皆さんは生活リズムの変化によって体調を崩したことはありませんか?
いつも一定のリズムならば負担はかかりませんが、少しでも変化があると体は敏感に反応してしまうんです。

夜更かしをしてしまう

夜遅くまで起きていませんか?

夜遅くまで起きていませんか?

定期的に夜更かしをしてしまったり、そのせいでお昼まで寝てしまったり。
でも次の日は朝早く起きなければいけないなど、寝ている時間と起きている時間がバラバラになってしまうと、気づかないうちに身体がストレスを感じてしまいます。
それによって“眠くなってほしい時間帯に眠くならない”という現象が起き、これが当たり前になってしまうと睡眠障害に繋がるのです。

職場や仕事内容が変わる

慣れない仕事は負担に...

慣れない仕事は負担に...

社会人ならば身近な問題ですね。職場や仕事内容が変わることで、いつもとリズムが崩れてしまうのは当然です。更に慣れない業務にストレスも感じてしまい、いつもより身体が疲れることもあります。職場が変われば起きる時間も寝る時間も今までと変わりますし、大きなストレスを抱えている自覚がなくても睡眠障害に陥ってしまうのです。

引越しをする

環境が変わる

環境が変わる

環境が変わることも一つの要因です。
家が変わると空気や雰囲気も別物になるため、身体がそれに適応しようといつも以上にエネルギーを使います。エネルギーを使うと身体が疲れやすくなりますので、負担も大きくなりますよね。適応するまでの間、不眠に悩まされることも珍しいことではありません。

出張が多い

決まった環境で仕事ができない

決まった環境で仕事ができない

常に同じ環境で仕事ができないというのは、自分が思っている以上に疲れます。
毎日同じリズムで仕事ができないため、その変化に対応しようと身体が無理をしてしまうことも。出張が多い人は、寝たいと思った時にちゃんと睡眠をとれないケースも多いんです。

恋人と別れる

“当たり前”がなくなる

“当たり前”がなくなる

少なからず、恋人がいる方は少しでも相手との時間を取ることが習慣づいていたのではないでしょうか。回数が多くなくても、日々の中で定期的に行われていたことが急になくなってしまうと戸惑いますよね。こういったことでも睡眠障害を引き起こしてしまうんです。

最近なぜか疲れている。ちゃんと眠れない。そんな方は、自分の生活環境や生活リズムが変化していないかを振り返ってみてください。そんなことで睡眠障害になるの?と思われるかもしれませんが、身体は相当負担に感じているはず。無理をせず、しっかりと休むようにしましょう。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

無理してない?身体に合わない生活リズムで不眠症に

毎日が忙しい。海外出張が多い。そんな生活リズムを繰り返している方は、不眠で悩まれている場合が多いんです。今回…

不眠にも“生理学的原因”があった!?生活環境が原因で睡眠障害を引き起こす可能性も!

現代人に最も多い“生理学的原因”の睡眠障害。生活環境の変化によって起こる不眠は、いろいろな生活リズムの変化の…

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

売れている人気なマットレスってどれ?