アメリカで睡眠負債という考えが発表されました。毎日、寝不足の日々が続き、知らず知らずのうちに抱え込んでいる負債です。もちろん、負債といってもお金に関する負債ではありません。睡眠に関する負債です。睡眠負債の上手な返し方についてまとめました。

睡眠負債とは

睡眠時間はお金にかえられません

睡眠時間はお金にかえられません

睡眠負債とは、アメリカの睡眠に関するエキスパートが発表した考えです。毎日8時間の睡眠が必要な人が、5時間しか眠れなかった場合に、どうしても睡眠が不足します。この不足した睡眠を睡眠負債と呼びます。

睡眠負債をいつまでも抱えていると、睡眠不足が慢性的になります。その上、昼間の生活に支障が出かねません。早めに睡眠負債を返済して、睡眠改善を図りましょう。

睡眠負債の弊害

ちょっと一眠り

ちょっと一眠り

毎日の睡眠負債が続くと、睡眠不足から始まる睡眠障害に発展する場合があります。睡眠障害には、肥満・高脂血症・糖尿・高血圧症といった生活習慣病につながる病にかかるリスクが高くなります。

会議室で、仕事場で昼間、耐えきれないほどの眠気に襲われて、ついウトウト。睡眠不足のため、集中力を欠いてしまい、仕事の効率も悪くなってしまいます。

睡眠負債を休日に返すには

スッキリと目覚めたいですね

スッキリと目覚めたいですね

寝だめはできませんが、睡眠負債を休日に返すことはできます。ポイントは、寝過ぎないことです。休日にゆっくりと寝ていられるからといっても、夜更かしは禁物です。いつも寝る時間より早くには、就寝しましょう。

起きる時間にも工夫をします。あまりダラダラと眠っていると、体内時計のリズムが狂い、休日なのに休んだ気がしないという悪循環に陥ってしまいます。大体、いつもの睡眠時間よりも2時間長めに寝るくらいでおさえておきましょう。

まとめ

睡眠負債を抱えたままでいると、不眠が慢性的になり、やがて睡眠障害へと移行してしまいます。そうなる前に、休日を利用して睡眠負債を返しましょう。休日の睡眠負債返上は、緊急時の応急処置ともいえます。規則正しいリズムの生活を送り、睡眠負債のない環境を作りたいものですね。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

時差ぼけで起きる睡眠障害の改善方法!

海外旅行や出張でつらい時差ぼけの経験はありませんか?時差ぼけを起こすと体調不良で何も手付かずになりますよね。…

なぜ眠る?睡眠をとる主な理由や効果、ストレスを取り除く方法をご紹介!

十分な睡眠時間をとったはずなのに朝の起床時には怠さが残っていたり、日中の仕事にうまく集中できないなんてことは…

昼夜逆転に潜む恐ろしい睡眠障害の罠!生活改善のポイントは太陽にあり?

お昼までゆっくりと眠って、明け方まで起きている昼夜逆転生活。太陽を避けた生活です。これは、睡眠障害ともいえま…

冷え性さんの質が良い睡眠のための必須アイテム「湯たんぽ」その嬉しい効果&使い方

湯たんぽってなんだか固くて使いにくそう。熱すぎないの?すぐに冷めてしまいそう。などの意見があると思いますが、…

眠気覚ましに1杯コーヒーを飲んでも効果はない!?カフェインと睡眠のホントの関係

コーヒーを飲むと眠れなくなると、皆さんはよく耳にしたことがあると思います。原因はカフェインにあり、眠気を吹き…

睡眠とは一体何?ノンレム睡眠と神経伝達物質ノルアドレナリンとの関係性

1日の疲れやストレスをリフレッシュしてくれる睡眠。 普段当たり前のように行っているものですが、睡眠とは明確…

鼻呼吸に必要な「あいうべ体操」とは?正しい鼻呼吸にするだけで朝までぐっすり

睡眠と呼吸は深いつながりがあったんです。鼻呼吸は生まれたばかりの赤ちゃんがする生命維持をする大切な行為。それ…

睡眠時間の長さに影響するレム睡眠!睡眠の種類を知って、眠りの質をアップさせよう

レム睡眠という言葉を聞いたことはありませんか? 実はこれ、睡眠の種類の中でも浅い眠りのことを言います。 レム…

良質な睡眠を行うために必要な寝具の条件や音楽のヒーリング・ミュージックによる効果

ストレス社会の現代では過度なストレスや肥満が原因となる睡眠時無呼吸症候群などによって、睡眠不足の状態になる方…

インフルエンザのワクチンが効かなくなる?寝不足により影響がでる身体のこと

十分な睡眠時間をとれないと、色々な病気を併発させる危険があります。特に高血圧の人は生活習慣病になりやすかった…

ベッドルームにオススメ!柔らかく漏れるような光を作る「コーニス照明」とは?

壁のうえから柔らかい光が漏れるような照明は魅力的ですよね。リラックス効果がで安眠も期待できるそのオススメの照…

不眠症の知識は時代とともに変化します!あなたの知識は大丈夫ですか!?

不眠症でも眠れない時には、布団の中でじっとしていればそのうち眠くなる、昔の人はそう言いました。問題は、その布…

関連するキーワード

momopuni

ぐっすりと眠りたい、快眠を求めて情報収集をしています。




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

管理人おすすめ!一緒に朝を迎えたくなるベッドたち!