皆さんは毎日ぐっすり眠れていますか?

「子供の頃から眠りが浅い・・・。」「大人になってから寝付きが悪くなった・・・。」など睡眠に関する悩みを持っている人は多くいます。

私たちの体の機能を休ませる大事な時間・睡眠。よく眠れていないという人は睡眠の質を上げることが大切になってきます。

人間が睡眠を必要とするワケとは?

体や脳を休ませる時間

体や脳を休ませる時間

人間が古来から当たり前のように導入している睡眠。人が健康で過ごすために必要不可欠な時間ですが、本来の目的は一体何なのでしょうか?

睡眠は体の機能を休ませて修復させるという機能を持ちますが、体だけではなく脳を休ませる行動になります。人間の脳はただ体を横にしただけでは活動しています。「寝る」という行動に入ることで脳を休ませることができるのです。(※ただし寝ている間も活動している時間帯もあります)

睡眠は、心身の休息、身体の細胞レベルでの修復(いわゆる「自然治癒」)、また高次脳機能(記憶の再構成など)にも深く関わっているとされる。

睡眠は人間にどういう効果をもたらすのか

体をリフレッシュしてくれる!

体をリフレッシュしてくれる!

私たちの体にとって必要不可欠なことはわかりましたが、睡眠が一体どういう効果をもたらせてくれるのでしょうか?

・脳と体の疲れを取る
人間は日中にたくさんエネルギーを使用します。体や脳はその間ずっと働いており、消耗しているのです。睡眠がそれを回復させています。

・体を成長させ老化を防止する
睡眠中には成長ホルモンという貴重な物質が分泌します。これが体の組織の修復や再生を行い、体にいい作用をもたらします。

・ストレスの解消
ストレスを感じるとホルモンバランスが崩れます。ホルモンの乱れは体に悪影響をもたらします。睡眠を取り疲れた脳を休ませることが、最大のストレス解消なのです。

・病気の予防
睡眠は成長や老化の予防だけではなく、病気や病原体への抵抗力や免疫力を高める働きもあります。

・美容効果
分泌される成長ホルモンは新陳代謝を高め、肌のハリを蘇らせるなど体をきれいにする効果があります。

・学習効果の効率化(記憶の定着)
睡眠はその日に起こった事・学習したことを整理する機能があり、大事な記憶として覚えなければいけないことを定着させる作用があります。

睡眠には2種類ある!(レム睡眠とノンレム睡眠)

レム睡眠とノンレム睡眠

レム睡眠とノンレム睡眠

レム睡眠やノンレム睡眠といった言葉は一度は聞いたことがあると思います。人間は睡眠中この2つを繰り返しています。

レム睡眠の意味と効果

レム睡眠とは「浅い睡眠」のことを指します。眠りが浅いため、体は休まっているが脳は働いている状態になります。レム睡眠の間は以下の効果が得られます。

・記憶の整理
・記憶の定着
・筋肉の疲労回復

ノンレム睡眠の意味と効果

ノンレム睡眠は「深い睡眠」の状態です。この時は眠りが深いため体も脳も活動せず休んでいます。ノンレム睡眠の間は以下の効果が得られます。

・成長ホルモンを分泌する
・ストレスを解消している
・嫌な記憶を消去する
・疲労回復の効果が高い

質の良い睡眠を得るにはどうしたら良いのか?

質の良い睡眠はどうしたら手に入るのか?

質の良い睡眠はどうしたら手に入るのか?

レム睡眠とノンレム睡眠について見ていきましたが、効果を比べるとノンレム睡眠の時間が多い方が、質の良い睡眠と言えそうです。ではそれを得るためにはどうしたら良いのでしょうか?

質の良い睡眠の条件には下記のポイントが挙げられます。

・体温を上げておく
体は体温が下がると眠気を感じます。体温の高低差が激しいほど深い眠りが訪れます。

・睡眠の障害となるものを排除する
眠気を覚ますカフェインや考え事をするなど、就寝前は脳を活発にさせるような行動を控えます。

・光などの刺激をコントロール
体はメラトニンという物質が分泌して眠気を感じます。このメラトニンを分泌させるには蛍光灯やパソコン、スマホのブルーライトは排除する必要があります。

これが質の良い睡眠の条件となるポイントです。睡眠を妨害する行動で他には就寝前にご飯を食べること。これは胃の動きを活発にしてしまうので止めましょう。

今回は「体温を上げておく」に注目して質の良い睡眠を得るための方法をご紹介します!

質の良い睡眠のためには寝る前にぬるま湯につかる!!

浸かる時間は20分くらいでOKです!

浸かる時間は20分くらいでOKです!

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

良質な睡眠には食事が大切!睡眠に悪い食べ物やコーヒーなどのカフェイン効果には特に注意…

カフェインやお腹が満腹な状態になってから睡眠をとると寝苦しくて悪い夢を見てしまった・・・。という経験はありま…

理想の睡眠時間は22時~2時が定説?ゴールデンタイムの効果とは

健康のため、お肌のために、22時~2時のゴールデンタイムに寝ましょうとよく言われます。 でも仕事から帰るのが…

どこでも寝てしまう睡眠障害はナルコレプシー?過眠症の障害の種類を見極め、早期治療を

いつでもどこでも眠くなり、日中でも眠くなってしまう困った睡眠障害がナルコレプシー。 日本人にはことのほか多い…

実は安眠効果がある!においは気になるけど夜はにんにくを食べてぐっすり眠ろう

お肌や心身の健康状態を保つためには、睡眠時間をたっぷり設けることも大切ですが、睡眠の質を向上させる必要があり…

快眠の敵は夜食!どうしても夜食を食べたい時はこれを食べよう!

「毎日十分な睡眠時間をとっているはずなのに、朝の起床時は身体がだるくて重い・・・。」という症状に悩まされてい…

アインシュタインもロングスリーパー!睡眠の長さで思考も行動も変わり天才になる!?

平均睡眠時間9時間以上のロングスリーパー。1日の3分の1以上を睡眠にあてるロングスリーパーの特徴とは?

大人は大丈夫?うつぶせ寝で期待できる効果とは

寝る体制は個人によって違いますが、実は「うつぶせ寝」はメリットも大きいんです。今回は期待できる効果やうつぶせ…

寒い夜に飲みたくなるココアは大丈夫?睡眠を妨げるカフェイン入りの食事

美味しくてオシャレなことが特徴だと思っていたココア!?この体を温める優しい飲み物には、なんと睡眠を調整する効…

睡眠改善に効果的!寝具の正しい選び方や耳栓サイレンシアの特徴・使用方法

寝具のデザイン性にこだわりを持つ方は多いかと思いますが、寝心地や睡眠の質に関しては意外と適当に選んでいる何て…

寝具の隣にスマホがあるならヨガアプリを取り入れて睡眠を改善しよう!<寝たまんまヨガ_…

寝るときベットや布団などの寝具の隣にスマホを置いている方に朗報です。そのスマホに「寝たまんまヨガ 簡単瞑想」…

火を使わないキャンドルライト!?優しく暖かで安全な炎が睡眠改善をサポートする!

寝室に置くとリラックス感が違うと評判の間接照明キャンドルライト。使うと睡眠が改善される上に、最近では種類が豊…

ストレス社会に適合している睡眠時間の短いプラス思考なショートスリーパーという種類

何かとストレスを感じることの多いように思います。今回はそんなストレスを物ともしない睡眠時間の短いプラス思考な…




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

管理人おすすめ!一緒に朝を迎えたくなるベッドたち!