寝苦しさが原因で睡眠不足になり、次の日の仕事にも影響が出て、さらに夏バテの原因にも…。

美容や健康のためにもなんとか睡眠の質を良くしたいものですよね。
あなたは、夏の夜エアコンをつけて寝ていますか?
エアコンが原因で質が悪い睡眠になってしまう…と軽蔑している人もいるでしょう。

そこで今回は、エアコンを使った夏の夜の睡眠対策についてまとめてみました。

睡眠時の室温は28度が理想

熟睡できる快適な環境こそが28度

熟睡できる快適な環境こそが28度

熱帯夜の夜といえど、エアコンのつけっぱなしが原因で質が悪い睡眠を招く…とエアコンをつけずに眠っている人も多いかもしれません。

睡眠の質を上げるために重要なのは、途中で暑くて起きないように熟睡できる快適な環境を作ることです。

その環境の温度こそが28度。
人によっては物足りない涼しさかもしれませんが、睡眠時はこのくらいでOKです。

逆にこれ以上室温を下げて、布団をかぶって寝るほどだと、
温度差に体が付いていけず、だるさが残る原因になってしまいます。
実際に布団に入る前までは、温度設定を低くし、急速冷房などで部屋をしっかり冷やしておくといいでしょう。

エアコンは除湿モードに設定

寝室をあらかじめ冷やしておき、電気を消して眠りにつくときは、温度設定を“28度”、そして“除湿モード”に設定しましょう。

そして、湿度は50~60%が最適です。

一晩中エアコンをつけっぱなしにしておくのでも大丈夫ですが、タイマーを使用する方が睡眠の質のためには良いでしょう。その際、3時間~4時間で切れるようにしましょう。

眠り始め3時間は、脳の休息に特に必要な深い睡眠(ノンレム睡眠)が多く現れるからです。この時間に暑さで起きたり眠りが浅くなってしまわないようにエアコン設定することで、深い眠りを確保するんです。

それでも暑い場合は…

扇風機を一緒に使用しましょう

扇風機を一緒に使用しましょう

湿度が28度だと熱さを感じ、快適に眠れない人もいるかもしれません。

そんな方は、エアコンと一緒に扇風機を使用することでより涼しさを感じることができますのでおすすめです。

ただし、扇風機の風は直接肌に当てるのではなく、寝室の空気を“回す”ようにしましょう。

足に直接風を当てて冷えすぎると、「こむら返り」を起こしやすくなりますから注意してください。

まとめ

入眠の1~2時間前に寝室をエアコンで冷やし、その間にお風呂に入るなど睡眠の準備をしておくと時間を有効的に利用できます。

そのほかにも、ストレッチやマッサージなどをして睡眠の質をアップさせるとより快適な眠りにつくことができるはずです。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

夢の回数で熟睡度合いがわかる?レム睡眠とノンレム睡眠の関係性ってなに?

睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠があることは有名ですよね。ではその2つはどのような役割があるのでしょうか?熟睡…

寝る前にスマホやTVを見ることがある人!それが睡眠の質が悪い原因のひとつかも!

今回は就寝前のスマホやTVを見ることで起きる体への悪影響についてまとめます。ついついやってしまう夜更かしにも…

症状改善にまずは診察を!大阪の不眠症治療にオススメの病院5選

睡眠に対する悩みの症状は、人それぞれ。だからこそ、自分で抱え込むのではなく専門医の診断を受けたほうが良いとさ…

バリュアブルスリーパーの睡眠時間が最も寿命が長い?睡眠の種類は長生きと関係するか

バリュアブルスリーパーとは、1日の睡眠時間が6〜9時間の人をいいます。 日本人の平均睡眠時間が7時間ですから…

アプリのやりすぎ?その夜更かしが不眠症の原因、その改善方法とは? 

インターネット情報社会の現代では、スマホやタブレットで楽しめるアプリがたくさんあります。ついつい楽しくて止め…

気にしてる?気持ちよい睡眠をとるためのベッドパッドの正しい選び方

今どんなベッドパッドを使用していますか?ベッドパッドは季節に合わせて選ぶことが寝心地を左右します!今回はベッ…

食後3時間は寝ちゃダメ!睡眠時間のゴールデンタイムをとって“美”を手に入れましょう。

あなたは“睡眠時間のゴールデンタイム”や“肌のゴールデンタイム”という言葉をご存知ですか?ゴールデンタイムと…

寝る前のTV習慣はもう卒業。睡眠の質を高めるために必要なこと

寝るギリギリまでTVを見てしまう人は多いですが、それは安眠を妨害する危ない習慣です。ではなぜTVを見てはいけ…

睡眠の種類“ノンレム睡眠”の謎!深い睡眠をとることが健康の秘訣。

睡眠の種類には、浅い睡眠の“レム睡眠”、深い睡眠の“ノンレム睡眠”の二つが存在します。 言葉だけは聞いたこと…

心だけじゃない!?不眠の原因は身体的ストレスの可能性も!

一般的に睡眠障害というと精神的なストレスが原因と言われます。しかし心だけではなく、身体の状態も睡眠に大きな影…

6時間未満の短時間睡眠をする人はショートスリーパー!睡眠時間の種類について

睡眠時間ほど個人差があるものはありません。休みの日にはずっと寝ている人もいれば、外に出かけていつもいない人も…

眠る前の不快感、むずむずするのは病気かも?! 

むずむず脚症候群は入眠時に脚に不快感が生じる睡眠障害です。眠りを妨げ、場合によってはうつ病を引き起こすことも…

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

安眠効果のある食べ物特集

どうせ食べるなら良い眠りにつながる食事を採りましょう!