最近ぐっすり眠れなくなってきた、途中で何度も起きるなど睡眠に不安を持っている人は多くいます。このような睡眠の症状の大きな要因とも言えるのがストレスです。今回はストレスと睡眠の関係についてまとめてみました。

不眠にはいくつかの症状があります

大きく4つに分けられる不眠の症状

大きく4つに分けられる不眠の症状

まず不眠という症状について説明していきます。よく眠れない原因が何なのか人それぞれ違う場合があるのです。

・入眠障害
寝つきが悪く、30分以上経っても眠れない。心配性や精神的ストレスを普段から感じている人が陥りやすい症状です。

・中途障害
途中で目が覚めてなかなか寝付けない。飲酒や夜間の頻尿など身体的原因で睡眠を妨害します。

・早期覚醒
朝早く目が覚めてしまう。高齢者やうつ病患者に多く見られる症状です。

・熟眠感欠如
ぐっすり眠った気がしない。ノンレム睡眠の量が少ないと、感じてしまう症状です。

睡眠障害の原因とは何なのでしょうか

睡眠障害の原因とは?

睡眠障害の原因とは?

睡眠障害になってしまう原因は個人によって違います。それでは何が原因となってしまうのか見ていきましょう。

・心理的原因
何らかの原因でストレスを感じそれが不眠につながっている

・身体的原因
外傷や関節リウマチ・喘息発作・頻尿・花粉症などが原因で起こる不眠

・精神医学的原因
不安や抑うつが原因で起こる不眠。進行するとうつ病へとつながる

・薬理学的原因
アルコール・カフェイン・ニコチンまたは服用している薬が原因の不眠

・生理学的原因
海外旅行や出張による時差ボケ、シフト制の仕事による昼夜逆転のライフスタイルで起こる不眠

ストレス性睡眠障害について

ストレスによる睡眠障害

ストレスによる睡眠障害

心理的原因で不眠になってしまうことがわかりました。そのストレスにも「物理的刺激」と「心理的刺激」の2種類があります。

・物理的刺激
暑さ、寒さ、騒音、異臭、激しい肉体労働や運動、家事による疲労、かゆみや痛みなど物理的に与えられた刺激によってストレスを感じます。

・心理的刺激
肉親との死別や離婚、深刻な病気、失業などの悩みがストレスになります。また身近な人との人間関係のストレスも挙げられます。

ストレス性障害で悩んでいる人の多くが心理的刺激によるストレスだと言われています。

心配事のストレスも不眠の原因になる

感受性が鋭い人ほど不眠になりやすい

感受性が鋭い人ほど不眠になりやすい

ストレス性睡眠障害の特徴として眠る前の考え事での入眠障害や、不安感で一度起きてしまう中途覚醒などがあります。

仕事の上司や同僚との関係や恋人との付き合いの変化など、悩みが増えるごとに睡眠障害へとつながります。

しかし、ちょっとしたミスや失敗を気にしない人もいれば、いつまでも引きずってしまう人もいます。心理的刺激はその人の感受性によって受け方が変わります。感受性が鋭いタイプの人ほど、ストレス性睡眠障害に陥りやすくなります。

ストレスは身体的な症状へとつながる

身体的にも悪影響のストレス

身体的にも悪影響のストレス

心理的刺激のストレスを常に感じ、それを解消しないままでいると便秘、下痢、胃痛、高血圧、疲れといった肉体的な異常へとつながってしまいます。これらを「心身症」と言います。

このように精神的な部分だけではなく、身体的な症状へとつながるのがストレスの強い部分です。その心身症が原因でさらに不眠へと陥りやすくなってしまうのです。

ストレス性睡眠障害を改善するには、まず原因となるストレスを突き止めて、解決することが必要になってきます。

心身症とは、「身体症状・身体疾患において、その発症や経過に心理社会的因子が密接に関与し、器質的・機能的障害が認められる病態」である。

ストレスを解消する方法をご紹介します!

