眠いと思ったのにいざ布団に入るとなかなか寝付けない。そもそも眠くならない。
そんな時はどうしても暇な状態になってしまいますよね。
ですが、暇だからと言って睡眠を遠ざける行動をしてしまい、それが習慣づいてしまうのが一番良くありません。
今回は、そんな時にNGとされる悪習慣をご紹介します!

携帯を開く

携帯は開かないこと

携帯は開かないこと

布団に入っても寝付けない時、ついつい眠くなるまで暇を潰そうと携帯を見ていませんか?
これはブルーライトによって目と脳が刺激されてしまいますので、眠るどころかどんどん目が覚めてきてしまいます。携帯の場合は目との距離も近いため、ブルーライトの光も強く浴びてしまい、目にも悪影響を及ぼしますので絶対にやめましょう。

TVを観る

ブルーライトは浴びない

ブルーライトは浴びない

これも携帯と同様、ブルーライトで目が覚めてしまうためNGです。
携帯ほど距離は近くありませんが、たとえ離れていてもブルーライトは睡眠の妨げになってしまいます。

考え事をする

頭を使う

頭を使う

布団の中で、今日の振り返りや明日の予定などの考え事はNGです。
頭を使いますので、ちょっとずつ眠りに近づいていた脳がフル回転し、目は眠くても脳が起きている状態となってしまいます。

嫌なことを思い出す

ネガティブ思考になる

ネガティブ思考になる

良いことはもちろん頭に残っていますが、嫌なことは頭に残りやすいといわれています。
これはしばらく経ってもなかなか頭から離れないため、精神的なストレスにもなってしまうんです。特に睡眠をとる夜の時間帯は不安に襲われやすい時間帯ですから、たとえ眠れたとしても眠りが浅くなってしまう可能性があります。

眠れなかったら別の方法を試そう!

睡眠に良いとされる行動

睡眠に良いとされる行動

どうしても眠れないと思ったら、まずは一度布団から出ましょう。
そして、眠りを誘うアロマや温かいココアなどを飲み、心を落ち着けることが大切です。

まとめ

夜は昼に比べて気分が落ちやすくなりますので、そのせいで眠りにつけないことも多々あるかと思います。
ですが、無理やり眠りにつこうとせず、安心感を与えて眠りにつくことを習慣づけると、眠りに入りやすくなります。自分が一番眠れる方法を模索してみてくださいね。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

インフルエンザのワクチンが効かなくなる?寝不足により影響がでる身体のこと

十分な睡眠時間をとれないと、色々な病気を併発させる危険があります。特に高血圧の人は生活習慣病になりやすかった…

病院での診断前に確認!不眠症や睡眠障害など眠れない症状で異なるセルフチェック

十分な睡眠時間がとれていないのにスムーズに寝付くことができない、以前より眠りにつくのに時間がかかるようになっ…

仮眠をとるのが最も効果的?辛い睡眠トラブルは細切れ睡眠で乗り越える

ツライ寝不足の状態が継続したり、夜更かしが習慣化していると、判断力や集中力低下の原因に繋がります。ちょっとし…

“睡眠不足”と“不眠症”は違う!寝つきが悪い・夜中に何回も起きるあなたは要注意。

「最近寝不足だなぁ…」そう感じたとき、“睡眠不足”・“不眠症”どちらの言葉が浮かびますか? 実は、この二つの…

睡眠の質を良くしよう!睡眠の質が悪い主な原因やうつ伏せで寝るメリット・デメリット

毎日の疲れをリフレッシュするために重要な役割を果たす睡眠の時間ですが、その寝方には個人差がありますよね? …

睡眠負債は休日に返しましょう!睡眠不足の改善のための上手な寝方のポイントまとめ

睡眠改善するならコレ!本来なら寝ている時間に眠っていない時間を睡眠負債と呼びます。この睡眠負債を休日に返上す…

睡眠障害の症状で異なる!睡眠の種類やステージ1のごく浅いノンレム睡眠

不眠とひと言で呼んでも症状には個人差が見られます。今回は不眠の代表的な睡眠障害の症状で異なる、睡眠の種類やス…

「一睡もできなかった」そんな翌朝を乗り切る4つの方法

仕事や勉強などで夜更かし・徹夜した日の翌朝。「疲れたから」なんて休むわけにいかないときは、こうして乗り切りま…

エアコンが原因で睡眠不足!?寝苦しい夏の夜はエアコンの使い方に注意しよう!

真夏の熱帯夜ほど寝苦しいものはありません。 熱くてなかなか寝付けず、夏は睡眠不足の日々…なんて方も多いのでは…

【熟眠障害】朝『眠った気がしない』と感じるあなたは、もしかしてうつ病の初期症状かも?

「昨夜の睡眠時間は8時間」と充分寝たのに眠った気がしない「熟眠障害」「熟睡感欠如」は、睡眠障害の一種です。

睡眠不足がもたらす影響は何?池袋周辺のおすすめ睡眠クリニックをご紹介

私達が毎日健康で活発に生活するためには平均8時間の睡眠が必要とされていますが、日本人の睡眠時間は50年前と比…

カモミールは子どもにも使える安眠薬!ストレス過多の時代を乗り切るアロマ活用法

ストレスが蓄積されると眠るのが困難になったり、良質な睡眠をとるのが難しい状態になります。 そんなときにはア…

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

売れている人気なマットレスってどれ?