日本人の5人に1人は不眠症を言われる時代。
花粉症は、これのさらに上をいき、日本人の4人に1人が花粉症だと言われています。

そんな花粉症が原因で睡眠障害になってしまう可能性も…。
現代病ともいえる花粉症と不眠症。この二つの病気にはどのような関係があるのでしょうか?

花粉症の症状が体に悪影響を与える

花粉症の症状とは?

花粉症の症状とは?

花粉症の症状は主に、くしゃみや鼻水、鼻づまりなど、一般的な風の症状によく似ています。

人によっては目が痒くなったり、頭痛がしたりと、花粉症の症状は人それぞれですが、どんな症状も生活を送る上で、煩わしいことばかりですね。

花粉症のアレルギー反応そのものによって不眠症を引き起こしているわけではありません。

しかし、これだけ身体に悪影響を及ぼしているため、睡眠障害を引き起こす可能性が大きくなってしまうのです。

花粉症がひどいと寝つきが悪くなる…

そんな経験、ありませんか?

そんな経験、ありませんか?

花粉症が原因で出る鼻水や鼻づまりは、脳に酸素がうまくいき渡らなくなり、さらにくしゃみをすることで体力を奪われてしまいます。

寝よう!と思ってベッドに横になっても、鼻水が垂れてきたりくしゃみが止まらたなかったりすると眠れなくなってしまいますよね。そのような経験をしたことがある人も多いはずです。

何とか寝れたと思っても、鼻づまりが原因で呼吸がしづらく安眠できません。

花粉症を治せば睡眠障害も改善される

身体的原因の場合、原因元を突き止めましょう

身体的原因の場合、原因元を突き止めましょう

昼間はくしゃみや鼻水に襲われ、夜は寝つきが悪く安眠もできない…。これでは身体にも精神的にもストレスがかかってしまい、さらに睡眠障害を悪化させてしまいます。

花粉症などの身体的原因で起こる睡眠障害は、原因元の病気を治すことで改善ができます。
つまり、花粉症が原因で睡眠障害を引き起こしてしまった場合、花粉症を治せばいいのです。

まとめ

なぜ、花粉症が原因で睡眠障害が起こるのか?
これは、“ストレス”によるものだったのです。

花粉症の改善をするためには、医師の力が必要ですが自分でも改善するための工夫はできます。

薬局などで購入できる酸素を吸入して脳に酸素を送ったり、寝るときにマスクをつけたりと、まずは自分でできる改善を行っていきましょう。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

安眠効果のある食べ物特集

どうせ食べるなら良い眠りにつながる食事を採りましょう!