メラトニンとは?

メラトニンというホルモンをご存知ですか?
これが分泌されると眠くなるのですが、オレンジのような暖色系の色はメラトニンが出やすいのです。
反対に青白い光はメラトニンの分泌を妨げるので、入眠時にはNGです。

メラトニンの分泌を危うくする現代の生活

メラトニンは、21時以降の強い光によっても分泌が危うくなります。
つまり残業をしている会社員は、それだけで分泌が少なくなるのです。
せめて帰宅してからは、なるべく間接照明や暖色照明の中で過ごしましょう。

寝具にオレンジ色を取りいれましょう

メラトニンの分泌を促すオレンジ色を、寝る時に一番先に目に入る寝具に取りいれてみませんか?
その場合脳が活性化しすぎないよう、あまりビビッドなオレンジよりも明度が低いオレンジがよいでしょう。

寝室以外のライトなどにもオレンジ色を

寝具でオレンジ色が見つからなければ、インテリア小物でオレンジを取りいれましょう。
テーブルライトなら、ベッドに入れば真っ先に目に入るのでお勧めです。
柔らかい素材のパジャマなどで取りいれてもよさそうです。

いかがでしたか?
オレンジの温かみのある色はそれだけでほっこりして、快適な入眠を誘ってくれそうなイメージです。
加えてオレンジ色の小物をうまく使って、可愛さを楽しむと共にメラトニンを分泌させましょう。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

国産ポケットコイルマットレス(シングルロングサイズ)【送料無料】

体にとって本当にいい寝姿のまま眠ることのできるマットレスです。

関連する読みモノ

睡眠障害の症状で異なる!睡眠の種類やステージ1のごく浅いノンレム睡眠

不眠とひと言で呼んでも症状には個人差が見られます。今回は不眠の代表的な睡眠障害の症状で異なる、睡眠の種類やス…

明け方に目が覚めてつらい・・・早朝覚醒はしっかり治療しましょう

早朝覚醒という睡眠障害は朝早く目が覚めてしまうことが頻繁に続きます。うつ病などの疾患の原因にもなりかねません…

効き目抜群。でも副作用もある睡眠導入剤「フルニトラゼパム」とはどんな薬?

最強の睡眠導入剤とされ日本では重宝されているフルニトラゼパム。睡眠薬としては魅力たっぷりな反面、恐ろしい依存…

昼寝のすすめ!睡眠の質向上のためにも積極的に取り入れてみませんか?

お昼ごはんを食べたら、ウトウトと眠気がさしませんか?我慢して仕事を始めても、眠気がピークに達して我慢できない…

夢の回数で熟睡度合いがわかる?レム睡眠とノンレム睡眠の関係性ってなに?

睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠があることは有名ですよね。ではその2つはどのような役割があるのでしょうか?熟睡…

眠気覚ましに1杯コーヒーを飲んでも効果はない!?カフェインと睡眠のホントの関係

コーヒーを飲むと眠れなくなると、皆さんはよく耳にしたことがあると思います。原因はカフェインにあり、眠気を吹き…

真っ暗にして寝ると眠れない!?熟睡するためのお部屋の適度な明るさが大切だった!

明るすぎる照明が睡眠に良くないことは、多くの人が知っていますね。 それなら、眠るときは部屋を真っ暗にすべきな…

寝る前の食事には要注意!夜遅く食事をとる時に注意しなきゃいけないことは?

「就寝前に何か食べないと空腹感で目が覚めてしまう・・・。」という方は多いかと思います。今回は食事と睡眠との関…

ヨーロッパでは寝具のお供の安眠アロマ!睡眠を改善するラベンダーのにおい効果

ヨーロッパでは昔から、安眠が得られるようにハーブの香りの力を借りてきました。 安眠のためには、神経を鎮める作…

全身を温めるしょうがには安眠効果も?食事は睡眠3時間前に済ましましょう

日常生活を活動的に過ごすために必要な睡眠。そんな睡眠の質を向上させたいという方はたくさんいるかと思います。 …

睡眠改善に有効な光の強さや昼光色の注意点

良質な睡眠を得るためには、体内時計のバランスを乱さないことが重要となりますが、その時計を乱さない重要な鍵とし…

 もしかして特発性過眠症かも!?よく寝ているのに日中突然眠気に襲われる人は要注意

特発性過眠症は睡眠障害の一種で、日中の間突然長時間眠ってしまう病気です。この記事では特発性過眠症について解説…

関連するキーワード

kurumins

心地よく眠るための、役立つ情報をご紹介していきます。




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

管理人おすすめ!一緒に朝を迎えたくなるベッドたち!