「安眠」というツボを押して、安眠を得よう

いかにも質の良い睡眠を得ることができそうな名前の、「安眠」というツボ。
なかなか寝付けない時、疲労しているのに目がさえている時など、不眠が改善されるのでぜひ押してみましょう。

「安眠」のツボはどこにあるの?

「安眠」の場所を確認しましょう。
耳の後ろを触るとやや出っ張った骨があるのが感じられますが、そのすぐ下に「安眠」があります。
ここを押すことで神経が落ち着くので、眠気を覚え安眠に誘われるというわけです。

「安眠」を効率よく押す方法

「安眠」を押す際、効率よく押せる方法があります。
腕を上げ反対側の耳の後ろを手で覆うように置き、人差し指や中指で「安眠」の位置を押します。
押す長さは、10~20秒間程度を数回がよいでしょう。

ツボを押す時に気をつけたいこと

「安眠」をはじめ、ツボは骨の間や筋肉の間や神経が集まった部分にあり、不具合があると押すと痛みを感じることも。
押すと気持ちがよいなら、時間をかけて押しても構いませんが、力任せに押さないようにしましょう。

いかがでしたか?
安眠へと導かれるためには、ツボ押しだけではなく眠くなるような環境作りも大事です。
寝る数時間前はリラックスできるよう、副交感神経が優位になるような時間を過ごしましょう。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

デラックスペアタイプ羽毛布団 (シングル)

【ポーランドマザーグースダウン93%】 シングルサイズ

マイクロファイバー【掛け布団カバー】クイーンサイズ(210×210cm)

やわらかな触り心地で包み込まれるような感覚が味わえるシーツです。

関連する読みモノ

アロマバスでリラックス!手軽にできる快眠テクニックと注意点をご紹介

今快眠グッズがとても話題を呼んでいますよね。抱き枕や、足枕など、素敵な快眠ライフを送るにはいろいろとグッズ…

安眠効果抜群!カモミールの香りで睡眠の改善を始めてみませんか?

安眠にアロマが良いと聞いたことはありませんか?心安らぐ香りで、睡眠の改善をはかってみましょう!

鼻呼吸に必要な「あいうべ体操」とは?正しい鼻呼吸にするだけで朝までぐっすり

睡眠と呼吸は深いつながりがあったんです。鼻呼吸は生まれたばかりの赤ちゃんがする生命維持をする大切な行為。それ…

睡眠とはどのようなもの?眠る目的や睡眠不足に有効な神経伝達物質オレキシンの作用

私達人間が毎日行っている睡眠という行為は、あまりに自然な行動となるため、なぜ眠るのかと問われると非常に困って…

低反発マットレスには3つのメリットがある!睡眠を改善するベッドとマットレスの選び方と…

私達人間が健康的な生活を行う上で最も重要なのが睡眠です。 その睡眠が疎かになるとあらゆるトラブルを招く原因…

 夜中に何回も起きと日中は眠気との戦いですよね!その原因(ストレス)と対処法とは?

夜中に何回も起きてしまうと睡眠時間が削られ生活の質が悪化します。環境やストレスが原因のこともありますが、他の…

生まれつき!?治すことはできるの?ロングスリーパーと遺伝の関係性

世の中にはロングスリーパーと呼ばれる人たちがいます。長い時間寝ないと活動できないので悩む人もいます。遺伝子が…

寝る前に枕にシュッとひと吹き。安眠をつくるピローミストの人気ブランドと効果的な使い方…

良い香りを嗅ぐことは、睡眠にも嬉しい効果をもたらします♪睡眠時に使うために開発されたピローミストなら、寝つき…

同じ時間に眠れない!リズムが少しづつずれる睡眠障害、非24時間睡眠覚醒症候群について

非24時間睡眠覚醒症候群は睡眠リズムが毎日少しずつずれる睡眠障害です。社会生活に影響を及ぼしてしまうため、お…

オレンジ色は「夕日」を連想させる!就寝前は間接照明に切り替えて心地よい眠りを誘おう

眠る前の照明の光は何色ですか?就寝前の電気を間接照明にするだけで、睡眠の質が上がる!?

心地良い眠りへと誘う!睡眠改善にはラベンダーやゼラニウムがオススメ!

なんだか寝つきが悪い、寝ているはずなのに全然寝た気がしないとお悩みの方には香りをうまく利用したメンタルのリラ…

メラトニンはサプリメントで補給できる!生活リズムを整える最も手軽な方法

メラトニンは「睡眠ホルモン」と呼ばれ、睡眠に大きな影響を与えます。サプリメントで摂取することも可能ですので、…

関連するキーワード

kurumins

心地よく眠るための、役立つ情報をご紹介していきます。




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

安眠効果のある食べ物特集

どうせ食べるなら良い眠りにつながる食事を採りましょう!