睡眠不足が続くうちに、いつしか夜が怖くなり、緊張しすぎて眠れなくなる・・・。そんな負のスパイラルにはまってしまう症状を睡眠恐怖症と呼びます。眠るための努力をしすぎて、それが逆に眠れなくなる原因を作り出しているのです。そんな睡眠障害による睡眠恐怖症についてまとめました。

お願い!夜よ来ないで!!

悩みが悩みを呼びます

悩みが悩みを呼びます

眠りたいのに眠れない、時間だけが過ぎていき、朝が白々と開けていく、あぁ今夜も眠れなかった、これは眠れない本人にとって辛い症状ですよね。寝よう寝ようと努力をすればするほど、眠りから遠ざかっていきます。

じゃあ、どうすれば眠れるの?このまま眠れない日々が続くの?

こういった症状を睡眠恐怖症と呼んでいます。文字通り、睡眠が恐怖になる睡眠障害です。一日も早く抜け出したい、厄介な睡眠障害といえます。

こんなタイプがかかりやすい

真面目で几帳面な性格の人ほど、かかりやすいといわれています。完璧主義者でこうあらねばならないという考えが強いため、眠れない状況を許すことが出来ないのです。寝る時間イコール睡眠タイム。睡眠時間には、必ず寝ていなければならないと思っているため、不眠の自分が許せないのです。

一過性の不眠は、眠りを妨げている問題が片付けば解消します。ですが、慢性の不眠症は、今夜眠れるかのこだわりが強すぎて、睡眠を妨げています。

睡眠恐怖症から抜けるために

リラックスしましょ

リラックスしましょ

布団に入って、眠れないと感じたら20分を目安に布団から出ましょう。いつまでも布団に入っていても、眠れない状況ばかりが続き、ますます眠れなくなってしまいます。ただし、明かりには気をつけましょう。スマホやPC、テレビなどもNGです。薄暗い部屋の中で過ごします。

布団から抜けだして、椅子に座りぼんやりしていると眠気がさしてきます。寝てはいけない状況で眠くなりやすくなるのです。眠くなり始めたらチャンスを逃さず、再び布団に戻ります。

もし、布団に入ってもまた眠れないなら再度、20分を目安に布団から抜け出し同じ行動をとります。人肌程度の温かいココアを飲んだり、乳製品を軽くつまんだり、お腹に少し食べ物を入れておくこともオススメです。

まとめ

眠りたいけど眠れない、睡眠恐怖症はとても辛い症状です。この場合、本人には眠った意識がないのに、眠れていたことも多々あります。ですが、眠れないと感じる辛さを半減することが一番大切です。
几帳面な性格を変えることは難しいですが、こうあるべきという考えを改めることができると思います。どうしても睡眠障害が気になるのなら、お医者さんに相談しませんか?

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

寝室の色を変えよう!暖色系で心も体もリラックスして睡眠の質を改善する方法♪

暖色系の光は睡眠物質メラトニンの分泌を促進してくれます。寝る時間を多く過ごす寝室の明かりを暖色系にすることで…

睡眠とは一体何?ノンレム睡眠と神経伝達物質ノルアドレナリンとの関係性

1日の疲れやストレスをリフレッシュしてくれる睡眠。 普段当たり前のように行っているものですが、睡眠とは明確…

不眠症の改善にはストレスを取り除く!?湧泉のツボ押しでスッキリが気持ちいいい♡

身体の疲れや、心のストレスを取り除く方法の一つにマッサージがあります。直接筋肉に働きかけるようにマッサージを…

ぐっすり眠れない!夜中に途中で目が覚める原因は睡眠時無呼吸障害かも?早めの対処を

ぐっすりと寝静まった頃、突然の咳。ゴホゴホという咳のせいで家族の目が覚めてしまった経験はないでしょうか。もし…

照明の色は3種類!睡眠時のリラックスに効果的なのは何色?

照明の役割は空間を明るく演出するだけと捉えていませんか?実は活用方法によって仕事の質を向上させたり、心身に対…

寝具の選び方で睡眠の質が上がる!?ベッドをマットレスに変えて不眠症を改善

私たちの睡眠のお供“ベッド”にはさまざまな種類があります。 その中でも注目したいのが“マットレス”。 木製や…

眠れない原因はコレだった!睡眠障害の要因5つのPとは!?

なんだか眠れない、でも原因がよくわからなくて不安という経験はありませんか?睡眠障害になるには要因がキチンとあ…

睡眠は長さより質!理想的な睡眠時間や最も寿命が長いバリュアブルスリーパーの特徴

理想的な睡眠時間として8時間という数字をよく目にしますが、この数字は医学的根拠があるものではなく、統計された…

眠りたいのに眠れない…。概日リズム睡眠障害のひとつ“睡眠相後退症候群”の原因&対策と…

眠りたいのに眠れない……。 やっと眠気が襲ってきたと思ったらもう真夜中…。 睡眠時間帯が後ろにずれ、遅い時間…

睡眠改善に効果的!寝具の正しい選び方や耳栓サイレンシアの特徴・使用方法

寝具のデザイン性にこだわりを持つ方は多いかと思いますが、寝心地や睡眠の質に関しては意外と適当に選んでいる何て…

鼻呼吸に必要な「あいうべ体操」とは?正しい鼻呼吸にするだけで朝までぐっすり

睡眠と呼吸は深いつながりがあったんです。鼻呼吸は生まれたばかりの赤ちゃんがする生命維持をする大切な行為。それ…

うつ伏せで寝る人は几帳面!だけどそれが睡眠の質が悪い原因につながっている!?

うつ伏せで睡眠をとることで腰や顔の歪みを生む可能性があります。これらを認識した上で寝相について検討する必要が…

関連するキーワード

momopuni

ぐっすりと眠りたい、快眠を求めて情報収集をしています。




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

管理人おすすめ!一緒に朝を迎えたくなるベッドたち!