1日中仕事で足の筋肉が張り、疲れが中々解消されない・・・。なんてことはありませんか?

そんな疲労を回復するためには足枕の利用がおすすめです!

こちらでは深い眠りに繋がる?!足枕の主なメリットや効果的な活用方法をご紹介しますので、お持ちの方もそうでない方も是非ご覧になってください。

足枕には足の疲れをスッキリ解消する効果がある

高い位置に足を置くとむくみ解消の効果が期待できる!

高い位置に足を置くとむくみ解消の効果が期待できる!

足枕は女性が使用する印象が強いかと思いますが、足の疲れが蓄積されている男性の方にも特に使用してもらいたいアイテムです!

足枕を使用した翌朝の疲れの回復具合は、何も使用せずに睡眠をとったときと大きく異なると感じる男性の方も多数いますので、立ちっぱなしの作業や営業活動をしている方などは試してみる価値があるかと思います。

足を高いところに置くことによって、下半身にたまった老廃物を重力の力で上半身へと流します。

これによって溜まった老廃物が徐々に足から離れていくことでむくみが解消されていきます。もちろん女性に限らず男性もその効果を実感できるかもしれませんので、足に疲れが溜まったと感じる方はぜひ一度試してみると良いでしょう。

足枕の使用によって深い睡眠がとりやすくなる

足を少し高くすると血液循環が促進される!

足を少し高くすると血液循環が促進される!

足に疲れが蓄積された状態だと、リラックスすることが困難となり、眠りも自然と浅くなってしまいます。

疲れているのに、ぐっすり眠れない経験は誰もが経験したことがあるかと思いますが、このような浅い眠りの状態が継続すると足の疲労回復以外にも全身の疲れを解消できなくなります。

このような悪循環を断ち切る目的で利用すると、足はリラックスするようになり、良質な睡眠がとれるようになるのです!

足枕で足を少し高くすることで2.の血液が循環しやすい状態を作ることが出来るようになります。
立った状態のとき、ふくらはぎが心臓に血液を戻す役割を果たしていますが、疲れている状態ではふくらはぎが十分な働きをすることができなくなります。
足の疲れがたまってしまい血液の循環が悪くなっているときに足枕で足を高くしてあげると重力に従って血液は心臓に戻りやすくなり、足の疲労回復効果を得ることができるようになります。

足枕のベストな高さは20センチメートル

適切な高さにすれば優れたリラックス効果を得ることができる!

適切な高さにすれば優れたリラックス効果を得ることができる!

足枕の優れた効果を発揮させるには、高さに重きを置く必要があります。

足枕の高さをおよそ15〜20センチメートル程度にすると、良質な睡眠を得ることが可能です。

足元を少し高くすることにより、上半身へ血流を戻す作用が向上し、全身の血流循環も改善されて優れたリラックス効果を期待することができるのです。

15センチから20センチ程度の高さであれば、睡眠中の寝返りで自然と足枕から離れるので、逆に足元に血液が行かなくなる、という心配もありません。

身近なもので“簡単”足枕を作って、深い眠りを得てくださいね。

まとめ

いかがでしょうか?

今回は深い眠りに繋がる?!足枕の主なメリットや効果的な活用方法をご紹介しました。

足枕の使用だけでなく、ストレッチやゆったりお風呂に入るなどの習慣を併せて行うのもおすすめですので参考にしてくださいね。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

睡眠改善の悩みによって異なる寝具の選び方や寝る前の睡眠用BGM音楽の選曲のポイント

「最近あまり寝た感じがしない」、「寝ようとしても中々寝付けない」など、睡眠に関する悩みにはさまざまな種類があ…

夜になると足がむず痒くて眠れない!それはむずむず脚症候群という睡眠障害?原因を探る

夜になると足がムズムズして気持ちが悪い、それが気になって眠れない。なんだか嫌になってしまいます。それはもしか…

眠りたいのに眠れない…。概日リズム睡眠障害のひとつ“睡眠相後退症候群”の原因&対策と…

眠りたいのに眠れない……。 やっと眠気が襲ってきたと思ったらもう真夜中…。 睡眠時間帯が後ろにずれ、遅い時間…

寝る前の食事には要注意!夜遅く食事をとる時に注意しなきゃいけないことは?

「就寝前に何か食べないと空腹感で目が覚めてしまう・・・。」という方は多いかと思います。今回は食事と睡眠との関…

目覚めが悪い、眠った気がしないあなたに朗報! 浅い睡眠の改善方法はこれでOK!

目覚めが悪かったり、眠った気がしないのは睡眠の質に問題があると思われます。日頃から浅い睡眠の質には気を配って…

睡眠はうつ伏せで寝るのはNG?睡眠の質が悪い主な原因や正しい姿勢とは

心身の健康のために重要な睡眠は、体調が優れないときや何かに悩まされているときも、そのほとんどは改善することが…

病院での診断前に確認!不眠症や睡眠障害など眠れない症状で異なるセルフチェック

十分な睡眠時間がとれていないのにスムーズに寝付くことができない、以前より眠りにつくのに時間がかかるようになっ…

ひょっとして過眠症?もしかしたら睡眠障害のナルコレプシーかもしれませんよ

寝ても寝ても眠い。夜は早めに寝ているし、朝起きると熟睡感もある。でも、それなのにまたすぐ眠くなってしまう。私…

睡眠改善に有効な光の強さや昼光色の注意点

良質な睡眠を得るためには、体内時計のバランスを乱さないことが重要となりますが、その時計を乱さない重要な鍵とし…

寝室に使う色で大きく変化する!熟睡が可能な睡眠に良い色と悪い色は?

最近よく眠れていますか?眠りが浅いという方や目覚めた後も疲れが残っているなど、思い当たる方には要チェックな睡…

不眠症の知識は時代とともに変化します!あなたの知識は大丈夫ですか!?

不眠症でも眠れない時には、布団の中でじっとしていればそのうち眠くなる、昔の人はそう言いました。問題は、その布…

心地良い眠りへと誘う!睡眠改善にはラベンダーやゼラニウムがオススメ!

なんだか寝つきが悪い、寝ているはずなのに全然寝た気がしないとお悩みの方には香りをうまく利用したメンタルのリラ…

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

管理人おすすめ!一緒に朝を迎えたくなるベッドたち!