昼食をとった後、ものすごい眠気に襲われることはなんどもありますよね。

夜きちんと睡眠時間を確保しているのに、眠い。実はそれ人間の生理現象なんです。それを知ってか知らずかヨーロッパのスペインではシエスタというお昼の休憩時間があります。

今回はお昼寝が人間にもたらす効果などを調べてみました!

シエスタとは一体なんでしょうか?

スペインでは当たり前の習慣

スペインでは当たり前の習慣

シエスタという言葉を聞いたことがある人も多いでしょう。ただ日本には馴染みのない言葉でもあります。

シエスタは昼食後、約2時間くらい昼寝も兼ねた休憩の時間になります。スペインで昔から親しまれた文化なのです。なのでスペインの街並みでは商店、企業、官公庁などの多くが休業時間と設定さており、今時間帯は営業外になりクローズされていることが多いです。

外から来た観光客にとっては馴染みのない習慣のため、店舗が閉まることにより、戸惑う人も多いようです。

しかし昔から浸透しているシエスタですが、最近では都市部や観光地を中心に廃止しているところもあります。スペインの公務員制度でも、2006年にシエスタ休憩は廃止されました。

シエスタ(西: siesta)は、スペイン語でお昼もしくはその時間の昼休憩(13:00~16:00が目安)を指す言葉である。

シエスタがもたらす影響は何でしょうか

疲れをとって作業効率が上がります

疲れをとって作業効率が上がります

ではシエスタは人間にどう影響してくるのでしょうか?シエスタによって疲れや緊張、心臓病リスクを低下させるという結果も発表されています。また集中力や学習能力の向上もアップするのです。

脳に溜まっている老廃物の排出は、眠っている時にしか行われないという発表もなされました。つまり、日中仕事や勉強で脳を使うことで溜まった老廃物が、少しだけ排出され、起床後の仕事効率が上がるというわけです。

ですので、シエスタを取り入れることは仕事効率の面でも良いと言えるわけですね。

一般的に人間のサーカディアンリズムは、午前中は上昇、正午頃が最も高く、午後2~3時ごろにかけて活性が低下する。午後4時すぎに再び上昇に転じて数時間活性化した後、就寝時間に向けて再び低下、就寝中の深夜2~3時に最低となる(健康的な朝型生活の人の場合)。心身の活性が低い午後の2~3時を睡眠時間にあてることは合理的な行動である。この時間帯は交通事故が起こる頻度も上昇する。

人間の体は1日2回眠るように作られている!?

お昼の眠気は生理現象なんです

お昼の眠気は生理現象なんです

昼食をとった後眠気が襲ってくる経験は誰にでも起こる現象ですよね?あくびもなんども出て、じっと机に座っていると眠気が我慢できなくなったり・・・。

実は人間という生物は1日に2回睡眠をとるように作られているというイギリスLoughborough大学のJim Horne教授が発表しました。また人間以外のほとんどの哺乳類が、昼寝をしています。それを考えても眠気が来ることは当たり前に感じますね。

眠気が来る時間帯は個人差により異なる

生活リズムによって個人差があります

生活リズムによって個人差があります

人間は1日2回眠るようにできています。その時間帯とは、 「夜の2時~4時」と「昼の13時~15時」の間になります。ほとんどの人は昼食後の14時頃に眠くなるようです。しかし生活リズムの違いによって個人差があり、眠気のピークが15時や17時など遅い時間帯に来る人もいます。

私たちが、ふだん感じている眠気には、一定のリズムがあります。
最も強い眠気は1日2回、午前2時頃と午後14時頃に現れます。
つまり何もしなくても、私たちは昼すぎになると、 生理的に眠気をもよおします。
また昼食をとると、消化のために血液が胃などに集中するので、
脳への血流が少なくなります。
さらに食べた物が消化されて血糖値が上がると、
体内で『睡眠を促す物質』が働き始めるので、
より一層、眠たくなってしまうのです。

