60代以上の男性の実に80パーセントもの人が悩んでいると言われている「夜間頻尿」。

老化の影響も多いのですが、その他にも重大な病気のサインかもしれません。あなたの気になる夜間頻尿の原因と改善方法とは。

夜間頻尿とは

夜間2回以上トイレに行く人は要注意

夜間2回以上トイレに行く人は要注意

夜間、何度もトイレに行き眠れず、日中眠くなる……。
就寝中1度以上、50歳代からは2度以上トイレに行く方は、夜間頻尿かもしれません。

男女問わずポピュラーな排尿問題で、40歳以上の実に4500万人が夜間頻尿に悩んでいると言われています。

夜間頻尿の原因

重大な病気が隠れているかも

重大な病気が隠れているかも

夜間頻尿の原因はさまざまあります。膀胱は加齢による老化現象の影響を受けやすく、60歳以上の方では女性の40%、男性は80%もの人が夜間頻尿に悩まされています。

加齢以外では、「過活動膀胱」は排尿筋が必要以上に収縮して敏感になりすぎていたり、「夜間多尿」は日中に比べ夜の尿量が多い状態です。

膀胱炎や前立腺炎で膀胱容量が減少しても夜間頻尿になりますし、眠りが浅く夜目が覚めるたびにトイレに行きたくなる人は「睡眠障害」かもしれません。
また、夜寝る前に「水分過剰摂取」しても夜間頻尿の原因になります。服用している薬の副反応でも夜間頻尿を引き起こす原因になります。

夜間頻尿の改善方法

過剰に水分をとり過ぎたことによる夜間頻尿の方は、夜寝る前に水分をとらないようにしましょう。

一日の排尿量とトイレに行った数を調べる排尿日誌をつけると、夜間頻尿の原因が掴みやすくなります。

睡眠障害による夜間頻尿には、睡眠薬が効果的です。加齢や過活動膀胱による夜間頻尿には、特に女性の方には膣とこう門を閉める筋力トレーニングが効果的です。

手足の冷えが腎臓の冷えに繋がり、夜間頻尿の原因になっていることもあります。食べ物や衣服で意識的に冷え取りを行いましょう。

夜間頻尿には、重大な病気が隠されている可能性もあります。糖尿病や高血圧、心臓病の働きが弱まっていたり、腎機能に障害があったり、睡眠時無呼吸症候群でも夜間頻尿を引き起こします。

まとめ

夜間頻尿は、重大な病気が潜んでいる身体のSOSかもしれません。また、重大な病気では無くても、睡眠障害の眠剤処方や排尿に関する悩みを抱えている方は、ぜひ泌尿器科の病院で診てもらいましょう。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

睡眠リズムが故障してしまった睡眠障害 不規則型睡眠覚醒パターンの特徴

不規則型睡眠覚醒パターンは一定の睡眠リズムを保てず、不規則に眠ってしまう睡眠障害です。社会生活への影響も大き…

途中で目が覚めるのは睡眠不足!?睡眠障害の症状とは

夜寝ている途中でどうも目が覚めてしまって寝られないという人は、睡眠障害のおそれがあります。一時的ならば問題あ…

睡眠障害の種類は“不眠症”だけじゃない!様々な睡眠障害で治し方が異なる!

“不眠症”には、様々な種類があることを知っていましたか? 原因・症状がそれぞれ違う“不眠症”の種類についてま…

昼夜逆転に潜む恐ろしい睡眠障害の罠!生活改善のポイントは太陽にあり?

お昼までゆっくりと眠って、明け方まで起きている昼夜逆転生活。太陽を避けた生活です。これは、睡眠障害ともいえま…

夜中にならないと寝れない?睡眠リズムが後ろにズレてしまう睡眠相後退症候群とは?

睡眠相後退症候群は睡眠リズムが後ろにずれ、朝起きられなくなってしまう睡眠障害です。深刻な問題を引き起こしかね…

ひょっとして過眠症?もしかしたら睡眠障害のナルコレプシーかもしれませんよ

寝ても寝ても眠い。夜は早めに寝ているし、朝起きると熟睡感もある。でも、それなのにまたすぐ眠くなってしまう。私…

明け方に目が覚めてつらい・・・早朝覚醒はしっかり治療しましょう

早朝覚醒という睡眠障害は朝早く目が覚めてしまうことが頻繁に続きます。うつ病などの疾患の原因にもなりかねません…

 もしかして特発性過眠症かも!?よく寝ているのに日中突然眠気に襲われる人は要注意

特発性過眠症は睡眠障害の一種で、日中の間突然長時間眠ってしまう病気です。この記事では特発性過眠症について解説…

体内時計正常に働かない!?睡眠障害“非24時間睡眠覚醒症候群”とは?

就寝時刻と起床時刻が毎日1、2時間ずつ遅れていってしまう概日リズム睡眠障害のひとつ“概日リズム睡眠障害”。 …

もしかしたら眠れないかも?そう思うだけで眠れない!それは睡眠障害による不眠恐怖症の可…

もしかしたら不眠恐怖症かも!?毎晩、夜が来るのが怖い。また、眠れないんじゃないかと思うだけで、余計に眠れない…

ただの居眠りじゃなかった?1000人に1人の割合で発症するナルコレプシーとは

「これから会議なのに…何をしても眠い…」夜はしっかり寝たはずなのに、日中何をしても眠く、起きていられないよう…

睡眠障害の種類は眠れないだけじゃなかった!?ナルコレプシーと言う過眠症の謎

休みの日はいつも以上に長く寝てしまったり、前の日に良く寝たのにも関わらず「まだまだ寝られるな」なんて思う時は…

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

管理人おすすめ!一緒に朝を迎えたくなるベッドたち!