寝付く時間と起きる時間が毎日少しずつ遅れていく睡眠障害“非24時間睡眠覚醒症候群”。
非24時間睡眠覚醒症候群に罹ると、入眠時間が毎日1、2時間ずつ遅れていき起きる時間も後ろにずれてしまいます。

日によっては遅れる時間が2、3時間になることも…。
そんな非24時間睡眠覚醒症候群の原因や対策方法をまとめてみました。

非24時間睡眠覚醒症候群とは

非24時間睡眠覚醒症候群

非24時間睡眠覚醒症候群

非24時間睡眠覚醒症候群は冒頭でもお伝えした通り、寝付く時間と起きる時間が毎日徐々に遅れていく睡眠障害です。

非24時間睡眠覚醒症候群は、主に視覚に障害がある方に多く見られると言われていましたが、近年では一般に健康な方でも多く発症するようになりました。

非24時間睡眠覚醒症候群に罹りながら会社へ出勤したり、学校へ登校している人たちもいます。
気合いで朝は同じ時間に起床するものの、就寝時間は徐々に遅くなってしまい週末に“寝だめ”をしてしまう。その行動によってさらに睡眠リズムが乱れ、日常生活に支障をきたしてしまいます。

非24時間睡眠覚醒症候群の原因

非24時間睡眠覚醒症候群の原因は、今のところはっきり解明されていません。

しかし、考えられる原因として「体内時計の周期が他の人より長い」、「光に対する感受性が強い」、「体内時計の調整機能の弱まり」の3点があげられます。

体内時計の周期がほかの人より長い

人の体内時計は、24時間より長いことが明らかになっています。個人差はありますが、24時間10分くらいの人が多いと言われています。

しかし、25時間以上の長い周期を持つ人もいるのです。周期が長いと、体内時計を毎日修正するのが難しいため、睡眠のリズムが後ろへズレていくようになります。
光に対する感受性が強い

光に対する感受性が強いというのは、「光の影響を受けやすい」ということです。

朝に太陽の光を浴びる分にはいいのですが、現代社会ではパソコンやテレビ、コンビニの照明など、夜間に光の刺激を受ける機会があふれています。光の感受性が強いと、これらの夜間の光に過敏に反応してしまい、体内時計が遅いほうへズレやすくなります。
体内時計の調整機能が弱まっている

不規則な生活や深夜勤務などによって日光を浴びる機会が減ると、体内時計の調整機能が弱まってきます。そうすると、体内時計のズレを正常に修正できなくなり、元々の24時間以上の周期で睡眠リズムを刻むことになります。

また『睡眠相後退症候群』にかかっている人も、上記の理由によって『非24時間睡眠覚醒症候群』に移行してしまうことがあります。起きる時間が遅くなって日中に光を浴びる時間が減るため、体内時計のズレを修正できなくなるのです。

非24時間睡眠覚醒症候群の改善方法

主な改善方法は2つ

主な改善方法は2つ

非24時間睡眠覚醒症候群を改善するためには、「高照度光療法」と「メラトニン治療」の二つによって体内時計のリズムを整えることが有効とされています。

●高照度光療法
高照度光療法とは、朝起きたときに2500ルクス以上の光を1~3時間浴びるという方法です。
実は光の刺激には、体内時計を整える効果があります。

ちなみに、一般的な部屋の蛍光灯は500ルクス程度の明るさなので、高照度光療法をするための専用の機器が必要になります。

●メラトニン療法
一番改善に効果的だとされる治療法です。
メラトニンを服用することで、眠気を引き起こしたり、体内時計のリズムを調整したりすることができます。

メラトニンは、日本国内で購入することができませんが、海外サプリメント通販にて購入することができます。

まとめ

非24時間睡眠覚醒症候群に罹っているにも関わらず、24時間社会のリズムに無理矢理合わせた生活をすると、“極度の眠気”や“集中力の低下”、“慢性的な疲労”といった日常生活に支障をきたす症状に悩まされてしまいます。

そのため、早期の発見・治療を心がけ改善していくことが大切です。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

深い睡眠をサポートする枕選びの方法や素材の種類、そばがら枕の効果

「中々眠りにつくことができない」「夜中に何度も目が覚めてしまう」など、悪い睡眠に悩まされている方は数多く存在…

インフルエンザのワクチンが効かなくなる?寝不足により影響がでる身体のこと

十分な睡眠時間をとれないと、色々な病気を併発させる危険があります。特に高血圧の人は生活習慣病になりやすかった…

つらい睡眠障害は不安が原因?睡眠を妨げる心理的原因を取り除くには

なかなか眠れない、つらい睡眠障害。 眠ろう眠ろうと思っても、かえって目はさえるばかり。 体の疲れもとれないし…

睡眠が不規則な人にオススメのアンカースリープとは?

仕事などでやむを得ず不規則な睡眠をとっている人は、睡眠を分割してとるアンカースリープで上手に乗り切りましょう…

同じ時間に眠れない!リズムが少しづつずれる睡眠障害、非24時間睡眠覚醒症候群について

非24時間睡眠覚醒症候群は睡眠リズムが毎日少しずつずれる睡眠障害です。社会生活に影響を及ぼしてしまうため、お…

バナナは睡眠に最適!体内で生成できないトリプトファンも含むですやすや熟睡!

お手軽に睡眠の質をアップさせたいなら…甘くておいしいバナナを、毎日の食事やおやつに取り入れてみましょう。

百害あって一利なし!?睡眠障害から鬱になりやすいってホント?睡眠のリセット効果が大事…

睡眠には脳を休ませる効果の他にも、イライラとストレスを解消する効果があるといわれています。睡眠障害を抱えてい…

睡眠妨害だけではない!夜更かしがもたらす危険性

夜更かしが習慣づいてしまうと、なかなか元に戻すのは難しいです。ですが、夜更かしに慣れてしまうと健康面でも悪影…

良い眠りへと改善するにはツボ刺激!百会を刺激して気持ちよく眠ろう

毎日気持ちよく眠りたい人は、ぜひツボ刺激を取り入れてみましょう。誰でも知っているあのツボが睡眠にもとても役に…

朝飲むと効果的!?ココアはアンチエイジングだけじゃなく集中力もアップさせる

寒いときはあたためて、暑い時は冷やして、1年中活躍してくれるココア。ココアには「睡眠に良い」と「睡眠に悪い」…

照明の色は3種類!睡眠時のリラックスに効果的なのは何色?

照明の役割は空間を明るく演出するだけと捉えていませんか?実は活用方法によって仕事の質を向上させたり、心身に対…

毎日のイライラの原因はこれ?イライラ防止に気を付けるべきポイントとは?

なんだか毎日イライラする・・・。今まではスムーズに眠れたのに最近は夜中に何度も目が覚めてしまう・・・。という…




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

売れている人気なマットレスってどれ?