日本は世界から見ても非常に多いナルコレプシー患者がいます。

しかし病気の認知は進んでいなく、突如日中、崩れ落ちるように眠ることから「怠け者」とレッテルを貼られ一人孤独に悩んでいるかもしれません。

適切な治療と投薬で、他の人と同じように日常生活を送れるようになります。

10代に多いナルコレプシーとは

別名「居眠り病」

別名「居眠り病」

15歳前後発症する人が多いナルコレプシー。症状としては、笑い、怒り、驚きなどの感情の起伏後突如力が抜ける「情動脱力発作」。自分では抑えようのない強い眠気が日中何度も襲ってくる。眠っていても金縛りや悪夢を見て睡眠の質が悪いなど、本人にとっては日常生活を営めないほどの症状でありながら、認知度が低いせいで周囲から病気と気付いてもらえず病院に掛かるのが遅くなるのが今、問題となっています。

ナルコレプシーの発作の様子

眠りの発作は突然です

眠りの発作は突然です

ナルコレプシー患者にとって、いつ眠りの発作が襲ってくるか分からないのは恐怖です。

1つ目の動画は日本語を学ぶ女性に普段どのように発作が襲ってくるかを撮影したもの。2つ目の動画は、バドミントンをする女性に、突如発作が襲い崩れ落ちるように眠る様子を捉えています。

両方とも目覚めた後の女性の表情が非常にこわばっていて、見ている者の胸が苦しくなります。

What Narcolepsy Really Looks Like- Studying - YouTube

出典:YouTube

Cataplexy Attack - YouTube

出典:YouTube

ナルコレプシーの治療

精神刺激薬や抗うつ薬で日常生活が送れます

精神刺激薬や抗うつ薬で日常生活が送れます

世界でのナルコレプシーの発症者は約2,000人に1人ですが、日本での発症者は実に4倍の600人に1人もいます。発症の原因は不明ですが、最近の研究で脳内物質のオレキシニンの低下が影響していると分かりました。

治療法は、精神刺激薬のモディオダールやモダフィニルがナルコレプシーの治療薬として認可され、今までの薬と比べて効果が長く、副作用が少ないのが特徴です。その他、幻覚などには抗うつ薬が処方されます。

いずれも、飲み続けないと効果が期待できません。

周囲の理解が必要

突如居眠りをすることから、周囲から「怠け者」とレッテルを貼られてしまうことも多いナルコレプシー。発症からナルコレプシーと分かるまでの期間は人によって15年も掛かってしまうこともあり、周囲の理解がまだ不足している状況です。

1つ目のビデオでもメッセージが流れましたが「悩んでいるのは1人じゃない」。きちんと、精神科、神経科、心療内科を受診して、一刻も早い治療を行いましょう。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

同じ時間に眠れない!リズムが少しづつずれる睡眠障害、非24時間睡眠覚醒症候群について

非24時間睡眠覚醒症候群は睡眠リズムが毎日少しずつずれる睡眠障害です。社会生活に影響を及ぼしてしまうため、お…

ぐっすり眠れない!夜中に途中で目が覚める原因は睡眠時無呼吸障害かも?早めの対処を

ぐっすりと寝静まった頃、突然の咳。ゴホゴホという咳のせいで家族の目が覚めてしまった経験はないでしょうか。もし…

昼夜逆転に潜む恐ろしい睡眠障害の罠!生活改善のポイントは太陽にあり?

お昼までゆっくりと眠って、明け方まで起きている昼夜逆転生活。太陽を避けた生活です。これは、睡眠障害ともいえま…

睡眠障害の対策には泣くことも大事!?不眠とストレスの関係には深い繋がりがある!

ストレスは人間の体や心に悪影響を及ぼしますが、睡眠との関係はどうなのでしょうか?いつも夢ごごちのような眠りに…

睡眠障害の種類は“不眠症”だけじゃない!様々な睡眠障害で治し方が異なる!

“不眠症”には、様々な種類があることを知っていましたか? 原因・症状がそれぞれ違う“不眠症”の種類についてま…

睡眠障害の種類は眠れないだけじゃなかった!?ナルコレプシーと言う過眠症の謎

休みの日はいつも以上に長く寝てしまったり、前の日に良く寝たのにも関わらず「まだまだ寝られるな」なんて思う時は…

明け方に目が覚めてつらい・・・早朝覚醒はしっかり治療しましょう

早朝覚醒という睡眠障害は朝早く目が覚めてしまうことが頻繁に続きます。うつ病などの疾患の原因にもなりかねません…

 もしかして特発性過眠症かも!?よく寝ているのに日中突然眠気に襲われる人は要注意

特発性過眠症は睡眠障害の一種で、日中の間突然長時間眠ってしまう病気です。この記事では特発性過眠症について解説…

百害あって一利なし!?睡眠障害から鬱になりやすいってホント?睡眠のリセット効果が大事…

睡眠には脳を休ませる効果の他にも、イライラとストレスを解消する効果があるといわれています。睡眠障害を抱えてい…

どこでも寝てしまう睡眠障害はナルコレプシー?過眠症の障害の種類を見極め、早期治療を

いつでもどこでも眠くなり、日中でも眠くなってしまう困った睡眠障害がナルコレプシー。 日本人にはことのほか多い…

美味しいものを食べると増える?ナルコレプシーと関係の深いオレキシンの働きとは?

朝目覚め、夜は眠くなる。自然の摂理とはいえ、体内では色々な物質が働いています。そのうちの一つ、神経伝達物質「…

もっと眠っていたい!でも朝早く目が覚めてしまう原因や対処法のチェックポイントとは?

朝早く目が覚めてしまい眠れないことがありますか?続くようなら睡眠障害が疑われます。生活を見直して睡眠を改善し…

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

安眠効果のある食べ物特集

どうせ食べるなら良い眠りにつながる食事を採りましょう!