睡眠に関する悩みを持つ人は多くいます。

最初は寝つきが悪かったりする程度でも、状態が深刻になり睡眠障害を発症してしまう人も。睡眠不足はストレスになり人間の体に悪影響を及ぼしてしまうのです。

深刻な状態になる前に、睡眠の質を上げる方法を試しましょう!

そもそも睡眠とは人間にとって何なのでしょう?

人間にとっての睡眠

人間にとっての睡眠

睡眠とは人間の体や脳を休ませる時間です。脳を休ませるという考えが大きいかもしれません。

体を横たえると筋肉など肉体的な部分は休憩することができますが、脳はただ体を横にするだけでは活動を休止してくれないのです。寝ている時間しか脳は休むことができないのです!

脳が活動し続けると病気を誘発してしまいます。ですので、睡眠とは人間にとって必要不可欠なものになります。

睡眠は、心身の休息、身体の細胞レベルでの修復(いわゆる「自然治癒」)、また高次脳機能(記憶の再構成など)にも深く関わっているとされる。

睡眠が人間に与える効果にはどのようなものがあるのか

私たちにさまざまな影響をあたえてくれる睡眠

私たちにさまざまな影響をあたえてくれる睡眠

睡眠が私たちにとって必要不可欠なものであることは、脳を休ませるという理由からだったのですね。では脳や体を休ませる睡眠は人間の体にどのような影響を与えてくれるのでしょうか?

・脳と体の疲れを取る
人間は日中にたくさんエネルギーを使用します。体や脳はその間ずっと働いており、消耗しているのです。睡眠がそれを回復させています。

・体を成長させ老化を防止する
睡眠中には成長ホルモンという貴重な物質が分泌します。これが体の組織の修復や再生を行い、体にいい作用をもたらします。

・ストレスの解消
ストレスを感じるとホルモンバランスが崩れます。ホルモンの乱れは体に悪影響をもたらします。睡眠を取り疲れた脳を休ませることが、最大のストレス解消なのです。

・病気の予防
睡眠は成長や老化の予防だけではなく、病気や病原体への抵抗力や免疫力を高める働きもあります。

・美容効果
分泌される成長ホルモンは新陳代謝を高め、肌のハリを蘇らせるなど体をきれいにする効果があります。

・学習効果の効率化(記憶の定着)
睡眠はその日に起こった事・学習したことを整理する機能があり、大事な記憶として覚えなければいけないことを定着させる作用があります。

睡眠の質を上げる方法:就寝前の間接照明

間接照明のオレンジ色

間接照明のオレンジ色

では質の良い睡眠を得るためにはどのようなことを行ったら良いのでしょう。その一つに「就寝前につける照明を間接照明に変更する」という方法があります。

間接照明の色はほとんどがオレンジ色をしています。その明かりを就寝前に見ることで、寝つきが良くなるという風に言われています。

間接照明を使った実験もありました!

実験:間接照明の安眠効果はどれくらいあるのか?

寝つきにかかった時間が約5分間短縮されました!

寝つきにかかった時間が約5分間短縮されました!

このような実験をねむりラボと無印良品 くらしの良品研究所が共同で行っています。その結果は寝つき時間の平均値が30分から25分へと5分の短縮に成功。また寝起きに関してもスヌーズ機能が平均3.5回から平均2.7回に減少した結果となりました。

就寝前にパソコンやスマホなどブルーライトの光をセーブし、間接照明の明かりを見たり浴びたりすることで寝つき・寝起きともに良い方向へ改善されることがわかりました。

◇調査対象
ベッドに入る時刻が遅い・寝付きが悪い・寝る前についパソコンやスマホを見てしまう、
という生活習慣を持つ男女22名

◇調査内容
●1週目:普段通りに就寝
●2~3週目:寝る前の1時間、部屋の天井照明を消し、無印良品の間接照明
「LEDシリコーンタイマーライト」を点灯。

間接照明下では、パソコンやテレビ、スマホの利用はできるだけ控えて過ごす。

●以上の3週間 「ねむり時間計」でねむりを計測
(期間:2013年10月1日~21日)

●アンケートで変化を確認

間接照明の与える効果はリラックス

リラックス効果は絶大です!

