近年、精神疾患で病院を訪れる方も増えてきましたよね。
その中でも特に多いのが抑うつです。抑うつは睡眠障害の一つとも言われており、睡眠の質がはるかに下がってしまいます。

抑うつとは?

ストレスが原因

ストレスが原因

抑うつとは、ストレスなどの精神的負担や、身体的な負担などが原因で気分が落ち込み、身体のあちこちに不調があらわれる状態を指します。
日本人の4人に1人はこの抑うつを経験すると言われているんです。
ちなみにうつ状態と抑うつは似ているようでちょっと違うので、間違えないようにしましょう。

うつ状態と抑うつ状態は何が違うの?

イライラ、不安

イライラ、不安

イライラが続いたり、気持ちが不安定になるとうつ状態になりますが、この症状がずっと続き、日常生活に支障をきたすとそれは抑うつ状態となります。
主にストレスが原因と言われています。

抑うつから睡眠障害になる

不眠症になる

不眠症になる

睡眠障害とは何らかの原因があることでなるものですが、この場合はストレスを感じることで精神状態が不安定になり、その結果不眠症になってしまうケースが多いです。寝つきが悪い、中途覚醒などもその症状の一つですね。

周りを気にしすぎないこと

自分を強くもつこと

自分を強くもつこと

周りの評価や、人の顔色を伺ってしまう人は抑うつになりやすいです。
心に与える影響も他の人より大きいのが原因なんですね。
ちょっとでも自分が思っていたものと違う反応が返ってくると、それだけで心に大きなストレスを抱えてしまいます。
周りをなるべく気にしないように努めるのが、一番の解決策といえます。

あなたは大丈夫?簡単にチェックしてみましょう!

あなたはいくつ当てはまる?

あなたはいくつ当てはまる?

1,体がだるくて疲れやすい
2,朝は無気力になる
3,朝早く目覚めてしまう
4,息がつまって胸が苦しくなる
5,食事が進まない
6,仕事熱心だ
7,騒音が気になる
8,何をするにも気が進まない
9,人に意見するのが苦手
10,人生がつまらない

4つほど当てはまる方は抑うつになりやすいかもしれません。
普段からストレスを溜めないように、気が晴れることを探しておきましょう。

一度抑うつになってしまうと、なかなかそこから抜け出せなくなったり、今まで気にしてなかったことまで気になってしまうことがあります。
最近あぶないかも…と思ったら、無理せずにストレスを感じる物事から思い切って一線を置くことも大切です。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

あなたが眠れない理由。もしかすると精神的な問題かも?

なぜ眠れないのか分からないという方は、目に見えないものが原因かもしれません。 睡眠に悪影響を及ぼす、精神的原…

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

売れている人気なマットレスってどれ?