朝起きた時ぐっすり眠れたスッキリ感を感じますか?

もし感じていないようならそれは睡眠不足に陥っているのかもしれません。今回は睡眠不足の原因の一つである「呼吸」についてまとめてみました。

睡眠中の呼吸が改善されると、翌朝までスッキリ眠ることができるんですよ♪

睡眠が人間にもたらす影響とは

人間にとって睡眠とはなんでしょうか?

人間にとって睡眠とはなんでしょうか?

睡眠は私たち人間にとって必要不可欠な行動です。睡眠中には筋肉や臓器を修復したり脳を休ませる働きがあるからです。脳を休ませることは睡眠中にしかできないので、私たちにとってなくてはならないものなのです。

さらに睡眠は体や脳の休憩だけではなく、さまざまな効果をもたらします。

・脳と体の疲れを取る
・体を成長させ老化を防止する
・ストレスの解消
・美容効果
・病気の予防
・学習効果の効率化(記憶の定着)

特に女性にとっては美容効果は嬉しいですよね。新陳代謝を高め肌にハリや潤いをもたらします。これらの効果は質の良い睡眠をとらないと得られません。

質の良い睡眠かどうかのポイント

ノンレム睡眠と深い呼吸

ノンレム睡眠と深い呼吸

ではどのような睡眠が「質のいい睡眠」と判断できるのでしょうか。それには下記のことが考えられます。

ノンレム睡眠が長い

ノンレム睡眠とは深い睡眠のことを指します。人間はレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返しており、深い睡眠の時は体と脳が両方とも休んでいる状態です。ノンレム睡眠の間にはこのような効果が得られます。

・成長ホルモンを分泌する
・ストレスを解消している
・嫌な記憶を消去する
・疲労回復の効果が高い

人間の体に悪影響であるストレスは、睡眠中ノンレム睡眠の時でないと解消されないのです。

深い呼吸をしている

次に挙げられるのが呼吸です。深い呼吸によって新鮮な空気を体に送り込むことで、脳に酸素を行き渡らせることができます。またその空気が体の細胞の回復力を高め、疲労回復につながるのです。

しかしあくまでも新鮮で綺麗な空気が必要になってきます。それが今回紹介する呼吸法と関係があるのです。

質の良い睡眠を得る方法:鼻呼吸

口ではなく鼻呼吸が大切です

口ではなく鼻呼吸が大切です

では質の良い睡眠を得る方法の一つ「深い呼吸」。呼吸法と言っても人間が就寝中に自然に行っている「鼻呼吸」です。

鼻で呼吸することで私たちは快眠を得ることができます。鼻呼吸は人間の自然な呼吸方法なのです。

・鼻呼吸は自然な呼吸法
人間にとって鼻呼吸は自然な方法になります。生まれたばかりの赤ちゃんは鼻でしか呼吸をしません。体が成長することによって口呼吸を覚えていきます。

・鼻は体の加湿器
鼻は空気を送り込むだけの器官ではありません。鼻に吸い込まれることによって空気が湿気を含み、適度な湿度を保ってくれるのです。さらに温度も調整して一番いい状態の空気を体の中へ送り込みます。

・抗菌作用もある鼻
鼻の粘液には抗菌作用のある成分が含まれています。この成分が外敵であるウイルスを入りこまないように働くのです。また鼻毛もウイルスが体内に入らないように防御する役割もあります。

このように鼻呼吸は睡眠だけではなく、体を守るために必要な働きをしてくれています。

なぜ口呼吸が睡眠にとって良くないのか

ウイルスや細菌が直接入ってしまう

ウイルスや細菌が直接入ってしまう

鼻呼吸のメリットを説明してきましたが、ではなぜ口呼吸が良くないのでしょうか?

