子どもの頃は布団に入ったらすぐ、ぐっすり眠れていたのに、大人になるに従って眠りに入る時間が掛かり、常に寝つきが悪い状態に。

ストレスや体内時計のズレ、カフェインやアルコール摂取など、寝つきが悪くなる原因は色々あります。

「寝つきが悪い」とは

眠たいのにいざベッドに入って寝ようとするとなかなか眠りにつくことが出来ない状態を、寝つきが悪いと言います。
寝つきが悪いと、翌朝目覚めても身体がスッキリせず、一日中調子が悪い状態で過ごしてしまうこともあります。

寝つきが悪い原因

不安やストレスを感じていませんか?

不安やストレスを感じていませんか?

寝つきが悪い原因には幾つかあります。1つは、朝起きるべき時間に起きず、日の光を浴びず食生活の乱れや運動不足などで体内時計にズレが生じている状態。2つは、ストレスで緊張を司る交感神経が優位に働き回復やリラックスを司る副交感神経の働きを阻害してしまっている状態。

その他、夕食後コーヒーなどのカフェインを摂取したり、アルコールを多めに飲むことも寝つきの悪い原因になります。夜激しいスポーツをしたり、パソコンやスマホを見て、寝る前にブルーライトで目を刺激することも寝つきの悪さに繋がります。

寝つきを良くするには

原因として挙げたことを全てストップすれば、寝つきは改善されます。朝きちんと起き、太陽の光を浴び、適度な運動をします。特にラジオ体操は、10分に満たない時間で全身ストレッチ、深呼吸を十分に行える運動としておすすめです。

日中疲れが残っていると感じる時は、昼~15時位の間で15分程度の昼寝をとるのが効果的です。

眠る2時間前にはスマホやPC、テレビを見ることはせず、ゆっくり入浴したり、深呼吸、マッサージなどで身体のコリをほぐしたり、心地よいと感じる香りをかぎリラックスすると、副交感神経が優位に立ちスムーズな眠りに入れるでしょう。

難しい本を読む、語学学習をするなど、普段とあまり使っていない脳の部分を刺激するのも脳が適度に疲れて眠りにつきやすくなります。また、暖かくなったとしても薄着して風邪をひかないよう、身体を温めてゆっくりお休みなさい。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

【夜間頻尿】夜なんどもトイレに行き眠りが浅い!気になる原因と改善方法は?

一晩に2回以上トイレに行く人はもしかして「夜間頻尿」かもしれません。気になる原因と対処法をご紹介します。

ひょっとして過眠症?もしかしたら睡眠障害のナルコレプシーかもしれませんよ

寝ても寝ても眠い。夜は早めに寝ているし、朝起きると熟睡感もある。でも、それなのにまたすぐ眠くなってしまう。私…

睡眠リズムが故障してしまった睡眠障害 不規則型睡眠覚醒パターンの特徴

不規則型睡眠覚醒パターンは一定の睡眠リズムを保てず、不規則に眠ってしまう睡眠障害です。社会生活への影響も大き…

同じ時間に眠れない!リズムが少しづつずれる睡眠障害、非24時間睡眠覚醒症候群について

非24時間睡眠覚醒症候群は睡眠リズムが毎日少しずつずれる睡眠障害です。社会生活に影響を及ぼしてしまうため、お…

睡眠障害の種類は“不眠症”だけじゃない!様々な睡眠障害で治し方が異なる!

“不眠症”には、様々な種類があることを知っていましたか? 原因・症状がそれぞれ違う“不眠症”の種類についてま…

睡眠中に呼吸が止まる⁉︎睡眠時無呼吸症候群を予防することが健康につながる

睡眠中に呼吸が止まってしまうのは、聞いただけでも恐ろしいですよね。しかし、予防することも可能ですので、日頃の…

体内時計正常に働かない!?睡眠障害“非24時間睡眠覚醒症候群”とは?

就寝時刻と起床時刻が毎日1、2時間ずつ遅れていってしまう概日リズム睡眠障害のひとつ“概日リズム睡眠障害”。 …

心だけじゃない!?不眠の原因は身体的ストレスの可能性も!

一般的に睡眠障害というと精神的なストレスが原因と言われます。しかし心だけではなく、身体の状態も睡眠に大きな影…

ぐっすり眠れない!夜中に途中で目が覚める原因は睡眠時無呼吸障害かも?早めの対処を

ぐっすりと寝静まった頃、突然の咳。ゴホゴホという咳のせいで家族の目が覚めてしまった経験はないでしょうか。もし…

つらい睡眠障害は不安が原因?睡眠を妨げる心理的原因を取り除くには

なかなか眠れない、つらい睡眠障害。 眠ろう眠ろうと思っても、かえって目はさえるばかり。 体の疲れもとれないし…

反復性過眠症って何!? 眠りすぎる睡眠障害の症状と治療を考えてみる!

反復性過眠症は18時間〜20時間眠り続けてしまう病気です。原因などは不明ですが医師に相談することが不可欠。お…

日中の眠気はなぜ起こる?日常生活に支障をきたす眠気を改善しよう!

日本人の睡眠時間は毎年短くなっている傾向が見られています。ここ50年で睡眠時間はおよそ1時間も短くなったとい…

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

安眠効果のある食べ物特集

どうせ食べるなら良い眠りにつながる食事を採りましょう!