朝起きても頭がぼーっとしている、全然寝足りない。そんな経験はありますか?疲れているのに夜更かしをしたらそうなるのも無理はありません。しかし普段通りに生活をしているつもりなのにこんなことが続くようなら、睡眠を見直す必要がありますよ。

眠った気がしないのは睡眠が浅いからです

深く良質な睡眠をとることができれば、目覚めはすっきりとしているはずです。もちろん個人差はありますが、眠った気がしないということはないでしょう。つまり目覚めが悪く眠った気がしないのは睡眠の質に問題があると考えるのが自然です。

浅い睡眠ってなに?

眠っている時、浅い睡眠(レム睡眠)と深い睡眠(ノンレム睡眠)が交互にリズムのように繰り返しています。しかし深い睡眠が十分深くなく全体的に浅ければ、体も脳もしっかり休まりません。この深い睡眠が不足すると心身が回復せず、朝起きても疲れていたり眠った気がしない状態になります。

睡眠を深くするにはどうしたらいいの?

まず生活を見直しましょう。就寝前はリラックスをしてできるだけ睡眠と同じ状態に近づけます。スマートフォンを消し、テレビも消して軽い読書などをするのが理想的です。またカフェインやタバコなどの刺激物を避け、清潔な寝具で気持ちよく布団に入ることが大切でしょう。

まとめ

眠りが浅いと朝起きても目覚めが悪かったり、眠った気がしない状態になります。そのため良質な睡眠が取れるように日頃から注意しましょう。熟睡できない状態が続くようであれば熟眠困難という睡眠障害も考えられます。日常生活に支障をきたすようであれば医師に相談しましょう。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

睡眠障害の原因はストレスだけじゃない!実は肉体的な負担も睡眠障害の原因に!

「眠たいのに中々寝付くことができない」「睡眠中に何度も目が覚めてしまう」など、このような症状を引き起こす原因…

睡眠の質を良くしよう!睡眠の質が悪い主な原因やうつ伏せで寝るメリット・デメリット

毎日の疲れをリフレッシュするために重要な役割を果たす睡眠の時間ですが、その寝方には個人差がありますよね? …

ゆっくり寝たいのに眠れない!熟睡の妨げになる食事とは?

良質な睡眠を妨げる主な原因としては、就寝前のスマホやテレビ、パソコンの使用などが上げられますが、普段の食習慣…

朝日の明るさで目が覚める!寝る前に行う質が良い睡眠をとるためのコツや注意点

最近朝起きるのが非常に辛い・・・。いつもは目覚ましより先に起きてたのに気づくと寝過ごしている、なんてことはあ…

睡眠には異なる性質あり!睡眠の種類やノンレム睡眠ステージ3の中程度睡眠などをご紹介

1日の疲れを引きずらず、心地の良い良質な睡眠をとりたいという願いは、誰もが抱いているものですよね? 不眠で…

眠れない夜は乳製品で、ぐっすり快眠生活

夜なかなか寝付けずに苦しい日ってありますよね? そんなときは睡眠に効く食べ物、飲み物を摂取するのが1番。 本…

夜になると足がむず痒くて眠れない!それはむずむず脚症候群という睡眠障害?原因を探る

夜になると足がムズムズして気持ちが悪い、それが気になって眠れない。なんだか嫌になってしまいます。それはもしか…

昼夜逆転に潜む恐ろしい睡眠障害の罠!生活改善のポイントは太陽にあり?

お昼までゆっくりと眠って、明け方まで起きている昼夜逆転生活。太陽を避けた生活です。これは、睡眠障害ともいえま…

朝食には糖分を補給するのが◎食事と睡眠の深い関係とは?

健康を維持するためには食事と睡眠が重要な鍵となります。これらには密接な関係性があり、どのような食事内容を行う…

それこそ睡眠に悪い食事!深い眠りを妨げるアルコール摂取に晩酌も寝酒もNG?

眠れない夜、お酒を飲んでから眠る人も多いと思います。でも、ちょっと待ってください。睡眠改善のためにしている行…

明るくして眠ると太る?睡眠には足元に間接照明を置こう

人間は暗くなったら眠るためのホルモン、メラトニンが分泌されるようにできています。よく眠れるかという問題に光は…

睡眠はうつ伏せで寝るのはNG?睡眠の質が悪い主な原因や正しい姿勢とは

心身の健康のために重要な睡眠は、体調が優れないときや何かに悩まされているときも、そのほとんどは改善することが…




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

安眠効果のある食べ物特集

どうせ食べるなら良い眠りにつながる食事を採りましょう!