人間の体と光の関係

太陽を浴びることは体内時計を調整する役割がある

太陽を浴びることは体内時計を調整する役割がある

脳に備わっている「生体時計」は、光によってコントロールされています。光を感じることで活動時間なのか、休息時間なのかを判断し、ホルモンの分泌や体温のリズムなどが調整されます。

では、眠っているときの光環境はどのようにすればベストなのでしょうか?

良質な睡眠には、真っ暗な環境が必要

豆電球はNG!できるだけ暗くして睡眠をとる

豆電球はNG!できるだけ暗くして睡眠をとる

前述の通り、光を認識することで人間は活動時間だと判断します。

就寝中は瞼を閉じていますが、瞼の上からでも光を感知することができるため、脳は活動時間だと判断し、深い睡眠を取ることができません。

良質な睡眠を得るためには、真っ暗な環境が必要です。

真っ暗が不安という方は、月明かりレベルの明かりがベスト

月明かりは心地よい睡眠へと誘う

月明かりは心地よい睡眠へと誘う

睡眠に真っ暗が良いとは言え、真っ暗すぎる環境は不自然となり、返って不安な気持ちを増幅させ睡眠の妨げになる場合があります。

真っ暗だと不安で眠れないという方は、月明かりレベル(0.3ルクス程度の明るさ)の明かりにすると安眠できます。

人間は元々月明かりの下で寝ていたことから、最も自然な睡眠環境と言えるかもしれません。

ちょっとした光でも睡眠障害に繋がる

電気やテレビをつけたまま寝るのが習慣の方は、常に眠りが浅い状況です。

良質な睡眠は疲労回復、美容、ダイエット効果など、さまざまな健康に関わってきます。

今日から睡眠環境を変えてみませんか?翌日からその効果を実感することができるに違いありません。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

うつ伏せで寝るのは良くない?睡眠の質を下げるうつ伏せ寝

うつ伏せで寝るのが習慣の方必見!実はうつ伏せで寝るのは睡眠の質を下げるって知っていますか?寝姿勢で変わる睡眠…

ひょっとして過眠症?もしかしたら睡眠障害のナルコレプシーかもしれませんよ

寝ても寝ても眠い。夜は早めに寝ているし、朝起きると熟睡感もある。でも、それなのにまたすぐ眠くなってしまう。私…

睡眠時間は短いけど健康!ショートスリーパーはここが良い!

睡眠時間が平均より少し少ないけど、勝手に目が覚めてしまう。そんな方はショートスリーパーなのかも。では、ショー…

深い睡眠をサポートする枕選びの方法や素材の種類、そばがら枕の効果

「中々眠りにつくことができない」「夜中に何度も目が覚めてしまう」など、悪い睡眠に悩まされている方は数多く存在…

睡眠に大切なホルモンはメラトニン!メラトニンの分泌を促進するために必要なことは?

メラトニンというホルモンは安眠に大きな影響を与えます。そのメラトニンの分泌を促進する方法をご紹介します。

理想の睡眠時間は22時~2時が定説?ゴールデンタイムの効果とは

健康のため、お肌のために、22時~2時のゴールデンタイムに寝ましょうとよく言われます。 でも仕事から帰るのが…

火を使わないキャンドルライト!?優しく暖かで安全な炎が睡眠改善をサポートする!

寝室に置くとリラックス感が違うと評判の間接照明キャンドルライト。使うと睡眠が改善される上に、最近では種類が豊…

赤ちゃんに大切な成長ホルモンは女性にも嬉しい効果が期待できる!

毎日の健康な生活に欠かせない「睡眠」。睡眠中は身体のなかで、色々な働きをする「ホルモン」が分泌されています。

睡眠には異なる性質あり!睡眠の種類やノンレム睡眠ステージ3の中程度睡眠などをご紹介

1日の疲れを引きずらず、心地の良い良質な睡眠をとりたいという願いは、誰もが抱いているものですよね? 不眠で…

朝をHAPPYに迎えるための睡眠の「ゴールデンタイム=22~2時」は現代のライフスタ…

これまで「美容のためには夜22時~深夜2時に眠らなくてはならない」と言われてきましたが、最近の研究でこの説が…

ひょっとしたらナルコレプシー?日中の強い眠気は治療で改善!

ナルコレプシーは過眠症の一種で睡眠発作と呼ばれる耐えられない眠気に襲われて日中に何度も眠ってしまいます。治療…

寝る前にホッと一息!毎晩飲みたいカフェインレスドリンクまとめ

何か飲んで寝たいけれど、睡眠の妨げになるカフェインも気になりますよね。そんな時にオススメなのがカフェインレス…

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

売れている人気なマットレスってどれ?