最近子供の睡眠障害が増えてきているのをご存知でしょうか?

さまざまなところで研究や統計が取られており、その割合は楽観視できるもではなくなってきています。あなたの家庭も他人事ではないかもしれません。

睡眠は特に子供達にとって体を成長させる貴重な時間帯です。その時間をないがしろにしてしまうのは危険なのです。子供たちが睡眠障害に陥ってしまう原因やその対処法をしっかりと知っておきましょう。

不眠症や睡眠障害で悩む子供が増えています

子供にも増えている睡眠障害

子供にも増えている睡眠障害

不眠症といえば大人によくある症状だと思われますが、最近では子供にまでその症状が見られるのです。不眠状態が続くと睡眠障害に発達してしまうので、この状況は楽観視できるものではありませんね。

この状態が続いてしまうと、肥満や生活習慣病(糖尿病・高血圧)など危険な病気へと繋がってしまいます。

子供の不眠(中学・高校生)に関して、2006年の夏に衝撃的なニュースが流れました。中学・高校生にまで不眠が広がり、なんと、「不眠で悩む中学・高校生が4人に1人」という調査結果が出たのです。

子供による睡眠障害の傾向

遅刻や不登校に発展することも・・・

遅刻や不登校に発展することも・・・

子供が睡眠障害になってしまうとどのような生活になるのでしょうか。夜に寝付けず過ごしてしまい、朝起きることができない。そして学校に遅刻してしまったり、不登校に発展してしまうケースもあります。

また時間がなく朝ごはんを食べずに登校することで、力でなかったり頭が働かなかったり、しっかりと睡眠をとっていないため授業中に居眠りをするなど、学校生活に支障をきたしてしまいます。

最近では保育園児にまで睡眠障害が浸透している

睡眠障害の年齢がどんどん下がっています

睡眠障害の年齢がどんどん下がっています

子供の睡眠障害はとても深刻な問題ですが、小学校に上がる前の保育園児にまでその傾向が表れているといいます。睡眠は子供にとって重要な時間です。大変な世の中になってしまいました。

北海道新聞で、「保育園児の生活乱れ深刻 道保育園保健協が調査 「朝食抜き」「睡眠不足」8割超」という見出しの驚くべき調査結果が報告されました。

子供の睡眠障害の原因はコレです

ゲームは脳を興奮させます

ゲームは脳を興奮させます

ではどうして子供たちが睡眠障害に悩まされているのでしょうか。その原因がゲームや携帯・スマートフォンの使用にあります。

これらの人工的な光が脳を刺激し興奮させてしまうのです。またゲームなどで頭を使うことによって就寝時間ギリギリまで脳が休むことができずに、興奮状態でベッドに入ることですぐに寝付けないという状況になります。

TVゲームやゲーム機に没頭している間は脳が刺激されて過度に疲労状態になっています。
ゲームは子どもたちの健康状態を無視してゲーム展開を続けます。


ドクターストップをかけることはありません。

対策方法は生活リズムを整えさせる

まずは早起きを1〜2週間続けます

まずは早起きを1〜2週間続けます

睡眠障害を克服させるにはまず、ゲームや携帯・スマートフォンの使用を夜9時以降には禁止しましょう。

そして「早起き・早寝」のリズムをつけます。眠そうでも早起きさせて朝の太陽の光を正面から浴びさせて、ご飯をしっかりと食べさせます。これを1〜2週間続けることによって、体内時計も整ってきます。

ただし週末になって寝坊させてしまうと、せっかく整えたリズムがまた崩れてしまうので、週末でも同じ時間帯に起こすようにしましょう。

子供の睡眠障害を見逃さないようにする

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

病院での診断前に確認!不眠症や睡眠障害など眠れない症状で異なるセルフチェック

十分な睡眠時間がとれていないのにスムーズに寝付くことができない、以前より眠りにつくのに時間がかかるようになっ…

抱き枕にぐっすり眠る秘訣あり!質の良い睡眠をとるために工夫できることとは!?

あなたはどんな枕を使っていますか?枕は睡眠に大切なアイテムですが、抱き枕も質の良い睡眠をとるために実は良いア…

睡眠不足が原因で発生!神経伝達物質のアセチルコリンの生理作用や関連疾患、解消法

睡眠不足が挨拶のように色んな場所で飛び交っている現代社会ですが、日本人のうち5人に1人が睡眠不足の状態となる…

ビジネスマンに多い?マイクロスリープの原因と方法について

仕事ができる人は「マイクロスリープ」を活用しています!今回はマイクロスリープとは何か、どういうメリットがある…

眠りたいのに眠れない…。概日リズム睡眠障害のひとつ“睡眠相後退症候群”の原因&対策と…

眠りたいのに眠れない……。 やっと眠気が襲ってきたと思ったらもう真夜中…。 睡眠時間帯が後ろにずれ、遅い時間…

睡眠を左右するノンレム睡眠とレム睡眠!悪夢を見やすいのはどちらの睡眠?

睡眠にはノンレム睡眠とレム睡眠があると言われています。その2つを繰り返しながら、人は夢を見ます。素敵な夢なら…

シフト勤務や時差ボケなどの生理学的原因で不眠症に?生活リズムの変化によって睡眠障害を…

一口に“不眠症”といっても、原因や症状は人それぞれです。生理学的原因や、身体的原因、心理学的原因、精神医学的…

まるで気分は森の中!おだやかな木の香りに包まれてぐっすりと「セドロール」の安眠効果と…

安眠効果が高いと言われているアロマの香りはたくさんありますが、中でも「セドロール」が含まれているアロマオイル…

眠りのリズムやサイクルの乱れは不眠の原因に!休日の朝寝坊に注意!

ふだん仕事が忙しすぎて、休日の朝くらいはゆっくりと朝寝坊をしたい。ところが、その朝寝坊は就寝と起床のリズムや…

大人は大丈夫?うつぶせ寝で期待できる効果とは

寝る体制は個人によって違いますが、実は「うつぶせ寝」はメリットも大きいんです。今回は期待できる効果やうつぶせ…

よく眠っているはずなのに、、そんな人は熟眠障害かも?

しっかり寝たはずなのに、朝起きた時にスッキリ感を感じない人、それって「熟眠障害」かもしれません。今回は熟眠障…

バリュアブルスリーパーの睡眠時間が最も寿命が長い?睡眠の種類は長生きと関係するか

バリュアブルスリーパーとは、1日の睡眠時間が6〜9時間の人をいいます。 日本人の平均睡眠時間が7時間ですから…

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

売れている人気なマットレスってどれ?