日本でも昼寝をする制度を導入している企業がある

日本ではパワーナップ制度と言います

日本ではパワーナップ制度と言います

このようにシエスタ(昼寝)は人間にとって当たり前の生理現象であることがわかりました。スペインでも古くから親しまれている習慣ですが、作業効率の面を鑑みて日本でも昼寝をする制度を導入している企業が現れたのです。

それはシエスタではなく、パワーナップ(10分~30分くらいの短い仮眠)制度になります。シエスタは長時間ですが、短時間の仮眠ということになるので、パワー・ナップに名称が決定されました。

パワーナップ制度を導入したのは「株式会社OKUTA」になります。埼玉県にある住宅リフォームの会社が2012年3月から導入を始めました。

会社自ら推奨しているので、お昼に堂々と眠れることは羨ましいですね。

オクタの「パワー・ナップ制度」は、次のようなものだそうです――

・社員に1日に1回、15分~20分の短い仮眠を認める。
・眠くなった時、デスクにマクラを置いて、寝ても良い。
・こうした仮眠の事前の申請については、必要ない。
はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

眠気ってどこからくるの?神経伝達物質のアセチルコリンとの関係性について

眠気は一体どこからやってくるのでしょうか?人間は眠っている状態のほうが「正常」なので、脳に興奮性の刺激がない…

熟睡を遠ざける!危険な寝酒の効果とは

眠れない日に寝酒をしていませんか?良く眠れたと錯覚しやすい寝酒。本当は怖い寝酒のリスクをご紹介します。

冬の乾燥対策みんなはどうしてる?加湿器がなくてもできる寝室の乾燥対策

加湿器の音が気になってイヤ。なんだかめんどくさい。でも質の良い睡眠のために冬の乾燥対策はしたいという方、加湿…

病院での診断前に確認!不眠症や睡眠障害など眠れない症状で異なるセルフチェック

十分な睡眠時間がとれていないのにスムーズに寝付くことができない、以前より眠りにつくのに時間がかかるようになっ…

理想の睡眠時間は22時~2時が定説?ゴールデンタイムの効果とは

健康のため、お肌のために、22時~2時のゴールデンタイムに寝ましょうとよく言われます。 でも仕事から帰るのが…

睡眠はうつ伏せで寝るのはNG?睡眠の質が悪い主な原因や正しい姿勢とは

心身の健康のために重要な睡眠は、体調が優れないときや何かに悩まされているときも、そのほとんどは改善することが…

寝れないだけじゃない!寝すぎも睡眠障害の一つって本当?

皆さん、寝すぎて眠いという感覚になったことはありませんか?実はそれ、睡眠障害の一種なんです。今回は過眠症につ…

知っておきたい。神経伝達物質と睡眠の関係性とは

神経伝達物質の種類は様々で、睡眠とは非常に密接な関係があるんです。睡眠とは何かを知るための一歩として、神経伝…

睡眠の質が悪い原因とは一体何!?睡眠不足による成長ホルモンの減少の結果で起こる影響

「最近睡眠の質があまり良くないな・・・。」と感じている方はいないでしょうか?毎日を健康で過ごすために必要な睡…

コーヒーや紅茶だけじゃない!あの飲み物も睡眠の妨げになるんです!

カフェインが入った飲み物を寝る前に飲んだらダメというのはもはや常識。でも、カフェインが含まれている飲み物をち…

睡眠によい食べ物「肉・魚」を、毎日の食事にうまく取り入れるための工夫

今回は肉・魚が睡眠にもたらす効果をご紹介!毎日の食生活に肉・魚をかしこく取り入れることで、睡眠の質を上げるの…

一日の計は朝にあり?朝起きたら習慣にしたい5つのこと

ギリギリまで寝て急いで出勤。なんて毎日を過ごしていませんか?人生を成功させている人はある習慣を取り入れている…

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

売れている人気なマットレスってどれ?