1日中仕事で足の筋肉が張り、疲れが中々解消されない・・・。なんてことはありませんか?

そんな疲労を回復するためには足枕の利用がおすすめです!

こちらでは深い眠りに繋がる?!足枕の主なメリットや効果的な活用方法をご紹介しますので、お持ちの方もそうでない方も是非ご覧になってください。

足枕には足の疲れをスッキリ解消する効果がある

高い位置に足を置くとむくみ解消の効果が期待できる!

高い位置に足を置くとむくみ解消の効果が期待できる!

足枕は女性が使用する印象が強いかと思いますが、足の疲れが蓄積されている男性の方にも特に使用してもらいたいアイテムです!

足枕を使用した翌朝の疲れの回復具合は、何も使用せずに睡眠をとったときと大きく異なると感じる男性の方も多数いますので、立ちっぱなしの作業や営業活動をしている方などは試してみる価値があるかと思います。

足を高いところに置くことによって、下半身にたまった老廃物を重力の力で上半身へと流します。

これによって溜まった老廃物が徐々に足から離れていくことでむくみが解消されていきます。もちろん女性に限らず男性もその効果を実感できるかもしれませんので、足に疲れが溜まったと感じる方はぜひ一度試してみると良いでしょう。

足枕の使用によって深い睡眠がとりやすくなる

足を少し高くすると血液循環が促進される!

足を少し高くすると血液循環が促進される!

足に疲れが蓄積された状態だと、リラックスすることが困難となり、眠りも自然と浅くなってしまいます。

疲れているのに、ぐっすり眠れない経験は誰もが経験したことがあるかと思いますが、このような浅い眠りの状態が継続すると足の疲労回復以外にも全身の疲れを解消できなくなります。

このような悪循環を断ち切る目的で利用すると、足はリラックスするようになり、良質な睡眠がとれるようになるのです!

足枕で足を少し高くすることで2.の血液が循環しやすい状態を作ることが出来るようになります。
立った状態のとき、ふくらはぎが心臓に血液を戻す役割を果たしていますが、疲れている状態ではふくらはぎが十分な働きをすることができなくなります。
足の疲れがたまってしまい血液の循環が悪くなっているときに足枕で足を高くしてあげると重力に従って血液は心臓に戻りやすくなり、足の疲労回復効果を得ることができるようになります。

足枕のベストな高さは20センチメートル

適切な高さにすれば優れたリラックス効果を得ることができる!

適切な高さにすれば優れたリラックス効果を得ることができる!

足枕の優れた効果を発揮させるには、高さに重きを置く必要があります。

足枕の高さをおよそ15〜20センチメートル程度にすると、良質な睡眠を得ることが可能です。

足元を少し高くすることにより、上半身へ血流を戻す作用が向上し、全身の血流循環も改善されて優れたリラックス効果を期待することができるのです。

15センチから20センチ程度の高さであれば、睡眠中の寝返りで自然と足枕から離れるので、逆に足元に血液が行かなくなる、という心配もありません。

身近なもので“簡単”足枕を作って、深い眠りを得てくださいね。

まとめ

いかがでしょうか?

今回は深い眠りに繋がる?!足枕の主なメリットや効果的な活用方法をご紹介しました。

足枕の使用だけでなく、ストレッチやゆったりお風呂に入るなどの習慣を併せて行うのもおすすめですので参考にしてくださいね。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

寝る前に考え事をするのはNG!質の良い睡眠を素早くとる3つの方法

睡眠は身体が休みをとるためのものですので、体が睡眠モードに切り替わることが重要となります。質の良い睡眠をとる…

良い睡眠をとるために心がけなければいけない食事内容について

人間の三大欲求は食欲と睡眠欲、性欲とされており、その欲求の中でも睡眠欲と食欲には密接な関係性があります。

暑い季節の寝具はどうすればいいの?夏にむけて揃えておきたいオススメ寝具

夏は暑くてすぐに寝れないということが多いですよね。かといってエアコンをつけたまま寝てしまうと翌日かぜをひいて…

ぐっすり眠れない!夜中に途中で目が覚める原因は睡眠時無呼吸障害かも?早めの対処を

ぐっすりと寝静まった頃、突然の咳。ゴホゴホという咳のせいで家族の目が覚めてしまった経験はないでしょうか。もし…

良質な睡眠を行うために必要な寝具の条件や音楽のヒーリング・ミュージックによる効果

ストレス社会の現代では過度なストレスや肥満が原因となる睡眠時無呼吸症候群などによって、睡眠不足の状態になる方…

忙しい現代人必見!時間が無い時に実践したい短時間睡眠法

ある調査によると20代〜30代女性の睡眠不足が年々増加している傾向が見られています。忙しい現代人の方に向けて…

眠りたいのに眠れない…。概日リズム睡眠障害のひとつ“睡眠相後退症候群”の原因&対策と…

眠りたいのに眠れない……。 やっと眠気が襲ってきたと思ったらもう真夜中…。 睡眠時間帯が後ろにずれ、遅い時間…

不眠症の知識は時代とともに変化します!あなたの知識は大丈夫ですか!?

不眠症でも眠れない時には、布団の中でじっとしていればそのうち眠くなる、昔の人はそう言いました。問題は、その布…

池袋駅周辺にある睡眠障害の専門的な診療ができる病院をご紹介!

近年では深刻な問題になっている日本人の睡眠不足。 寝ているのに目覚めが良くない、最近あまり眠れないなどと感…

睡眠不足が原因で発生!神経伝達物質のアセチルコリンの生理作用や関連疾患、解消法

睡眠不足が挨拶のように色んな場所で飛び交っている現代社会ですが、日本人のうち5人に1人が睡眠不足の状態となる…

睡眠はうつ伏せで寝るのはNG?睡眠の質が悪い主な原因や正しい姿勢とは

心身の健康のために重要な睡眠は、体調が優れないときや何かに悩まされているときも、そのほとんどは改善することが…

低反発マットレスには3つのメリットがある!睡眠を改善するベッドとマットレスの選び方と…

私達人間が健康的な生活を行う上で最も重要なのが睡眠です。 その睡眠が疎かになるとあらゆるトラブルを招く原因…

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

管理人おすすめ!一緒に朝を迎えたくなるベッドたち!