むずむず脚症候群とは

脚にむずむずとした不快感を覚え、脚を異様に動かしたくなる症状のことです。
脚の表面ではなく内部に現れるもので、火照る、虫が這う、しびれるといった感覚になります。
脚を動かしていない時間や、じっとしている時に起こることが多く、特に夕方~夜にかけて症状も現れやすくなるんです。

寝ている時に起こる症状

痙攣する

痙攣する

むずむず脚症候群は就寝時にぴくぴくと周期性四肢運動を伴うことが多くなります。
これにより、睡眠が妨げされその結果睡眠障害を引き起こしてしまうのです。

周期性四肢運動って何?

なかなか熟睡できない...

なかなか熟睡できない...

寝ている間、手足が瞬間的に痙攣を起こしてしまうものです。
眠りの浅いノンレム睡眠時に起こりやすいと言われています。
周期性四肢運動の瞬間的な痙攣により目が覚め、熟睡感を得られなくなりますが、目が覚めない場合もあります。この状態は、睡眠の質が低下していることに気づいていないケースが多いんです。

むずむず脚症候群になる原因

まず考えられるのは、
1,遺伝
2,鉄分の不足
3,ドパミン神経系の障害

の3つです。
その他に、慢性腎不全やパーキンソン病、、抗精神病薬によって引き起こす場合もあります。
筋肉ではなく、神経によって起こるという説もあるようです。

治療法はあるの?

対策をすれば症状が軽くなることもありますが、放っておくと症状が悪化してしまうことに。
鉄分不足、慢性腎不全、パーキンソン病の治療を行うことで、症状が軽くなる場合があります。

寝ている時に脚に不快感があると、ストレスも溜まりますし、睡眠障害を更に悪化させる原因になります。日常生活にも支障をきたす恐れも十分にありますので、少しでも違和感があればしっかりと対策しましょう。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

明け方に目が覚めてつらい・・・早朝覚醒はしっかり治療しましょう

早朝覚醒という睡眠障害は朝早く目が覚めてしまうことが頻繁に続きます。うつ病などの疾患の原因にもなりかねません…

反復性過眠症って何!? 眠りすぎる睡眠障害の症状と治療を考えてみる!

反復性過眠症は18時間〜20時間眠り続けてしまう病気です。原因などは不明ですが医師に相談することが不可欠。お…

睡眠中に呼吸が止まる⁉︎睡眠時無呼吸症候群を予防することが健康につながる

睡眠中に呼吸が止まってしまうのは、聞いただけでも恐ろしいですよね。しかし、予防することも可能ですので、日頃の…

もっと眠っていたい!でも朝早く目が覚めてしまう原因や対処法のチェックポイントとは?

朝早く目が覚めてしまい眠れないことがありますか?続くようなら睡眠障害が疑われます。生活を見直して睡眠を改善し…

昼夜逆転に潜む恐ろしい睡眠障害の罠!生活改善のポイントは太陽にあり?

お昼までゆっくりと眠って、明け方まで起きている昼夜逆転生活。太陽を避けた生活です。これは、睡眠障害ともいえま…

夜中にならないと寝れない?睡眠リズムが後ろにズレてしまう睡眠相後退症候群とは?

睡眠相後退症候群は睡眠リズムが後ろにずれ、朝起きられなくなってしまう睡眠障害です。深刻な問題を引き起こしかね…

眠りたいのに眠れない…。概日リズム睡眠障害のひとつ“睡眠相後退症候群”の原因&対策と…

眠りたいのに眠れない……。 やっと眠気が襲ってきたと思ったらもう真夜中…。 睡眠時間帯が後ろにずれ、遅い時間…

睡眠リズムが故障してしまった睡眠障害 不規則型睡眠覚醒パターンの特徴

不規則型睡眠覚醒パターンは一定の睡眠リズムを保てず、不規則に眠ってしまう睡眠障害です。社会生活への影響も大き…

重度の不眠症は“睡眠障害”を引き起こす。睡眠障害の種類のひとつ、“むずむず脚症候群”…

日本人の0.5~数%が悩まされている睡眠障害の種類“むずむず脚症候群”とは、一体どんな病気なのでしょうか?

睡眠障害の症状で異なる!睡眠の種類やステージ1のごく浅いノンレム睡眠

不眠とひと言で呼んでも症状には個人差が見られます。今回は不眠の代表的な睡眠障害の症状で異なる、睡眠の種類やス…

もしかして睡眠障害?眠れない、寝つきが悪い それは「入眠困難」の症状かも

入眠困難という睡眠障害があります。寝つきが悪く大変な苦痛を感じている状態です。心当たりがある方は生活習慣の改…

ひょっとしたらナルコレプシー?日中の強い眠気は治療で改善!

ナルコレプシーは過眠症の一種で睡眠発作と呼ばれる耐えられない眠気に襲われて日中に何度も眠ってしまいます。治療…




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

安眠効果のある食べ物特集

どうせ食べるなら良い眠りにつながる食事を採りましょう!