国内のうち5人に1人が睡眠トラブルを抱えているとされています。

その形態もあらゆるものがあり、スムーズな眠りにつけないという方もいれば、睡眠時間はしっかりとっているのに、熟睡感が得られないという方もいます。

こちらではそのツライ寝不足が起こる原因や症状、効果的な対処法をご紹介しますので、参考にしていただければ幸いです!

緊張状態でも睡眠不足を招く原因に繋がる

ストレスも睡眠不足を招く原因となる!

ストレスも睡眠不足を招く原因となる!

仕事内容によって神経の興奮状態が継続し、睡眠不足を招くことがあります。

「明日大事なプレゼンがあるから一生懸命頑張ろう!」「このアイデアをライバルに負けないように直ぐ実践したい」など、精神的な高ぶりが起こるとスムーズな眠りが難しい状況になるのです。

ストレス:同じ緊張状態でも、精神的に負担になっている場合はストレスが原因になります。「あのクレーム対応明日までに回答しないと…。」とか「最近、あの子と気まずくて話せないな…。」などストレスに感じることは人それぞれです。

睡眠不足が継続すると肌トラブルなどの悪影響が発生する

最悪の場合はパニック障害の原因に繋がることも・・・。

最悪の場合はパニック障害の原因に繋がることも・・・。

睡眠不足や夜更かしなどが習慣化すると、肌コンディションに大きな支障を来たします。

これは寝不足が継続すると成長ホルモンの分泌が著しく低下するためで、ニキビや毛穴の開きなど、さまざまな肌悩みの原因に繋がるのです!

また、感情のコントロール能力も低下してしまい、ストレス過多の状態になりやすい状態になりますので、十分な注意が必要です。

ストレス状態が続くと、うつ病やパニック障害が引き起こされることもあります。

他にも、免疫力が低下するため風邪をひきやすくなる、高血圧や肥満につながるなどのデメリットがあります。心臓病や脳卒中、不整脈などの病気に掛かる可能性も高まるなど、睡眠不足が心身に及ぼす影響は深刻なものです。

睡眠不足の改善には仮眠が最も効果的

毎日同じ時間に起きるのも寝不足の解消に◎

毎日同じ時間に起きるのも寝不足の解消に◎

睡眠不足を改善するためには仮眠が最も効果的です!

ちょっとした時間を設けて居眠りや昼寝などをすると、寝不足を解消することができます。

短時間睡眠者として有名なナポレオンも、不足した睡眠時間を仮眠でカバーしていたと伝えられていますから、昼寝や居眠りを行う時間を見つけるようにしてくださいね。

睡眠不足を解消したいと思うなら、生活習慣において次のことを試してみて下さい。
★時刻を決め毎日同じ時間に起床する。
★起床時に満足感が得られる程度の自分にとっての必要睡眠時間を見つけ、逆算でおおよその寝る時間を決める。
★朝~日中に充分太陽光を浴びる。
★適度な運動を毎日継続する。
★夕方以降コーヒーやタバコを控える。
★寝る直前まで仕事や勉強をしない。
★寝るためのお酒はやめる。
★無理に布団に入って眠ろうとしない。
★眠れないからと時計を気にしすぎない。
★布団に入ってからは余計な事を考えない。
★12時~15時の間に30分程の昼寝をする。
★熱い風呂に入るなら寝る2時間以上前とする。

少し目を閉じているだけでもOK

いかがでしょうか?

今回はツライ寝不足が起きる原因とは一体何?起こる症状や効果的な対処法まとめについてご紹介しました。

昼寝時間を見つけられなくても、しばらく目を閉じるだけで寝不足の解消効果が期待できますので是非試すようにしてくださいね。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

夜になると足がむず痒くて眠れない!それはむずむず脚症候群という睡眠障害?原因を探る

夜になると足がムズムズして気持ちが悪い、それが気になって眠れない。なんだか嫌になってしまいます。それはもしか…

照明の色は3種類!睡眠時のリラックスに効果的なのは何色?

照明の役割は空間を明るく演出するだけと捉えていませんか?実は活用方法によって仕事の質を向上させたり、心身に対…

次の日の生産性を落としている!?睡眠の質が悪い原因は夜更かし!

今回は質が悪い睡眠の原因となる夜更かしについてまとめていきます。夜更かしをすることで質が悪い睡眠が続きます。…

寝ている間も胃腸が活動してしまう!夜遅くの食事は睡眠にもダイエットにもNGです

夜遅い食事は肥満の原因とよく言われますが、実は睡眠の質にも影響を与えるのです。どうしても遅くなった時はヨーグ…

夜中に目が覚めてしまう?改善して良質な眠りにつきましょう♡

夜中に目が覚めてしまい眠れないのはとても辛いですね。良質な睡眠がとれていないことが原因として考えられます。改…

意外と知らない睡眠の基礎知識!睡眠の種類やステージ4の深い睡眠などノンレム睡眠の段階…

日中はたくさん体力を使ったから、夜の就寝時には良質な睡眠をとりたい!という願いは誰もが抱くものではないでしょ…

心だけじゃない!?不眠の原因は身体的ストレスの可能性も!

一般的に睡眠障害というと精神的なストレスが原因と言われます。しかし心だけではなく、身体の状態も睡眠に大きな影…

睡眠妨害だけではない!夜更かしがもたらす危険性

夜更かしが習慣づいてしまうと、なかなか元に戻すのは難しいです。ですが、夜更かしに慣れてしまうと健康面でも悪影…

不眠症の知識は時代とともに変化します!あなたの知識は大丈夫ですか!?

不眠症でも眠れない時には、布団の中でじっとしていればそのうち眠くなる、昔の人はそう言いました。問題は、その布…

 夜中に何回も起きと日中は眠気との戦いですよね!その原因(ストレス)と対処法とは?

夜中に何回も起きてしまうと睡眠時間が削られ生活の質が悪化します。環境やストレスが原因のこともありますが、他の…

“睡眠不足”と“不眠症”は違う!寝つきが悪い・夜中に何回も起きるあなたは要注意。

「最近寝不足だなぁ…」そう感じたとき、“睡眠不足”・“不眠症”どちらの言葉が浮かびますか? 実は、この二つの…

睡眠改善のポイントは照明の光にあった!快適睡眠へといざなう色はオレンジ色

よく眠れないという人の中には、寝室の灯りが適切でない人が少なくありません。実は眠る際には灯りも非常に重要なポ…

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

管理人おすすめ!一緒に朝を迎えたくなるベッドたち!