大人になるといろんなストレスを受けるため意識して睡眠のことを考えないといけない人も多くなります。みなさん寝室の明かりを変えたり、マットレスを高価なものにしたりと工夫されているのではないでしょうか?

今回は寝具のうちの一つ、ベットカバーについて調べました。安眠できるベットカバーの条件とは一体どのようなものが当てはまるのでしょうか?

人生80年、その1/3はみなさん眠っているのです

睡眠時間は人生の大きな部分を占めます

睡眠時間は人生の大きな部分を占めます

「人生80年」とよく言います。1日は24時間で、80年生きると考えた時、その中での1/3に当たる時間がなんと睡眠時間なんです。最近では高齢化社会で長生きする人も多いですよね。そう考えると1/3以上が眠っていると考えられます。

これを踏まえると私たちが眠っている時間は人生の中で大きな部分を占めます。ですので、快眠や安眠といったやすらかな時を演出することが、人生を豊かにすると考えられるのではないでしょうか?

人生80年とすればその3分の1である、約27年も眠り続けるということになります。

安眠のためには寝具を整えることが重要です

肌に触れる寝具はとても重要です

肌に触れる寝具はとても重要です

人生で大きな部分を占める睡眠時間。その時間を心地よいものにするには寝具を整えることが大切になってきます。そこで今回は数ある寝具の中でもベットカバーについて調べてみました。果たして安眠をもたらすベットカバーの条件とは一体なんなのでしょうか?

注目したいのは「色」なんです

寝室やシーツのカバーが安眠の鍵

寝室やシーツのカバーが安眠の鍵

現在はベットカバーにもたくさんの種類がありますが、今回は色について注目していきましょう。皆さんは現在何色のベットカバーを使用していますか?もしかしたらその色があなたの安眠を阻害しているのかもしれません。

色には「鎮静色」と「興奮色」がある

心を落ち着かせる鎮静色の青

心を落ち着かせる鎮静色の青

色と一言で言ってもさまざまな色がありますよね。代表的な赤や青・ピンクや緑など挙げたらきりがありません。この色ですがさまざまな種類に分類することができます。代表的なものに寒色系や暖色系などがありますよね。実は寝具においての分類方法は「鎮静色」と「興奮色」です。

鎮静色は見た人の心を落ち着かせてくれ、興奮色は見た人の心を高ぶらせます。

沈静作用があるのは寒色系の低彩度の色になります。色相では青・青緑といった色相で、特に青は、アドレナリンの分泌を抑え、脈拍や心拍数、血圧を下げることにより気分も落ち着いてきます。
興奮色と沈静色の違いの決め手となっているのは、色相と彩度です。色相では、赤・オレンジ・黄色といった暖かさを感じる暖色系は興奮作用があります。特に赤は、アドレナリンの分泌を高め脈拍や血圧を上げるので興奮してきます

ベットカバーには鎮静色を選ぶことがベストです

青色は一番睡眠時間を長く確保できます

青色は一番睡眠時間を長く確保できます

鎮静色と興奮色の違いがわかったことで、ベットカバーに選ぶべきカラーがわかりましたね。青や緑といった鎮静作用がある色を選びましょう。またベージュにも落ち着く効果があると言われています。ベットカバーだけではなく、寝室のカーテンや小物など目につくものを鎮静色にするのもいいと言われています。

逆に赤やオレンジといったカラーは興奮してしまうため、安眠という点で考えると避けたほうがいいでしょう。

しかし興奮色に分類されそうなピンクですが、淡いピンクならそれに当てはまりません。リラックス効果を与えつつ、女性ホルモンを刺激する色なので、若返りなど女性に嬉しい効果をもたらします。可愛い寝室にしたい方は、ピンクを選んでもいいかもしれません。

興奮色以外で避けたほうがいい色があります

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

マイクロファイバー【掛け布団カバー】クイーンサイズ(210×210cm)

やわらかな触り心地で包み込まれるような感覚が味わえるシーツです。

デラックスペアタイプ羽毛布団 (シングル)

【ポーランドマザーグースダウン93%】 シングルサイズ

関連する読みモノ

実は安眠効果がある!においは気になるけど夜はにんにくを食べてぐっすり眠ろう

お肌や心身の健康状態を保つためには、睡眠時間をたっぷり設けることも大切ですが、睡眠の質を向上させる必要があり…

その名も「安眠(あんみん)」!ぐっすり眠れるツボは耳の後ろ側にある

毎朝スッキリしない・・・その原因は眠りが浅いからかもしれません。深い眠りが手に入れられるツボ・安眠(あんみん…

その名も「安眠」!眠りの質を改善するツボを押して、安眠へと旅立とう

「安眠」というツボをご存知ですか?名前の通り安眠を誘い、眠りの質を改善するツボについてご紹介!

寝る前に枕にシュッとひと吹き。安眠をつくるピローミストの人気ブランドと効果的な使い方…

良い香りを嗅ぐことは、睡眠にも嬉しい効果をもたらします♪睡眠時に使うために開発されたピローミストなら、寝つき…

ラベンダー以外にも安眠効果のあるアロマはある♪安眠効果抜群のマジョラムでぐっすり眠ろ…

良く眠れるアロマオイルというとリラックス効果の高いラベンダーがを思い浮かべる方も多いと思います。もちろん、ラ…

寝る前に入眠の儀式を!質の良い睡眠を約束する簡単な方法とは?

寝る前、あなたは何をしてから寝ますか?本人の自覚がなくても、これをしないと眠れないという儀式みたいなものがあ…

モーツァルトだけじゃない!安眠効果の高いクラッシック音楽はこれ

ぐっすり眠りたいのに眠れない。そんな時は音楽を聴いてみませんか?リラックス効果のあるクラシック音楽なら赤ちゃ…

あるだけで安心する!睡眠改善のカギ?抱きまくらにはこんな効果があります

睡眠に入るとき、あるだけで安心するグッズはないでしょうか。小さい子ならお気に入りの毛布だったり、おもちゃだっ…

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

管理人おすすめ!一緒に朝を迎えたくなるベッドたち!