友達の家を訪ねるとたまにロフトベッドに遭遇することがあります。「おお!ロフトベッドなんだ」と少し驚きますよね。

ロフトベッドはベッド部分が高いところにあるので、その下のスペースをフルに活用することができ、狭い空間も広く見せることができる、素晴らしいベッドです。

そんなロフトベッドですが実は自分で作ることもできるんですよ!

ロフトベッドの魅力

ワクワクが止まらいロフトベッド

ワクワクが止まらいロフトベッド

ロフトベッドを見てどう感じます?床より天井に高い位置に鎮座するその姿は、子供から大人までとてもワクワクさせてくれますよね。まるで秘密基地になるようなそんな空間が現れます。

ロフトベッドの魅力はその見た目だけではありません。ロフトベッドにする利点を見ていきましょう。

収納空間ができる

大量の服をしまえるクローゼットになる

大量の服をしまえるクローゼットになる

ロフトベッドのその最大の魅力といえば、収納力にあるのではないでしょうか?ベッドの高さを上げることによってできた空間に、さまざまなものを収納することができます。

部屋を大きく占めるクローゼットの代わりに、ロフトベッドの下スペースに収納することで、部屋を広く活用することができます。PPボックスなどを入れてタンス代わりにするのも良いですね。

机を置いて勉強スペースになる

大きな机もスッポリ収納

大きな机もスッポリ収納

ロフトベッドの下のスペースの一番多い使い方は、机を収納して勉強スペースにすることです。学生の頃に最も必要な勉強机はとても大きくて、部屋のほとんどをベッドと二分します。

その2つの大きな家具を上下に組み合わせることで、部屋の広さをだいぶ大きくすることができます。切り離して作れば、机の向きを変えることもできるので、気分や成長に合わせて変更することもできます。

ソファを入れることも可能

大きなソファもすっぽり

大きなソファもすっぽり

大人になってロフトベッドを使用するなら、ソファを置いても素敵ですね。ソファも家具の中では大きさを占めるので、ロフトベッドの下スペースに収めると、部屋をすっきり見せることができます。

一般的なロフトベッドは余裕の高さがあるので、座るくらいなら窮屈感や圧迫感を感じることは少ないでしょう。

ロフトベッドは暖かい

ロフトベッドの魅力は下スペースの収納だけではありません。実は高いところのほうが暖かさを感じやすいのです。エアコンなどの暖かい空気は上へ集まる習性があります。また床からの冷たい空気も感じにくいので、より暖を得ることができます。

それにより少しの熱で暖かく眠ることができるので、特に冬場などはオススメです。しかし夏場になると暑く感じやすい可能性もあるので、季節ごとで寝る場所を変えても良いでしょう。

ロフトベッドは意外と安価で作成できます

ベッドマットの大きさに合わせて作成

ベッドマットの大きさに合わせて作成

ベッドというと大きさもあるので、安価な商品ではありませんよね。自作といえど、どれくらいで作れるのか・・・。実は安価なSPFやホワイトウッドなどを活用すれば、1万円くらいの材料費で作成することができるようです。木材をカットしたり貼り付けるための専用の道具は必要になってきます。

使う予定のベッドマットレスを基準に作成し、もともと使っていたベッドを再利用するとさらに費用が抑えられますね。

オーダーすることもできる

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

安眠効果のある食べ物特集

どうせ食べるなら良い眠りにつながる食事を採りましょう!