朝起きても頭がぼーっとしている、全然寝足りない。そんな経験はありますか?疲れているのに夜更かしをしたらそうなるのも無理はありません。しかし普段通りに生活をしているつもりなのにこんなことが続くようなら、睡眠を見直す必要がありますよ。

眠った気がしないのは睡眠が浅いからです

深く良質な睡眠をとることができれば、目覚めはすっきりとしているはずです。もちろん個人差はありますが、眠った気がしないということはないでしょう。つまり目覚めが悪く眠った気がしないのは睡眠の質に問題があると考えるのが自然です。

浅い睡眠ってなに?

眠っている時、浅い睡眠(レム睡眠)と深い睡眠(ノンレム睡眠)が交互にリズムのように繰り返しています。しかし深い睡眠が十分深くなく全体的に浅ければ、体も脳もしっかり休まりません。この深い睡眠が不足すると心身が回復せず、朝起きても疲れていたり眠った気がしない状態になります。

睡眠を深くするにはどうしたらいいの?

まず生活を見直しましょう。就寝前はリラックスをしてできるだけ睡眠と同じ状態に近づけます。スマートフォンを消し、テレビも消して軽い読書などをするのが理想的です。またカフェインやタバコなどの刺激物を避け、清潔な寝具で気持ちよく布団に入ることが大切でしょう。

まとめ

眠りが浅いと朝起きても目覚めが悪かったり、眠った気がしない状態になります。そのため良質な睡眠が取れるように日頃から注意しましょう。熟睡できない状態が続くようであれば熟眠困難という睡眠障害も考えられます。日常生活に支障をきたすようであれば医師に相談しましょう。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

眠れない原因はコレだった!睡眠障害の要因5つのPとは!?

なんだか眠れない、でも原因がよくわからなくて不安という経験はありませんか?睡眠障害になるには要因がキチンとあ…

ツボ刺激で睡眠の質を改善!不眠や頭痛に有効な百会の場所や押し方をご紹介

睡眠の質を改善するためには不規則な生活リズムを改善するのも大切ですが、直ぐに始められるツボ押しもおすすめです…

快適な睡眠で取り戻そう!正しいホルモン分泌で肌荒れ改善

しっかりした快適な睡眠が充分とれないと、本来のホルモン分泌が乱れてしまい肌荒れにもつながります。自分で意識を…

睡眠は長さより質!理想的な睡眠時間や最も寿命が長いバリュアブルスリーパーの特徴

理想的な睡眠時間として8時間という数字をよく目にしますが、この数字は医学的根拠があるものではなく、統計された…

睡眠不足に有効な解消法はコレ!ぐっすり眠れるコツをご紹介

多忙な毎日を送っている主婦やビジネスマンの方はじっくりと休息をとることが難しく、睡眠不足を放置しがちですが、…

寝具の隣にスマホがあるならヨガアプリを取り入れて睡眠を改善しよう!<寝たまんまヨガ_…

寝るときベットや布団などの寝具の隣にスマホを置いている方に朗報です。そのスマホに「寝たまんまヨガ 簡単瞑想」…

空腹で眠れないときに食べたい!睡眠に良い食べ物・睡眠に悪い食べ物とは?

空腹で眠れない夜があります。どうしても寝付くことが出来ず、お腹が鳴り続けています。そんなとき、睡眠に良い食べ…

スマホが脳に強い刺激を与える!?寝つきが悪いあなたのその原因と対処法について

寝つきが悪いことは誰しもあることですが、続くようなら原因を考えてきちんと対処しましょう。生活改善で治らないな…

22時〜2時には眠るのが定説?睡眠時間のゴールデンタイムとは?

睡眠は量より質といわれます。ではどんな眠りが質のよい眠りなのでしょうか。いろいろな要素がありますが、眠る時間…

寝ている間に起きている!?睡眠時随伴症はノンレム・レム睡眠と関係があった?

眠っている間に起きている?という不思議な病気に睡眠時随伴症があります。家族に指摘されて初めて気がつくケースが…

睡眠に大切なホルモンはメラトニン!メラトニンの分泌を促進するために必要なことは?

メラトニンというホルモンは安眠に大きな影響を与えます。そのメラトニンの分泌を促進する方法をご紹介します。

アインシュタインもロングスリーパー!睡眠の長さで思考も行動も変わり天才になる!?

平均睡眠時間9時間以上のロングスリーパー。1日の3分の1以上を睡眠にあてるロングスリーパーの特徴とは?




売れている人気なマットレスってどれ?