どうして眠れないんだろう・・・不眠の悩みを抱えている人は多くいます。夜眠れないせいで、日中の行動に影響が出てしまう場合もあるんですよね。
睡眠の質を改善して、ぐっすり眠りたいなら寝室の色を暖色系に変えてみましょう。

光と人間の関係性

人間は光とともに行動する生物

人間は光とともに行動する生物

光は人間の生活に大きく影響してきます。

・朝や昼は昼白色または昼光色
太陽から降り注ぐ朝の光は青白い光。脳の動きが活発になります。

・夕方は電球色
電球色は夕日を思わせるようなオレンジカラーです。睡眠物質であるメラトニンを分泌させます。

・就寝中は真っ暗
真っ暗な状態により脳や体が休止する体制に入ります。

寝室の光を暖色系に変えましょう

温かみを感じる暖色系にしましょう

温かみを感じる暖色系にしましょう

上記で説明したように、オレンジカラーなどの暖色系は眠気を引き起こすメラトニンの分泌を促します。ですので、寝室のメインライトを暖色系にしたり、間接照明を暖色系にして、眠る直前まで使用することで、深い眠りを誘発してくれるのです。

深い眠りのために他に行っておきたい事

カフェインを多く取るのはNGです

カフェインを多く取るのはNGです

寝室の光を変えても他の行動が伴っていなければ、睡眠を邪魔してしまいます。

・就寝前のパソコンやスマホの使用をやめる
・カフェインを多くとならない(就寝前は特にNGです)
・就寝前に運動をしない

これらも気をつけると、より睡眠の質が改善しますよ!

まとめ

あなたが睡眠の質を改善したいと思っているなら、寝室の光を暖色系に変えてみましょう。メラトニンを分泌させ、体をリラックスされる効果があります。
また睡眠の妨げになる他の行動にも気をつけたいですね。これらを忠実に実行すると、深い眠りを手に入れることができますよ。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

ハイレベルなアイマスクが続々登場!アメリカで大人気のDream Essentials…

皆さんは就寝時にアイマスクを使うことはありますか? ほとんどの方がいいえと答えるかと思いますが、驚くべき効…

朝起きた時に喉が乾燥してませんか?起床時の喉の痛みはこれで改善!

朝起きた時にのどが乾燥して痛いという経験はありませんか?経験したことがあるという方も多くいるかと思います。そ…

どこでも寝てしまう睡眠障害はナルコレプシー?過眠症の障害の種類を見極め、早期治療を

いつでもどこでも眠くなり、日中でも眠くなってしまう困った睡眠障害がナルコレプシー。 日本人にはことのほか多い…

眠れない原因はコレだった!睡眠障害の要因5つのPとは!?

なんだか眠れない、でも原因がよくわからなくて不安という経験はありませんか?睡眠障害になるには要因がキチンとあ…

夜中に目が覚めてしまう?改善して良質な眠りにつきましょう♡

夜中に目が覚めてしまい眠れないのはとても辛いですね。良質な睡眠がとれていないことが原因として考えられます。改…

ラベンダーの香りにうっとり!アロマのにおいで睡眠を改善する方法や寝具の選び方

眠たいはずなのに中々寝付けない・・・。と悩んでいる方におすすめしたいのがアロマオイルや寝具選びです。 アロ…

睡眠不足がもたらす影響は何?池袋周辺のおすすめ睡眠クリニックをご紹介

私達が毎日健康で活発に生活するためには平均8時間の睡眠が必要とされていますが、日本人の睡眠時間は50年前と比…

病院での診断前に確認!不眠症や睡眠障害など眠れない症状で異なるセルフチェック

十分な睡眠時間がとれていないのにスムーズに寝付くことができない、以前より眠りにつくのに時間がかかるようになっ…

毎日のイライラの原因はこれ?イライラ防止に気を付けるべきポイントとは?

なんだか毎日イライラする・・・。今まではスムーズに眠れたのに最近は夜中に何度も目が覚めてしまう・・・。という…

アロマバスでリラックス!手軽にできる快眠テクニックと注意点をご紹介

今快眠グッズがとても話題を呼んでいますよね。抱き枕や、足枕など、素敵な快眠ライフを送るにはいろいろとグッズ…

ストレスでレム睡眠が長くなる!?覚醒に近くリズムを刻む浅い眠りについて

レム睡眠は覚醒に近い浅い眠りで、筋肉を休め精神を安定させる作用があります。ストレスなどが原因でレム睡眠が長く…

寝ている間に口呼吸は厳禁!今日から始める鼻呼吸のやり方とは?

質が良い睡眠の基本は鼻呼吸。 口を開けて寝ると睡眠の質はダダ下がり! 鼻呼吸で理想の睡眠をゲットしましょう。

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

安眠効果のある食べ物特集

どうせ食べるなら良い眠りにつながる食事を採りましょう!