眠りは訪れるけど、なんだか毎朝スッキリしない・・・。その原因は深い眠りが少ないせいかもしれません。眠りが浅くなってしまう生活習慣と、深い眠りを誘導するツボ「安眠(あんみん)」についてご紹介します。

眠りが浅い原因は、生活習慣にあるかもしれません

パソコンやカフェインに気をつけましょう

パソコンやカフェインに気をつけましょう

眠りが浅くなってしまう原因には、以下のようなことが挙げられます。

・寝る直前のパソコンやスマホの使用
ブルーライトが脳を興奮させてしまう

・就寝前にカフェイン摂取
頭が冴えてしまう

・ストレスが解消されていない
ストレスにより自律神経が乱れる

・お酒の飲み過ぎ
アルコール過多が睡眠の質を変える

・体が冷えている
血行不良で熱が解放されない

深い眠りをもたらすツボ「安眠(あんみん)」の場所

耳の後ろ側にあります

耳の後ろ側にあります

安眠は耳の後ろ、出っ張っている骨から下指1本分の場所にあります。この場所にコリや痛みを感じる人は、不眠の可能性が高いです。
安眠を押すことで自律神経のバランスを整えてくれます。

安眠の押し方とは

人差し指、中指、薬指の3本を使います

人差し指、中指、薬指の3本を使います

人差し指、中指、薬指の3本を使って押します。さすったりピンポイントに押しても大丈夫です。また親指なども使います。自分の押しやすい方法を選びましょう。
気持ちが高ぶっている時に押すのも効果的です。

まとめ

眠りが浅い原因は生活習慣にもあります。項目に当てはまった人は、見直すことも大事ですね。そして眠れない時や眠る準備として安眠(あんみん)を押してあげましょう。ツボ押しなら難しくないので、毎日続けられそうですね。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

デラックスペアタイプ羽毛布団 (シングル)

【ポーランドマザーグースダウン93%】 シングルサイズ

マイクロファイバー【掛け布団カバー】クイーンサイズ(210×210cm)

やわらかな触り心地で包み込まれるような感覚が味わえるシーツです。

関連する読みモノ

ひょっとしたらナルコレプシー?日中の強い眠気は治療で改善!

ナルコレプシーは過眠症の一種で睡眠発作と呼ばれる耐えられない眠気に襲われて日中に何度も眠ってしまいます。治療…

色で睡眠の質は変わる!青色がもたらす睡眠効果

色がもたらす心理作用は睡眠に大きく影響するのはご存知ですか?色によって睡眠時間が大きく異なり、睡眠の質も変わ…

セロトニンを増やすには太陽を浴びること!睡眠と関係の深い神経伝達物質について

神経伝達物質の1つであるセロトニンは睡眠にとって欠かせません。不足してしまうと睡眠の質が悪くなり、不眠症など…

寝ている間に口呼吸は厳禁!今日から始める鼻呼吸のやり方とは?

質が良い睡眠の基本は鼻呼吸。 口を開けて寝ると睡眠の質はダダ下がり! 鼻呼吸で理想の睡眠をゲットしましょう。

スマホで上手に睡眠管理しよう!不眠症改善にオススメのアプリ3選

寝る前のスマホは睡眠によくないと言われますが、スマホアプリには睡眠管理をサポートしてくれる便利なものもありま…

深い眠りのノンレム睡眠。ごく浅いステージ1とは?

ノンレム睡眠に段階があるのをご存知ですか?今回はノンレム睡眠のステージの一つ「ステージ1」についてご説明しま…

実は安眠効果がある!においは気になるけど夜はにんにくを食べてぐっすり眠ろう

お肌や心身の健康状態を保つためには、睡眠時間をたっぷり設けることも大切ですが、睡眠の質を向上させる必要があり…

睡眠の質を改善しよう!睡眠の質が悪い原因や激しい運動の注意点とは

睡眠時間は十分にとったはずなのに、朝起床したときに疲れが残っていたり、眠気を感じることはありませんか? 今…

寝具の隣にスマホがあるならヨガアプリを取り入れて睡眠を改善しよう!<寝たまんまヨガ_…

寝るときベットや布団などの寝具の隣にスマホを置いている方に朗報です。そのスマホに「寝たまんまヨガ 簡単瞑想」…

睡眠の質を改善する照明の光!オレンジ色の効果とは

寝る時は真っ暗にするより小さい灯りをつけている方が熟睡する?!睡眠と照明の新常識を、今最もオススメの色=オレ…

病院での診断前に確認!不眠症や睡眠障害など眠れない症状で異なるセルフチェック

十分な睡眠時間がとれていないのにスムーズに寝付くことができない、以前より眠りにつくのに時間がかかるようになっ…

生まれつき!?治すことはできるの?ロングスリーパーと遺伝の関係性

世の中にはロングスリーパーと呼ばれる人たちがいます。長い時間寝ないと活動できないので悩む人もいます。遺伝子が…

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

管理人おすすめ!一緒に朝を迎えたくなるベッドたち!