夜中に何回も起きてしまうと睡眠時間が削られ、日中の生活の質の低下を招きます。日中の眠気を我慢しなければならずとても辛いですね。またそこまでなくとも睡眠が中断されることはストレスになるでしょう。この記事では夜中に何回も起きてしまう原因や対策について書いています。

夜中に何回も起きてしまう原因について

ストレスや不安などの精神的にネガティブなことは夜中に何回も起きてしまう原因になりかねません。ストレスのもとに近づかないことや改善を試みましょう。メンタルヘルスは生活に大きな影響を及ぼすため、場合によっては医師やカウンセラーに頼りましょう。また何かの疾患が原因となっていることも考えられますから、医師にかかっている人は必ず夜中に何回も起きてしまうことを伝えましょう。

睡眠の環境を改善する

睡眠の環境のせいで夜中に何回も目が覚めてしまうこともあります。睡眠の環境は布団や部屋の環境以外にも生活の仕方にも関わることです。例えば寝酒は最初のうちは眠れるようになりますが、必ず量が増えてしまい睡眠の質を悪化させます。夜中に何度も目がさめる原因にもなりかねませんから注意しましょう。

医師に相談することも検討しましょう

自覚症状のない疾患が原因の可能性もありますし、夜中に何回も目がさめることが続くのは睡眠障害の可能性もあります。頑張ることは大切ですが、日常生活に支障が出ているようであれば医師に相談して適切な指示を仰ぐことも大切なことです。

まとめ

夜中に何回も起きてしまうのは精神的な原因が考えられます。また眠れないからといって寝酒を飲むと余計に睡眠は悪化してしまうので注意が必要です。そして何かの疾患が原因で何回も起きてしまうのかもしれません。気になることがあれば医師に相談しましょう。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

月の光は何ルクス?眠る時に最も適切な灯りの強さはどれくらい?

あなたは寝室を真っ暗にして寝ますか?少し明るくして寝ますか?暗闇は睡眠に必要なメラトニンが多く分泌されますが…

眠気覚ましに1杯コーヒーを飲んでも効果はない!?カフェインと睡眠のホントの関係

コーヒーを飲むと眠れなくなると、皆さんはよく耳にしたことがあると思います。原因はカフェインにあり、眠気を吹き…

朝日の明るさで目が覚める!寝る前に行う質が良い睡眠をとるためのコツや注意点

最近朝起きるのが非常に辛い・・・。いつもは目覚ましより先に起きてたのに気づくと寝過ごしている、なんてことはあ…

睡眠不足に有効な解消法はコレ!ぐっすり眠れるコツをご紹介

多忙な毎日を送っている主婦やビジネスマンの方はじっくりと休息をとることが難しく、睡眠不足を放置しがちですが、…

寝室に使う色で大きく変化する!熟睡が可能な睡眠に良い色と悪い色は?

最近よく眠れていますか?眠りが浅いという方や目覚めた後も疲れが残っているなど、思い当たる方には要チェックな睡…

睡眠障害で病院を訪れる前に準備するものやおすすめの総合病院をご紹介!

睡眠障害とひと言で呼んでも、その症状には個人差が見られます。 夜の寝つきが悪い不眠症や、夜十分な睡眠をとっ…

質の良い睡眠のために!寝る前に軽いストレッチとヨガを取り入れませんか?

疲れた方がよく眠れるからと、運動をしっかりとして睡眠に入る人がいます。ですが、質の良い睡眠には軽い運動がオス…

眠りと脳波の関係でよく聞くα波・β波ってなんのこと!?その疑問についてまとめてみまし…

人が眠りに落ちる目的は、脳を休めるためでもあります。ですが、その脳は眠っている間、どんな状態になっているか考…

睡眠改善に有効な光の強さや昼光色の注意点

良質な睡眠を得るためには、体内時計のバランスを乱さないことが重要となりますが、その時計を乱さない重要な鍵とし…

同じ時間に眠れない!リズムが少しづつずれる睡眠障害、非24時間睡眠覚醒症候群について

非24時間睡眠覚醒症候群は睡眠リズムが毎日少しずつずれる睡眠障害です。社会生活に影響を及ぼしてしまうため、お…

睡眠は長さより質!理想的な睡眠時間や最も寿命が長いバリュアブルスリーパーの特徴

理想的な睡眠時間として8時間という数字をよく目にしますが、この数字は医学的根拠があるものではなく、統計された…

睡眠とは一体何?ノンレム睡眠と神経伝達物質ノルアドレナリンとの関係性

1日の疲れやストレスをリフレッシュしてくれる睡眠。 普段当たり前のように行っているものですが、睡眠とは明確…




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

安眠効果のある食べ物特集

どうせ食べるなら良い眠りにつながる食事を採りましょう!