睡眠不足が続くうちに、いつしか夜が怖くなり、緊張しすぎて眠れなくなる・・・。そんな負のスパイラルにはまってしまう症状を睡眠恐怖症と呼びます。眠るための努力をしすぎて、それが逆に眠れなくなる原因を作り出しているのです。そんな睡眠障害による睡眠恐怖症についてまとめました。

お願い!夜よ来ないで!!

悩みが悩みを呼びます

悩みが悩みを呼びます

眠りたいのに眠れない、時間だけが過ぎていき、朝が白々と開けていく、あぁ今夜も眠れなかった、これは眠れない本人にとって辛い症状ですよね。寝よう寝ようと努力をすればするほど、眠りから遠ざかっていきます。

じゃあ、どうすれば眠れるの?このまま眠れない日々が続くの?

こういった症状を睡眠恐怖症と呼んでいます。文字通り、睡眠が恐怖になる睡眠障害です。一日も早く抜け出したい、厄介な睡眠障害といえます。

こんなタイプがかかりやすい

真面目で几帳面な性格の人ほど、かかりやすいといわれています。完璧主義者でこうあらねばならないという考えが強いため、眠れない状況を許すことが出来ないのです。寝る時間イコール睡眠タイム。睡眠時間には、必ず寝ていなければならないと思っているため、不眠の自分が許せないのです。

一過性の不眠は、眠りを妨げている問題が片付けば解消します。ですが、慢性の不眠症は、今夜眠れるかのこだわりが強すぎて、睡眠を妨げています。

睡眠恐怖症から抜けるために

リラックスしましょ

リラックスしましょ

布団に入って、眠れないと感じたら20分を目安に布団から出ましょう。いつまでも布団に入っていても、眠れない状況ばかりが続き、ますます眠れなくなってしまいます。ただし、明かりには気をつけましょう。スマホやPC、テレビなどもNGです。薄暗い部屋の中で過ごします。

布団から抜けだして、椅子に座りぼんやりしていると眠気がさしてきます。寝てはいけない状況で眠くなりやすくなるのです。眠くなり始めたらチャンスを逃さず、再び布団に戻ります。

もし、布団に入ってもまた眠れないなら再度、20分を目安に布団から抜け出し同じ行動をとります。人肌程度の温かいココアを飲んだり、乳製品を軽くつまんだり、お腹に少し食べ物を入れておくこともオススメです。

まとめ

眠りたいけど眠れない、睡眠恐怖症はとても辛い症状です。この場合、本人には眠った意識がないのに、眠れていたことも多々あります。ですが、眠れないと感じる辛さを半減することが一番大切です。
几帳面な性格を変えることは難しいですが、こうあるべきという考えを改めることができると思います。どうしても睡眠障害が気になるのなら、お医者さんに相談しませんか?

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

人はなぜ眠るのでしょうか?眠らなくても死なないってホント?そのメカニズムに迫ります

子供の頃、眠れない夜に両親から「一晩くらい眠れなくても死なない」と言われたことはないでしょうか。そもそも人は…

寝具の改善よりもヒーリングミュージック?音楽が睡眠にもたらすスゴい効果

ヒーリング・ミュージックを聴くと、寝具の改善よりも安眠効果が!心地よい音楽と、睡眠の関係とは?

睡眠の質が悪い原因とは一体何!?睡眠不足による成長ホルモンの減少の結果で起こる影響

「最近睡眠の質があまり良くないな・・・。」と感じている方はいないでしょうか?毎日を健康で過ごすために必要な睡…

ラベンダーの香りにうっとり!アロマのにおいで睡眠を改善する方法や寝具の選び方

眠たいはずなのに中々寝付けない・・・。と悩んでいる方におすすめしたいのがアロマオイルや寝具選びです。 アロ…

良質な睡眠をとるには葉酸・トリプトファン・バントテン酸が効果的!

仕事も家庭も特に問題がないのに、中々うまく寝付けない・・・。なんていうことはありませんか?そのような状態は普…

オレンジ色は「夕日」を連想させる!就寝前は間接照明に切り替えて心地よい眠りを誘おう

眠る前の照明の光は何色ですか?就寝前の電気を間接照明にするだけで、睡眠の質が上がる!?

睡眠を左右するノンレム睡眠とレム睡眠!悪夢を見やすいのはどちらの睡眠?

睡眠にはノンレム睡眠とレム睡眠があると言われています。その2つを繰り返しながら、人は夢を見ます。素敵な夢なら…

夜中に目が覚めてしまう?改善して良質な眠りにつきましょう♡

夜中に目が覚めてしまい眠れないのはとても辛いですね。良質な睡眠がとれていないことが原因として考えられます。改…

全身を温めるしょうがには安眠効果も?食事は睡眠3時間前に済ましましょう

日常生活を活動的に過ごすために必要な睡眠。そんな睡眠の質を向上させたいという方はたくさんいるかと思います。 …

寝具の選び方で睡眠の質が上がる!?ベッドをマットレスに変えて不眠症を改善

私たちの睡眠のお供“ベッド”にはさまざまな種類があります。 その中でも注目したいのが“マットレス”。 木製や…

まだ諦めないで!ノルアドレナリンを上手くコントロールすればうつ病は改善される

神経伝達物質であるノルアドレナリン、これはストレスを受け続けると起こるうつ病を始め、睡眠とも大きな関係がある…

快適な睡眠で取り戻そう!正しいホルモン分泌で肌荒れ改善

しっかりした快適な睡眠が充分とれないと、本来のホルモン分泌が乱れてしまい肌荒れにもつながります。自分で意識を…

関連するキーワード

momopuni

ぐっすりと眠りたい、快眠を求めて情報収集をしています。




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

売れている人気なマットレスってどれ?