皆さん、睡眠時随伴症(すいみんじずいはんしょう)というのをご存知ですか?睡眠障害といえば、不眠症や寝付きの悪さ、中途覚醒や早朝覚醒などがありますが、この睡眠時随伴症は非常に危ないものなんです。

睡眠時随伴症って何?

異常行動を起こす

異常行動を起こす

睡眠中に異常行動をしてしまう現象のことで、睡眠覚醒障害のうちの一つです。
年齢によって出る症状も様々で、幼少期に現れることが多いと言われています。

どんな症状があるのか

幼少期、小児期

幼少期、小児期

睡眠時遊行症、睡眠時驚愕症、悪夢などが幼少期、小児期に現れやすい症状です。
睡眠時遊行症:所謂夢遊病と呼ばれてるもので、寝ている間に身体を起こして行った動作を何一つ覚えていないこと。
睡眠時驚愕症:寝ている間に何かの恐怖を感じ、突然目を覚ましてしまう症状のこと。
悪夢:その名の通り、嫌な夢を見たり、悲惨な光景を見る夢を見てしまうこと。

高齢の場合に起こる症状もある

寝ながらの異常行動

寝ながらの異常行動

レム睡眠行動障害というものがあります。
これは、レム睡眠中に体の動きを制御する働きが失われ、大声を出したり手足を大きく動かしてしまうといった症状がみられます。

なぜ睡眠時随伴症になってしまうの?

影響を受けやすい

影響を受けやすい

幼少期や小児期は、見たものや聞いたものに影響されやすい年でもありますので、珍しいことではないんです。大きくなるにつれて自然と治るものなので、特に心配する必要はありません。高齢期に起こるレム睡眠行動障害は、脳の制御がきかないことで起こるものなので、脳に何らかの障害が起きている可能性があります。

治療法は?

薬を用いる

薬を用いる

睡眠時遊行症、睡眠時驚愕症がいつまでも治らない場合、精神安定剤を処方されるケースもあります。主に精神面が不安定であったり、何かショックな出来事があった時に起こる症状でもありますので、薬での治療がほとんどです。

寝ている間のことですので、本人は全く自覚がないことが非常に怖いですよね。
一人で寝ている場合は特に注意が必要です。
寝ている間に何か苦しいと感じたり、悪夢を見ている状態が何日も続いてしまう場合は、すぐ病院で診てもらいましょう。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

睡眠中に呼吸が止まる⁉︎睡眠時無呼吸症候群を予防することが健康につながる

睡眠中に呼吸が止まってしまうのは、聞いただけでも恐ろしいですよね。しかし、予防することも可能ですので、日頃の…

50代以降の男性の0.5%!夜中突然叫んだり暴れたりするレム睡眠行動障害の治療とは

眠りの浅いレム睡眠時、夢で見たままに暴れたり叫んだりする「レム睡眠行動障害」は、精神疾患ではありません。

睡眠障害の種類は眠れないだけじゃなかった!?ナルコレプシーと言う過眠症の謎

休みの日はいつも以上に長く寝てしまったり、前の日に良く寝たのにも関わらず「まだまだ寝られるな」なんて思う時は…

寝れないだけじゃない!寝すぎも睡眠障害の一つって本当?

皆さん、寝すぎて眠いという感覚になったことはありませんか?実はそれ、睡眠障害の一種なんです。今回は過眠症につ…

脚の不快感!知っておきたい“むずむず脚症候群”と”周期性四肢運動”の関係性

睡眠障害はただ眠れないことだけではありません。その中の一つ、今回はむずむず脚症候群についてご説明します。また…

甘く見たらダメ!睡眠障害ってどんな症状がでるの?

睡眠障害って、要するに不眠症のことでしょ?と甘く見てはいけません!睡眠障害って本当に怖い病気なんです。

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

売れている人気なマットレスってどれ?