におすすめしたいのがアロマオイルや寝具選びです。 アロ…

睡眠改善の悩みによって異なる寝具の選び方や寝る前の睡眠用BGM音楽の選曲のポイント

「最近あまり寝た感じがしない」、「寝ようとしても中々寝付けない」など、睡眠に関する悩みにはさまざまな種類があ…

低反発マットレスには3つのメリットがある!睡眠を改善するベッドとマットレスの選び方と…

私達人間が健康的な生活を行う上で最も重要なのが睡眠です。 その睡眠が疎かになるとあらゆるトラブルを招く原因…

どんな種類を選べばいいの?睡眠の質を高めるなら寝具のマットレスにこだわりたい

ぐっすりと眠るためにも寝具にこだわりたいもの。その中でもベッドのマットレスに着目しました。睡眠の質を高めるた…

安眠以外の効果も!身体をとことん癒したいなら足枕がオススメ!

皆さんは足枕を活用していますか?安眠にももちろん効果的ですが、それ以外にも嬉しい効果があるんです!これを読め…

枕選びを失敗しないために。あなたに合った枕の素材は?

一口に枕といってもその種類は様々。特に素材は非常に重要ですよね。あなたにあった枕選びのお手伝いをさせていただ…

素材にこだわるなら形もこだわろう!あなたにぴったりの枕を見つけよう♡

昔は種類豊富じゃなかった枕も、今は素材が増えたことにより形も多種多様になりました。一体どんな形のものがあるの…

ぐっすり眠れる寝室のインテリアは3色でコーディネートすることが大切

あなたは何色の寝具に囲まれ睡眠を取っていますか?一見関係ないように見える“睡眠”と“色”の関係。実は、色によ…

枕も夏物に着替えよう!寝苦しい夜を乗り切る夏用枕の選び方

この時期いつも暑くて眠れない・・・。それなら枕を衣替えしましょう!夏はその季節にあった素材を選ぶことが大切な…

低反発枕は洗濯機NG?素材別に見る枕のお手入れ方法について

ポリエステルわたの枕は丸洗いできますが、低反発素材の枕は陰干しのみで丸洗いはNGです。枕のお手入れをする時は…

今日からできる!?音楽で睡眠を改善するためのBGMの効果のイロハ♡

”明日の為に眠りたいのに眠れない時”って焦ってしまって「何が効果的で改善策なのか」見落としがちなのですが是非…

関連するキーワード

takataka

インテリア・雑貨・風水が大好き♡




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

売れている人気なマットレスってどれ?