夜中に何回も起きてしまうと睡眠時間が削られ、日中の生活の質の低下を招きます。日中の眠気を我慢しなければならずとても辛いですね。またそこまでなくとも睡眠が中断されることはストレスになるでしょう。この記事では夜中に何回も起きてしまう原因や対策について書いています。

夜中に何回も起きてしまう原因について

ストレスや不安などの精神的にネガティブなことは夜中に何回も起きてしまう原因になりかねません。ストレスのもとに近づかないことや改善を試みましょう。メンタルヘルスは生活に大きな影響を及ぼすため、場合によっては医師やカウンセラーに頼りましょう。また何かの疾患が原因となっていることも考えられますから、医師にかかっている人は必ず夜中に何回も起きてしまうことを伝えましょう。

睡眠の環境を改善する

睡眠の環境のせいで夜中に何回も目が覚めてしまうこともあります。睡眠の環境は布団や部屋の環境以外にも生活の仕方にも関わることです。例えば寝酒は最初のうちは眠れるようになりますが、必ず量が増えてしまい睡眠の質を悪化させます。夜中に何度も目がさめる原因にもなりかねませんから注意しましょう。

医師に相談することも検討しましょう

自覚症状のない疾患が原因の可能性もありますし、夜中に何回も目がさめることが続くのは睡眠障害の可能性もあります。頑張ることは大切ですが、日常生活に支障が出ているようであれば医師に相談して適切な指示を仰ぐことも大切なことです。

まとめ

夜中に何回も起きてしまうのは精神的な原因が考えられます。また眠れないからといって寝酒を飲むと余計に睡眠は悪化してしまうので注意が必要です。そして何かの疾患が原因で何回も起きてしまうのかもしれません。気になることがあれば医師に相談しましょう。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

熟睡を遠ざける!危険な寝酒の効果とは

眠れない日に寝酒をしていませんか?良く眠れたと錯覚しやすい寝酒。本当は怖い寝酒のリスクをご紹介します。

睡眠負債は休日に返しましょう!睡眠不足の改善のための上手な寝方のポイントまとめ

睡眠改善するならコレ!本来なら寝ている時間に眠っていない時間を睡眠負債と呼びます。この睡眠負債を休日に返上す…

良い睡眠をとるために心がけなければいけない食事内容について

人間の三大欲求は食欲と睡眠欲、性欲とされており、その欲求の中でも睡眠欲と食欲には密接な関係性があります。

どんな種類を選べばいいの?睡眠の質を高めるなら寝具のマットレスにこだわりたい

ぐっすりと眠るためにも寝具にこだわりたいもの。その中でもベッドのマットレスに着目しました。睡眠の質を高めるた…

深い眠りのノンレム睡眠。ごく浅いステージ1とは?

ノンレム睡眠に段階があるのをご存知ですか?今回はノンレム睡眠のステージの一つ「ステージ1」についてご説明しま…

まだ諦めないで!ノルアドレナリンを上手くコントロールすればうつ病は改善される

神経伝達物質であるノルアドレナリン、これはストレスを受け続けると起こるうつ病を始め、睡眠とも大きな関係がある…

夜になると足がむず痒くて眠れない!それはむずむず脚症候群という睡眠障害?原因を探る

夜になると足がムズムズして気持ちが悪い、それが気になって眠れない。なんだか嫌になってしまいます。それはもしか…

血流改善で快眠を手にいれよう!不眠を改善する百会(ひゃくえ)の場所と押し方のコツ

手足の冷えなどに悩んでいませんか?その冷えが不眠を招いているかもしれません!今回は血流を改善するツボ・百会(…

池袋駅周辺にある睡眠障害の専門的な診療ができる病院をご紹介!

近年では深刻な問題になっている日本人の睡眠不足。 寝ているのに目覚めが良くない、最近あまり眠れないなどと感…

アインシュタインもロングスリーパー!睡眠の長さで思考も行動も変わり天才になる!?

平均睡眠時間9時間以上のロングスリーパー。1日の3分の1以上を睡眠にあてるロングスリーパーの特徴とは?

百害あって一利なし!?睡眠障害から鬱になりやすいってホント?睡眠のリセット効果が大事…

睡眠には脳を休ませる効果の他にも、イライラとストレスを解消する効果があるといわれています。睡眠障害を抱えてい…

目覚めが悪い、眠った気がしないあなたに朗報! 浅い睡眠の改善方法はこれでOK!

目覚めが悪かったり、眠った気がしないのは睡眠の質に問題があると思われます。日頃から浅い睡眠の質には気を配って…




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

安眠効果のある食べ物特集

どうせ食べるなら良い眠りにつながる食事を採りましょう!