良質な睡眠にはラベンダーの香りが◎

アロマのネロリには女性ホルモンにも影響する作用がある!

アロマのネロリには女性ホルモンにも影響する作用がある!

不眠効果のあるアロマの代表としてはラベンダーが挙げられます。

このラベンダーには自律神経のバランスを調整する作用があり、心身ともにリラックスすることができるのです。優しい香りでストレスから解消してくれ、心身ともにリラックス状態にしてくれます。

また、青リンゴのような甘酸っぱい香りが魅力的なカモミールにもストレスや不安を解消する効果がありますので、安眠作用の優れたアロマとして利用されています。

ラベンダーには鎮静作用があり、ストレスでこわばった心身をリラックスさせ、不安や緊張、イライラなどを和らげてくれます。緊張からくる偏頭痛や高血圧にも効果があるといわれています。

心地良い睡眠のためにゼラニウムの香りもおすすめ

ゼラニウムの香りには優れたリラックス作用あり!

ゼラニウムの香りには優れたリラックス作用あり!

バラのような甘い香りがステキなゼラニウムも心地良い睡眠のためにおすすめの香りとなります。
どちらかと言うと女性向きの香りとなり、不安やうつ状態を鎮静化して、心のバランスをうまく取ることができるのです。

睡眠改善の他には、月経を整えてくれるという嬉しい効能もあります。女性にとって大きな悩みとなる月経と睡眠の2つを同時に解決してくれる力強い味方となってくれます。

副腎や視床下部に働きかけ、自律神経のバランスを調整する効果により、ストレス性の不調に効果的です。

情緒不安定や更年期障害などに効果が期待できます。

アロマは就寝30~60分前に吸入を開始する

アロマによる治療は治療ガイドラインに基づいたものではない!

アロマによる治療は治療ガイドラインに基づいたものではない!

睡眠を改善するためには、就寝30~60分前に鎮静系のアロマを吸入するようにしましょう。
不眠症の場合は中途覚醒タイプと入眠障害タイプの2つがありますから、入眠障害タイプの場合は鎮静系のアロマを活用するようにしてください。

中途覚醒タイプの場合は自律神経作用の強いアロマの使用が理想的です!

アロマ使用の注意点
アロマによる治療は、まだまだ研究や報告が少なく、しっかりとしたデータに基づいた治療ガイドラインというものはありません。
そのため、「睡眠にはこのアロマが良いよ」「こういった使い方が良いよ」というのは、まだまだ統一されておらず、様々な専門家が異なる使用法を推奨していたりします。

いかがでしょうか?

今回は心地良い眠りへと誘う!睡眠改善に効果的なアロマの種類や使用方法をご紹介しました。

ラベンダーやカモミール、ゼラニウムなど、さまざまな香りで効果が期待できます。匂いの好みには個人差がありますので、色々なものを試して最適なものを探してみてください。

この記事で紹介した使い方を参考にして、睡眠の質を向上させるように心掛けてくださいね。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

ゆっくり寝たいのに眠れない!熟睡の妨げになる食事とは?

良質な睡眠を妨げる主な原因としては、就寝前のスマホやテレビ、パソコンの使用などが上げられますが、普段の食習慣…

アロマの香りが苦手な方にもオススメ!柑橘系で甘く癒されてみませんか?

アロマは安眠に効果的ですが、花の香りが苦手という方も多いですよね。そこで今回はオレンジ・スイートのアロマをご…

夜更かしが不眠の原因?夜更かしを改善する方法を学んで睡眠を改善!

良質な睡眠をとるためには、就寝前の時間の過ごし方が重要となりますが、知らないうちにやっている習慣によって、睡…

朝起きたら目元が二重に!?夜用アイプチが最近人気の理由は?

眠っている間にクセづけして、朝起きたらぱっちり二重がお目見え♪夜にも使えるアイプチが人気なんです。今回は夜用…

食事内容を見直そう!リラックスして眠るには乳製品がオススメです

世の中には良質な睡眠と相性の良い食品が存在します。ハーブティーやホットミルクなどは眠りを誘うと伝えられていま…

睡眠の質を上げたい!それなら照明を白熱灯に変えてみよう

光は人間の体に大きく作用します。それに伴い、寝室の明かりを白熱灯に変えることで、睡眠を改善することができます…

質の悪い睡眠が原因?記憶力の低下を招く悪習慣とは

睡眠は人間の健康状態を保つために必要なものとなるため、質が悪くなるとあらゆるトラブルの原因に繋がります。睡眠…

睡眠リズムが故障してしまった睡眠障害 不規則型睡眠覚醒パターンの特徴

不規則型睡眠覚醒パターンは一定の睡眠リズムを保てず、不規則に眠ってしまう睡眠障害です。社会生活への影響も大き…

まだ諦めないで!ノルアドレナリンを上手くコントロールすればうつ病は改善される

神経伝達物質であるノルアドレナリン、これはストレスを受け続けると起こるうつ病を始め、睡眠とも大きな関係がある…

アインシュタインもロングスリーパー!睡眠の長さで思考も行動も変わり天才になる!?

平均睡眠時間9時間以上のロングスリーパー。1日の3分の1以上を睡眠にあてるロングスリーパーの特徴とは?

夜中にならないと寝れない?睡眠リズムが後ろにズレてしまう睡眠相後退症候群とは?

睡眠相後退症候群は睡眠リズムが後ろにずれ、朝起きられなくなってしまう睡眠障害です。深刻な問題を引き起こしかね…

万能ツボと呼ばれる百会(ひゃくえ)で睡眠不足を解消しよう

日本人の5人に1人が睡眠不足とされている現代社会。寝不足に悩まされている方は多数存在しますが、改善するために…




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

売れている人気なマットレスってどれ?