運動もストレス解消の方法です

運動もストレス解消の方法です

睡眠や身体的にも悪いストレス。ではどのようにして解消したらいいのでしょうか。ストレス解消に有効ないくつかの方法をご紹介します。

・アロマテラピーを行う
匂いは人間の精神的な部分にも影響します。アロマオイルにはさまざまな効果があり、鎮静作用のあるアロマオイルを使用すると、ストレス解消にもつながります。

・泣く
泣くという行為もストレス解消になります。交感神経と副交感神経のバランスが泣くことで副交感神経を優位にしてくれるのです。それによりリラックスできます。

・運動する
普段運動不足の人は体を積極的に動かしましょう。ストレスによって乱れてしまった脳内神経伝達物質を調整する働きがあり、ストレスを解消してくれます。運動が苦手な人はストレッチでもOKです。体を動かすだけでも効果があります。

・入浴する
適度なお湯が身体全体を包んで温め、さらに浮揚感によるリラックス効果得られます。リラックスは最大のストレス解消法です。

・音楽を聴く
気持ちを上げてくれるような音楽を聴くこともオススメです。ヒーリングミュージックなども良いですね。自分の好きな音楽で構いません。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

寝具の色は何色?睡眠に最適な色やよくない色、快眠に有効な低反発ポリウレタン素材の枕を…

1日の多くの時間を過ごす寝室では、どのような色の寝具を使用しているでしょうか? 色が人間に与える影響につい…

睡眠の質を上げたい!それなら照明を白熱灯に変えてみよう

光は人間の体に大きく作用します。それに伴い、寝室の明かりを白熱灯に変えることで、睡眠を改善することができます…

寝室の色を変えよう!暖色系で心も体もリラックスして睡眠の質を改善する方法♪

暖色系の光は睡眠物質メラトニンの分泌を促進してくれます。寝る時間を多く過ごす寝室の明かりを暖色系にすることで…

睡眠の質が悪い原因とは一体何!?睡眠不足による成長ホルモンの減少の結果で起こる影響

「最近睡眠の質があまり良くないな・・・。」と感じている方はいないでしょうか?毎日を健康で過ごすために必要な睡…

睡眠障害の種類は“不眠症”だけじゃない!様々な睡眠障害で治し方が異なる!

“不眠症”には、様々な種類があることを知っていましたか? 原因・症状がそれぞれ違う“不眠症”の種類についてま…

加速度センサーで睡眠を改善する”快眠サイクル時計”♡寝具にこだわるならアプリにもコダ…

今回は睡眠改善アプリの中でもとくに加速度センサーを用いた気持ちよい寝起きをサポートしてくれる快眠サイクル時計…

睡眠障害とは一体何?睡眠の種類やステージ2の浅い睡眠ノンレム睡眠

睡眠障害という言葉を耳にすると朝起きるのが辛い、夜の就寝時にも中々寝付けないなどの症状をイメージする方が多い…

眠りたいのに眠れない…。概日リズム睡眠障害のひとつ“睡眠相後退症候群”の原因&対策と…

眠りたいのに眠れない……。 やっと眠気が襲ってきたと思ったらもう真夜中…。 睡眠時間帯が後ろにずれ、遅い時間…

明け方に目が覚めてつらい・・・早朝覚醒はしっかり治療しましょう

早朝覚醒という睡眠障害は朝早く目が覚めてしまうことが頻繁に続きます。うつ病などの疾患の原因にもなりかねません…

月の光は何ルクス?眠る時に最も適切な灯りの強さはどれくらい?

あなたは寝室を真っ暗にして寝ますか?少し明るくして寝ますか?暗闇は睡眠に必要なメラトニンが多く分泌されますが…

質の良い睡眠に改善する!百会のツボの効果や押し方、力加減や時間をご紹介

肩こりや腰痛、月経痛などあらゆる症状に対する効果が期待できるとされているツボですが、睡眠の改善効果もあること…

布団に入ってからの考え事はNG!今すぐその癖を見直そう

布団に入ったらすぐ寝る癖をつけないと、不眠症の原因に。考え事をするのは今すぐにやめましょう!

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

売れている人気なマットレスってどれ?