ニコチンの摂取方法といえば喫煙ですよね。
実は喫煙者の方は慢性的な不眠症で悩まされている方が多いんです。
それはなぜなのでしょうか?

睡眠の質が低下する

気づかないうちに睡眠障害に

気づかないうちに睡眠障害に

喫煙者は長い時間眠れていたとしても、寝ている間の睡眠の質は、非喫煙者に比べて下がってしまいます。十分な睡眠時間を確保しているからと安心してしまう方が多いため、睡眠障害に陥っていることに気づかない場合があります。

不眠症は4~5倍!

熟睡できない

熟睡できない

非喫煙者に比べて不眠症になるリスクが4~5倍になるといわれています。
これは、浅い眠りの“レム睡眠”が長くなり、しっかりと睡眠時間を取れていても結果的には熟睡できていない状態に陥ってしまうんです。

なぜ不眠症になるリスクが高くなるの?

心を落ち着かせる効果がある?

心を落ち着かせる効果がある?

タバコを吸うとリラックス効果を得ることができます。
タバコに含まれるニコチンは、鎮静作用やリラクゼーション効果があるんですね。
なので、寝る前や朝起きた時に一服をする方が多いんです。
ですがこのニコチンが熟睡の妨げになってしまっています。

タバコがもたらす睡眠の妨げ

激しい運動と同じ効果がある

激しい運動と同じ効果がある

タバコを吸うことで血管の収縮、血圧の上昇、心拍数の上昇などが起きてしまいます。
これは、激しい運動をした時と同じような効果で、体も頭もびっくりして起きてしまうんです。
リラックスするかと思いきや、実は体内では全く逆の効果が現れているんですね。

疲れが取れにくい

次の日にも疲れが残ってしまう

次の日にも疲れが残ってしまう

その状態で寝てしまうと、たとえ眠りにつけたとしても、しっかりとした睡眠を取ることはできません。
更にタバコを吸う時は一酸化炭素を摂取しますので、ビタミンCを奪い、新陳代謝も悪くなってしまいます。栄養や体力がなくなり、疲れも取れにくくなり、まさに悪循環をもたらすのです。

まとめ

一番の解決策は本数を減らすこと。
特に寝る前の喫煙は睡眠に大きく影響しますので控えるようにしましょう。
そして最終的に禁煙が成功すれば、不眠に悩まされることもなくなります。
簡単なことではありませんが、できる努力をしてみましょう!

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

依存がもたらす睡眠障害!習慣を見直してみませんか?

不眠の原因は様々ですが、普段飲んでいるものや、薬が原因で不眠症になってしまう場合もあります。あなたの習慣は大…

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

安眠効果のある食べ物特集

どうせ食べるなら良い眠りにつながる食事を採りましょう!