鼻呼吸がウイルスの侵入を防ぐため、口呼吸をすることによってウイルスや細菌を含んだままの空気が体の中に入ってしまいます。それによりウイルスや細菌に感染してしまい、炎症を起こしてしまいます。

体の免疫力が低下している時は、このウイルスや細菌が原因でさらに重い病気にかかってしまう可能性があるのです。

口呼吸は喉の乾燥も引き起こします。口の中の乾燥はとても危険なのです。それは唾液の分泌が追いつかなくなってしまう原因になります。唾液も鼻の粘液同様に抗菌作用を行ってくれます。乾燥して唾液が少なくなるということは、この抗菌作用も減少してしまうということです。

それにより細菌が排除されなくなってしまいます。また乾燥によって口に残った細菌が虫歯や歯周病、口臭などお口のトラブルも引き起こします。

鼻呼吸をスムーズに行う方法

4つの方法を試してみてください

4つの方法を試してみてください

鼻呼吸の重要性がわかったところで、鼻呼吸をスムーズに行う方ほをご紹介します。

・「あいうべ」体操
文字通り「あ」「い」「う」「べ」と口に出して発語します。その時口の筋肉を動かすことを意識して思いっきり行いましょう。

・就寝時にマスクを着用する
口だけをマスクで覆うようにして口呼吸を促す方法です。口の乾燥を予防する効果もあります。

・枕の高さを調整する
枕の高さがあっていないと、気道を圧迫することになり口呼吸の原因になります。床と顔の高さが平行になる枕を使用しましょう。

・鼻呼吸グッズを使用する
風邪をひいている人や鼻づまりを起こしている人に向けて、鼻呼吸を楽にするグッズも発売されています。それを利用するのも一手です。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

カモミールは子どもにも使える安眠薬!ストレス過多の時代を乗り切るアロマ活用法

ストレスが蓄積されると眠るのが困難になったり、良質な睡眠をとるのが難しい状態になります。 そんなときにはア…

短い睡眠でプラス思考に!ショートスリーパーの睡眠時間やなる方法

夜遅くの勤務をしていると睡眠に関する情報について調べる機会が多くなりますよね? その中でショートスリーパー…

朝起きた時に喉が乾燥してませんか?起床時の喉の痛みはこれで改善!

朝起きた時にのどが乾燥して痛いという経験はありませんか?経験したことがあるという方も多くいるかと思います。そ…

心やすらぐお香はいかが?沈香・和のにおいで心落ち着かせ質が良い睡眠をとろう

和のにおいで質の良い睡眠はいかがですか?沈香(じんこう)または沈水香木と呼ばれる良い香りのする木片をご存知で…

寝室の色を変えよう!暖色系で心も体もリラックスして睡眠の質を改善する方法♪

暖色系の光は睡眠物質メラトニンの分泌を促進してくれます。寝る時間を多く過ごす寝室の明かりを暖色系にすることで…

寝室に使う色で大きく変化する!熟睡が可能な睡眠に良い色と悪い色は?

最近よく眠れていますか?眠りが浅いという方や目覚めた後も疲れが残っているなど、思い当たる方には要チェックな睡…

寝ている間に起きている!?睡眠時随伴症はノンレム・レム睡眠と関係があった?

眠っている間に起きている?という不思議な病気に睡眠時随伴症があります。家族に指摘されて初めて気がつくケースが…

睡眠の質を上げたい!それなら照明を白熱灯に変えてみよう

光は人間の体に大きく作用します。それに伴い、寝室の明かりを白熱灯に変えることで、睡眠を改善することができます…

寝る前にぬるま湯につかると睡眠の質がアップする?質が良い睡眠に欠かせないのは体温を上…

「たくさん寝たのに疲れが取れない…」 誰もが経験したことのある睡眠の悩みなのでは? そんな悩みをもつあなたは…

池袋駅周辺にある睡眠障害の専門的な診療ができる病院をご紹介!

近年では深刻な問題になっている日本人の睡眠不足。 寝ているのに目覚めが良くない、最近あまり眠れないなどと感…

睡眠の質を上げるならコレ!!寝る前にぬるま湯に浸かるだけで質が良い眠りが訪れる

人間にとって必要不可欠な睡眠。質の良い睡眠を得るには「ぬるま湯につかる」だけで良いんです♪

百害あって一利なし!?睡眠障害から鬱になりやすいってホント?睡眠のリセット効果が大事…

睡眠には脳を休ませる効果の他にも、イライラとストレスを解消する効果があるといわれています。睡眠障害を抱えてい…

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

管理人おすすめ!一緒に朝を迎えたくなるベッドたち!