皆さんは毎日ぐっすり眠れていますか?

「子供の頃から眠りが浅い・・・。」「大人になってから寝付きが悪くなった・・・。」など睡眠に関する悩みを持っている人は多くいます。

私たちの体の機能を休ませる大事な時間・睡眠。よく眠れていないという人は睡眠の質を上げることが大切になってきます。

人間が睡眠を必要とするワケとは?

体や脳を休ませる時間

体や脳を休ませる時間

人間が古来から当たり前のように導入している睡眠。人が健康で過ごすために必要不可欠な時間ですが、本来の目的は一体何なのでしょうか?

睡眠は体の機能を休ませて修復させるという機能を持ちますが、体だけではなく脳を休ませる行動になります。人間の脳はただ体を横にしただけでは活動しています。「寝る」という行動に入ることで脳を休ませることができるのです。(※ただし寝ている間も活動している時間帯もあります)

睡眠は、心身の休息、身体の細胞レベルでの修復(いわゆる「自然治癒」)、また高次脳機能(記憶の再構成など)にも深く関わっているとされる。

睡眠は人間にどういう効果をもたらすのか

体をリフレッシュしてくれる!

体をリフレッシュしてくれる!

私たちの体にとって必要不可欠なことはわかりましたが、睡眠が一体どういう効果をもたらせてくれるのでしょうか?

・脳と体の疲れを取る
人間は日中にたくさんエネルギーを使用します。体や脳はその間ずっと働いており、消耗しているのです。睡眠がそれを回復させています。

・体を成長させ老化を防止する
睡眠中には成長ホルモンという貴重な物質が分泌します。これが体の組織の修復や再生を行い、体にいい作用をもたらします。

・ストレスの解消
ストレスを感じるとホルモンバランスが崩れます。ホルモンの乱れは体に悪影響をもたらします。睡眠を取り疲れた脳を休ませることが、最大のストレス解消なのです。

・病気の予防
睡眠は成長や老化の予防だけではなく、病気や病原体への抵抗力や免疫力を高める働きもあります。

・美容効果
分泌される成長ホルモンは新陳代謝を高め、肌のハリを蘇らせるなど体をきれいにする効果があります。

・学習効果の効率化(記憶の定着)
睡眠はその日に起こった事・学習したことを整理する機能があり、大事な記憶として覚えなければいけないことを定着させる作用があります。

睡眠には2種類ある!(レム睡眠とノンレム睡眠)

レム睡眠とノンレム睡眠

レム睡眠とノンレム睡眠

レム睡眠やノンレム睡眠といった言葉は一度は聞いたことがあると思います。人間は睡眠中この2つを繰り返しています。

レム睡眠の意味と効果

レム睡眠とは「浅い睡眠」のことを指します。眠りが浅いため、体は休まっているが脳は働いている状態になります。レム睡眠の間は以下の効果が得られます。

・記憶の整理
・記憶の定着
・筋肉の疲労回復

ノンレム睡眠の意味と効果

ノンレム睡眠は「深い睡眠」の状態です。この時は眠りが深いため体も脳も活動せず休んでいます。ノンレム睡眠の間は以下の効果が得られます。

・成長ホルモンを分泌する
・ストレスを解消している
・嫌な記憶を消去する
・疲労回復の効果が高い

質の良い睡眠を得るにはどうしたら良いのか?

質の良い睡眠はどうしたら手に入るのか?

質の良い睡眠はどうしたら手に入るのか?

レム睡眠とノンレム睡眠について見ていきましたが、効果を比べるとノンレム睡眠の時間が多い方が、質の良い睡眠と言えそうです。ではそれを得るためにはどうしたら良いのでしょうか?

質の良い睡眠の条件には下記のポイントが挙げられます。

・体温を上げておく
体は体温が下がると眠気を感じます。体温の高低差が激しいほど深い眠りが訪れます。

・睡眠の障害となるものを排除する
眠気を覚ますカフェインや考え事をするなど、就寝前は脳を活発にさせるような行動を控えます。

・光などの刺激をコントロール
体はメラトニンという物質が分泌して眠気を感じます。このメラトニンを分泌させるには蛍光灯やパソコン、スマホのブルーライトは排除する必要があります。

これが質の良い睡眠の条件となるポイントです。睡眠を妨害する行動で他には就寝前にご飯を食べること。これは胃の動きを活発にしてしまうので止めましょう。

今回は「体温を上げておく」に注目して質の良い睡眠を得るための方法をご紹介します!

質の良い睡眠のためには寝る前にぬるま湯につかる!!

浸かる時間は20分くらいでOKです!

浸かる時間は20分くらいでOKです!

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

中高年から注意 早すぎる時間に眠ってしまう睡眠相前進症候群について

睡眠相前進症候群は40歳くらい肩起こりやすい睡眠障害で、早い時間に眠ってしまいます。仕事などに影響することも…

睡眠には異なる性質あり!睡眠の種類やノンレム睡眠ステージ3の中程度睡眠などをご紹介

1日の疲れを引きずらず、心地の良い良質な睡眠をとりたいという願いは、誰もが抱いているものですよね? 不眠で…

寝るだけでカロリー消費!ウソ?ホント?

寝ている時間は一日の約4分の1。せっかくならこの時間にダイエットができたら良いなと思いませんか?今回はダイエ…

孤独を愛する性格の人は睡眠で共通点がある?その睡眠の特徴とは?

「何時に眠るのが良くて何時に起床するのが最適なのか」という疑問は誰しもが抱えているものかと思います。あなたの…

睡眠改善の悩みによって異なる寝具の選び方や寝る前の睡眠用BGM音楽の選曲のポイント

「最近あまり寝た感じがしない」、「寝ようとしても中々寝付けない」など、睡眠に関する悩みにはさまざまな種類があ…

睡眠を左右するノンレム睡眠とレム睡眠!悪夢を見やすいのはどちらの睡眠?

睡眠にはノンレム睡眠とレム睡眠があると言われています。その2つを繰り返しながら、人は夢を見ます。素敵な夢なら…

昼夜逆転に潜む恐ろしい睡眠障害の罠!生活改善のポイントは太陽にあり?

お昼までゆっくりと眠って、明け方まで起きている昼夜逆転生活。太陽を避けた生活です。これは、睡眠障害ともいえま…

睡眠リズムが故障してしまった睡眠障害 不規則型睡眠覚醒パターンの特徴

不規則型睡眠覚醒パターンは一定の睡眠リズムを保てず、不規則に眠ってしまう睡眠障害です。社会生活への影響も大き…

睡眠時間は短いけど健康!ショートスリーパーはここが良い!

睡眠時間が平均より少し少ないけど、勝手に目が覚めてしまう。そんな方はショートスリーパーなのかも。では、ショー…

ツボ刺激で睡眠の質を改善!不眠や頭痛に有効な百会の場所や押し方をご紹介

睡眠の質を改善するためには不規則な生活リズムを改善するのも大切ですが、直ぐに始められるツボ押しもおすすめです…

睡眠はうつ伏せで寝るのはNG?睡眠の質が悪い主な原因や正しい姿勢とは

心身の健康のために重要な睡眠は、体調が優れないときや何かに悩まされているときも、そのほとんどは改善することが…

朝日を浴びると睡眠の質が向上?知っておきたい睡眠のこと

朝日で睡眠の質が上がるって本当?知っておくと良い!睡眠の質を向上させる方法をご紹介します!




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

売れている人気なマットレスってどれ?