リラックス効果は絶大です!

実験結果からもわかるように間接照明は寝つきや寝起きに良い作用をもたらします。では間接照明が私たちに与える効果は何なのでしょうか?

それはリラックス効果、そして人間のDNAを刺激する効果があることがわかりました。私たちの体は周りが暗くなってくるのを感じると「メラトニン」という物質が分泌されます。このメラトニンが分泌が人間の「眠気」を誘発するのです。

よって間接照明の明かりは「夕日」など日が落ちることを連想させ、メラトニンが分泌されやすくなるのです。また、あのオレンジ色を浴びることで、日中などの活発さが抑えられ、体が自然とリラックスしていきます。

まとめ

このように就寝前の光が睡眠に重要な働きをするということがわかりました。日中を思わせるブルーライトではなく、間接照明のオレンジカラーを浴びることが、質の良い睡眠を確保するポイントになるんですね。

睡眠不足や寝つきで悩んでいる方は、間接照明を利用してメラトニンを分泌させましょう!

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

良質な睡眠にはどんなアロマがいいの?バニラやセドロールがおすすめ!

なかなか夜寝られないという悩みをお持ちの方も多いかと思います。このような方に匂いによる安眠効果があるオススメ…

飲むタイミング次第で眠る薬に⁉︎コーヒーと睡眠の意外な関係とは?

なんだか寝付けないなと思うとき、寝る前にコーヒーを飲んだりしていませんか?睡眠に悪いとされるコーヒー。本日は…

電気をつけたまま寝ることが肥満につながる!?睡眠と照明の重要性とは

良質な睡眠をとるためには、普段の食生活の見直しや生活リズムの改善などを行う必要がありますが、照明の影響を強く…

夜の心強い味方!?眠りを誘うサプリ「メラトニン」のメカニズムで熟睡を勝ち取る?

スムーズな睡眠を促進する睡眠ホルモン「メラトニン」。不眠で悩んでいるけど、薬に頼りたくないという方におすすめ…

朝起きたら目元が二重に!?夜用アイプチが最近人気の理由は?

眠っている間にクセづけして、朝起きたらぱっちり二重がお目見え♪夜にも使えるアイプチが人気なんです。今回は夜用…

睡眠障害の対策には泣くことも大事!?不眠とストレスの関係には深い繋がりがある!

ストレスは人間の体や心に悪影響を及ぼしますが、睡眠との関係はどうなのでしょうか?いつも夢ごごちのような眠りに…

良質な睡眠がとれる!寝具の選び方や快眠サイクル時計アプリの主な特徴をご紹介

睡眠不足の状態になると、記憶力の低下や肥満体、血圧への悪影響や精神的な影響などの原因に繋がる可能性があります…

睡眠の質は光が重要!部屋を真っ暗にして寝るメリット

人間の体と光には、重要な関係性があり、光によって睡眠の質も変わります。いつも電気をつけて眠っている方、ぜひ睡…

寝具の選び方で睡眠の質が上がる!?ベッドをマットレスに変えて不眠症を改善

私たちの睡眠のお供“ベッド”にはさまざまな種類があります。 その中でも注目したいのが“マットレス”。 木製や…

質の悪い睡眠が原因?記憶力の低下を招く悪習慣とは

睡眠は人間の健康状態を保つために必要なものとなるため、質が悪くなるとあらゆるトラブルの原因に繋がります。睡眠…

睡眠リズムが故障してしまった睡眠障害 不規則型睡眠覚醒パターンの特徴

不規則型睡眠覚醒パターンは一定の睡眠リズムを保てず、不規則に眠ってしまう睡眠障害です。社会生活への影響も大き…

ぐっすり眠れない!夜中に途中で目が覚める原因は睡眠時無呼吸障害かも?早めの対処を

ぐっすりと寝静まった頃、突然の咳。ゴホゴホという咳のせいで家族の目が覚めてしまった経験はないでしょうか。もし…




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

売れている人気なマットレスってどれ?