皆さんは寝起きが良い方ですか?

目覚ましを大量に鳴らしても起きれない、二度寝をしてしまう、なんだか寝起きがスッキリしない、など問題を抱えている人は多くいます。ではなぜ寝起きが悪くなってしまうのでしょうか?

寝起きが良くなる習慣を始めて、毎日スッキリと目覚めましょう!

寝起きが悪くなる原因はなんでしょうか?

寝起きが悪いとなかなかベッドから起きれません

寝起きが悪いとなかなかベッドから起きれません

寝起きが良くなる習慣を見る前に、自分がなぜ寝起きが悪いのかを考えてみましょう。寝起きが悪くなる原因には下記が挙げられます。

・睡眠時間の長さが自分に合っていない
・睡眠を妨害する生活習慣をしている
・自律神経が乱れホルモンバランスが崩れている
・寝具が体に合っていない
・必要な栄養素が摂れていない
・病気の可能性がある

このように寝起きが悪くなる原因はさまざまです。それらを解消しながらすっきり目覚められる習慣を心がけることによって、寝起きを改善することができます。

睡眠を妨害する生活習慣とは

寝る前のスマホ使用やカフェイン摂取

寝る前のスマホ使用やカフェイン摂取

次は睡眠を妨害する生活習慣をご紹介します。

・夜にカフェインを摂取
・就寝前ギリギリに運動する
・就寝前ギリギリに入浴する
・就寝前までテレビやパソコン、スマートフォンを見ている

などが挙げられます。パソコンやスマートフォンから発せられるブルーライトは睡眠を妨害してしまいます。若い人には必要不可欠なツールですが、睡眠前の使用はやめてください。

寝起きを改善する習慣:朝日の光を浴びる

朝起きてすぐ太陽の光りを浴びましょう

朝起きてすぐ太陽の光りを浴びましょう

眠気を誘発するにはメラトニンというホルモンを分泌させることが大切です。メラトニンは「睡眠ホルモン」とも言われています。

朝目覚めて浴びる太陽光には体内時計がリセットする働きがあります。メラトニンは太陽の光を浴びて14〜16時間後に分泌する性質を持っています。つまり朝起きてすぐ太陽の光を浴びることによって、夜に自然と眠気が訪れるようになるわけです。

太陽の光りは正面から浴びる必要があり、外の景色を3分以上は見るようにしましょう。

寝起きを改善する習慣:朝に行う習慣を作る

決まった時間に朝ごはんを食べる

決まった時間に朝ごはんを食べる

人間の体には体内時計という機能があり、毎日何時に何をするか、ということを記憶する働きがあります。例えば

・朝決まった時間に朝食を摂る
・朝にシャワーを浴びる
・朝に運動をする

など行動付けことで、体がそれに合わせて活動を始めます。つまり自然と寝起きもよくなってくるんですね。

寝起きを改善する習慣:睡眠時間を調整

自分に合った睡眠時間を見つけましょう

自分に合った睡眠時間を見つけましょう

寝起きが悪い人の特徴として、深い眠りに入っている時間帯に起床している場合があります。睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠の2種類があります。

レム睡眠とは「浅い睡眠」のことを指します。眠りが浅いため、体は休まっているが脳は働いている状態になります。レム睡眠中は眠りが浅いため、寝起きが良いという特徴があります。

ノンレム睡眠は「深い睡眠」の状態です。この時は眠りが深いため体も脳も活動せず休んでいます。

睡眠中はレム睡眠とノンレム睡眠は交互に訪れているのです。それが約90分周期で繰り返すと言われています。それを計算し、眠りについてから6時間後や7時間半後に起床時間を設定するとレム睡眠に当たる計算になります。

体の機能を回復させるには6時間以上眠ることが好ましいので、それ以上削るのはおすすめしません。また周期時間には個人差があります。最初は90分と考え、それでも寝起きが改善しないなら、15分ずつ起床時間をずらして調整してみてください。

寝起きを改善する習慣:オルニチンを摂取

しじみはオルニチンがたっぷり含まれます

しじみはオルニチンがたっぷり含まれます

毎日栄養バランスがしっかり考えられた食事を取っている人は、少ないのではないでしょうか?寝起きが辛いと感じている人の中には、体に必要な栄養素が足りていない可能性も考えられます。

睡眠の改善にオススメな栄養素として一つ、「オルニチン」が挙げられます。このオルニチンを摂取することによって、寝起きの良さが改善されるケースもあるようです。食事で摂ることが難しいなら、サプリメントで補うのも良いでしょう。

オルニチンは、しじみに含まれている成分として有名ですが、その効果としては、「肝臓に働きかけて、解毒や疲労回復効果」があるのですが、この結果、質の良い眠りになり、朝スッキリと目覚める事が出来ます。
はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

一日の計は朝にあり?朝起きたら習慣にしたい5つのこと

ギリギリまで寝て急いで出勤。なんて毎日を過ごしていませんか?人生を成功させている人はある習慣を取り入れている…

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

安眠効果のある食べ物特集

どうせ食べるなら良い眠りにつながる食事を採りましょう!