睡眠中に分泌されるホルモンは成長ホルモンや性腺刺激ホルモン、甲状腺刺激ホルモンやプロラクチン等、色々ありますが、最も重要な働きをするのは「成長ホルモン」です。

子どもが成長するのに欠かせないのは勿論、大人にも嬉しい効果がたくさんありますよ。

成長ホルモンとは

「寝る子は育つ」メカニズム

「寝る子は育つ」メカニズム

子どもの成長に欠かせないのが「成長ホルモン」。脳の下垂体から分泌され、睡眠中2~3時間おきの深い睡眠、ノンレム睡眠中に最も分泌量が多いホルモンです。

古くから伝わる「寝る子は育つ」ということわざは、現代の科学でも真実だと証明されています。

大人に嬉しい!「成長ホルモン」の働き

ダイエットやお肌のハリにも!

ダイエットやお肌のハリにも!

成長ホルモンは成長だけに関わっていると思うのは大間違い!

成長ホルモンには、カルシウム濃度や血糖値を一定に保つ働きや、細胞分裂を促進させ肌を若返らせる効果。代謝を促進し痩せやすい身体になるダイエット効果もあります。

きちんと睡眠すると翌朝お化粧ののりが違う、というのは成長ホルモンのおかげなのです。

その他の睡眠中分泌されるホルモン

バストアップ効果

バストアップ効果

成長ホルモン以外にも、眠っている間に幾つものホルモンが分泌されます。そのうちの一つ、「プロラクチン」は下垂体前葉から分泌されるホルモンで、女性に嬉しいバストアップや、出産後の母乳をつくる働きに欠かせません。

プロラクチンは概日リズムに強く影響されていて、睡眠中が最も高く分泌されます。

成長ホルモンは、ケガなどで傷ついた場所を修復する働きもあります。また、傷だけでなくだるさ、疲れなどの疲労も回復する働きがあるので、睡眠は身体と心にとって何よりのクスリですね。

睡眠の質と時間を高め、より成長ホルモンが分泌されやすい睡眠環境を整えましょう。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

睡眠効率をあげるために覚えておきたいこと3つ

あなたは毎日ぐっすりと眠れていますか?翌朝スッキリ感を感じますか?もしそうでなければそれは「睡眠効率」が悪い…

睡眠の質が悪いのは激しい運動のせい!?しっかりと熟睡妨害の原因を突き止めよう!

今回は睡眠前の激しい運動が与える影響についてまとめます。もしかしたら睡眠の質が悪いと思われているかたの原因は…

つらい睡眠障害は不安が原因?睡眠を妨げる心理的原因を取り除くには

なかなか眠れない、つらい睡眠障害。 眠ろう眠ろうと思っても、かえって目はさえるばかり。 体の疲れもとれないし…

忙しい現代人必見!時間が無い時に実践したい短時間睡眠法

ある調査によると20代〜30代女性の睡眠不足が年々増加している傾向が見られています。忙しい現代人の方に向けて…

平均睡眠の長さは寿命を変える!?バリュアブルスリーパーは寿命が長い!

日本人に最も多いバリュアブルスリーパー。バリュアブルスリーパーは寿命が長いことをご存知ですか?適切な睡眠時間…

睡眠の質を改善する!寝具やベッドの選び方やSIMMONSメーカーの特徴

1日の生活リズムに大きな影響を与える睡眠。 毎日のコンディションを整えるために、睡眠の質を向上させたいもの…

おやすみ前に食べておきたい食材はバナナ!健康面もしっかりカバー!

健康面でも注目されているバナナは睡眠にも非常に効果的な食べ物!バナナを食べてより質の良い睡眠を手に入れましょ…

22時~2時のゴールデンタイム説は時代遅れ?!本当に大事な睡眠時間とは?

睡眠のゴールデンタイムとされる22時〜2時。実はこの定説は時代遅れ!本当に大事な睡眠時間をまとめました。

症状改善にまずは診察を!大阪の不眠症治療にオススメの病院5選

睡眠に対する悩みの症状は、人それぞれ。だからこそ、自分で抱え込むのではなく専門医の診断を受けたほうが良いとさ…

睡眠が不規則な人にオススメのアンカースリープとは?

仕事などでやむを得ず不規則な睡眠をとっている人は、睡眠を分割してとるアンカースリープで上手に乗り切りましょう…

日中動けてる?パフォーマンス力の低下を促す睡眠の取り方

睡眠不足になると、日中の動きが悪くなってしまいませんか? 睡眠不足が引き起こす問題「パフォーマンス力の低下」…

睡眠時間のゴールデンタイムは定説だと22時~2時って本当なの?

人はゴールデンタイムに睡眠をとると健康に良いorお肌にいい、なんて言われて来ました。しかし、ここに来てこの睡…

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

管理人おすすめ!一緒に朝を迎えたくなるベッドたち!