1日のうち1/3から1/4を占める睡眠。
実はこの睡眠のとり方によって、カロリー消費が大きく変わってきます。

生きていく上で欠かせない睡眠だからこそ、睡眠のとり方を工夫しダイエット効果を高めていきたいものですよね。

そこで今回は、どのような睡眠をとれば大幅なカロリー消費が見込めるのかや効果的な眠り方、注意点などをまとめてみました。

夜中3時までには必ず入眠しましょう。

22時~3時の間に睡眠をとることがポイント

22時~3時の間に睡眠をとることがポイント

ついつい夜更かしをしてしまうこと、ありませんか?

人間の脳の仕組みから、睡眠中に成長ホルモンが分泌されやすい時間帯は“22時~3時の間”と言われています。

いわば、睡眠のゴールデンタイムというもの。聞いたことのある方も多いでしょう。

そのため、このタイミングに眠ることで多くの成長ホルモンを分泌することができ、睡眠の質がアップし大きなカロリー消費が見込めます。

入眠から3時後が重要な時間

入眠3時後は熟睡できるようにしましょう

入眠3時後は熟睡できるようにしましょう

睡眠中の成長ホルモンは、入眠から“3時間後”に分泌されています。

つまり、入眠から3時間後までにしっかりとした熟睡ができていると大きなカロリー消費効果が期待できます。

寝つきが悪いという人は、アロマをつかったり、寝具を選びなおしたりして、質が良い睡眠がとれるように工夫してみましょう。

7時間は睡眠をとることを目標に

睡眠時間は7時間以上とることが効果的

睡眠時間は7時間以上とることが効果的

睡眠時間が短くなってしまうと、その分成長ホルモンの分泌量が少なくなったり、ホルモンバランスが崩れてしまったりする原因になります。

そのせいで、カロリー消費効果もあまり期待できなくなり、それだけではなく肌荒れや体調不良の原因となり、ダイエットに限らず美容や健康に悪影響が出てしまいます。

仕事などで忙しい場合でも、睡眠時間だけは7時間を目標に確保しましょう。

まとめ

睡眠の質を上げればダイエット効果が期待できるといっても、寝るだけで痩せることはできません。

例えば、睡眠の前に食事をしたり間食をしたりすると、消化活動が満足に行われずそのまま脂肪になってしまいます。

あくまでも、睡眠だけのダイエットではなく、食事制限や運動などと一緒に行うことで更なる効果が得られるでしょう。

睡眠だけのカロリー消費は300kcal程度と言われています。
1ヶ月で1キロは痩せられる計算にはなりますが、その分のカロリーを摂取すると意味がなくなるので注意しましょう。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

インフルエンザのワクチンが効かなくなる?寝不足により影響がでる身体のこと

十分な睡眠時間をとれないと、色々な病気を併発させる危険があります。特に高血圧の人は生活習慣病になりやすかった…

百害あって一利なし!?睡眠障害から鬱になりやすいってホント?睡眠のリセット効果が大事…

睡眠には脳を休ませる効果の他にも、イライラとストレスを解消する効果があるといわれています。睡眠障害を抱えてい…

睡眠はうつ伏せで寝るのはNG?睡眠の質が悪い主な原因や正しい姿勢とは

心身の健康のために重要な睡眠は、体調が優れないときや何かに悩まされているときも、そのほとんどは改善することが…

低反発マットレスには3つのメリットがある!睡眠を改善するベッドとマットレスの選び方と…

私達人間が健康的な生活を行う上で最も重要なのが睡眠です。 その睡眠が疎かになるとあらゆるトラブルを招く原因…

サプリメントで睡眠の質を向上させよう

睡眠の質を向上させるために、サプリメントを飲むという方法があります。ほんの少し睡眠に悩みがある方にはサプリメ…

魔法のアイマスク“NeuroOn”!?誰でもショートスリーパーになれる?

もっと睡眠時間を短くしたい!ショートスリーパーになりたい!そんな夢を叶えてくれる魔法のようなアイマスクが登場…

厚生労働省も警告!寝る前スマホの悪影響5つ

2014年に厚生労働省が睡眠指針の見直しを発表しました!これにはスマートフォンの使用も問題視されているんです…

理想の睡眠時間は22時~2時が定説?ゴールデンタイムの効果とは

健康のため、お肌のために、22時~2時のゴールデンタイムに寝ましょうとよく言われます。 でも仕事から帰るのが…

朝食には糖分を補給するのが◎食事と睡眠の深い関係とは?

健康を維持するためには食事と睡眠が重要な鍵となります。これらには密接な関係性があり、どのような食事内容を行う…

睡眠の種類“ノンレム睡眠”の謎!深い睡眠をとることが健康の秘訣。

睡眠の種類には、浅い睡眠の“レム睡眠”、深い睡眠の“ノンレム睡眠”の二つが存在します。 言葉だけは聞いたこと…

ダブルベッドで一緒に寝る?それとも別がいい?夫婦円満でいるための寝室の考え方

夫婦のあり方やスタイルが多様化する中で、寝室をどのような環境にしていくか、これもまた色々なスタイルが確立され…

寝る前にホッと一息!毎晩飲みたいカフェインレスドリンクまとめ

何か飲んで寝たいけれど、睡眠の妨げになるカフェインも気になりますよね。そんな時にオススメなのがカフェインレス…

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

安眠効果のある食べ物特集

どうせ食べるなら良い眠りにつながる食事を採りましょう!