まだ寝ていたいのに目が覚めてしまう、そして眠れない。たまに起こるなら問題はないと思いますが頻繁に起こるようなら生活の改善をする必要があります。なぜ朝早く目が覚めてしまうのでしょうか、そしてどうしたらいいのでしょうか。この記事で解説します。

朝早く目が覚めてしまうのは睡眠障害の可能性がある?!

朝早く目が覚めてしまいその後眠れなくなることを早朝覚醒と呼び、これは睡眠障害です。そのためこのような症状のある人は注意しましょう。もし日常生活に支障をきたすようであればお医者さんを訪ねることをおすすめします。

睡眠環境は大丈夫?

まず睡眠の環境を確認しましょう。布団は清潔で快適に眠れる状態ですか?またカーテンから光が差し込んできたりしないでしょうか。コンビニの明かりはかなり強い刺激になりますから近くにある人は注意しましょう。タバコを吸う人は寝る前にきちんと喚起することも大切ですよ。

日常の生活はどうですか?

ストレスにさらされていることはないでしょうか。もちろんストレスのない生活は考えられませんが、過度のストレスや頑張り過ぎは過緊張という状態になり、脳が休まりません。そのため眠りが全体的に浅くなり、明け方目が覚めてしまうことがあります。日常の生活にも注意しましょう。

まとめ

朝早く目が覚めてしまうことが続いているようなら睡眠障害が疑われます。睡眠環境の改善で治ることもあるためまずは身の回りを確認しましょう。また、過度のストレスや頑張り過ぎが原因となることもありますから、日常生活にも気をつけましょう。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

質の良い睡眠のために!寝る前に軽いストレッチとヨガを取り入れませんか?

疲れた方がよく眠れるからと、運動をしっかりとして睡眠に入る人がいます。ですが、質の良い睡眠には軽い運動がオス…

どこでも寝てしまう睡眠障害はナルコレプシー?過眠症の障害の種類を見極め、早期治療を

いつでもどこでも眠くなり、日中でも眠くなってしまう困った睡眠障害がナルコレプシー。 日本人にはことのほか多い…

寝ている間に口呼吸は厳禁!今日から始める鼻呼吸のやり方とは?

質が良い睡眠の基本は鼻呼吸。 口を開けて寝ると睡眠の質はダダ下がり! 鼻呼吸で理想の睡眠をゲットしましょう。

ストレスでレム睡眠が長くなる!?覚醒に近くリズムを刻む浅い眠りについて

レム睡眠は覚醒に近い浅い眠りで、筋肉を休め精神を安定させる作用があります。ストレスなどが原因でレム睡眠が長く…

良質な睡眠にトリプトファンを含んだ良い食事とは?睡眠に悪い食べ物やアルコールによる寝…

お腹が一杯になって寝苦しくて中々寝付けない、悪夢を見てしまった・・・。という経験はありませんか?胃腸に食べ物…

夜の心強い味方!?眠りを誘うサプリ「メラトニン」のメカニズムで熟睡を勝ち取る?

スムーズな睡眠を促進する睡眠ホルモン「メラトニン」。不眠で悩んでいるけど、薬に頼りたくないという方におすすめ…

耳栓で睡眠の質が向上!人気の耳栓ブランドをご紹介

睡眠に大きく影響する音。音を遮断することで、睡眠の質は大きく向上します。寝つきが悪い日や、睡眠時間が十分に得…

睡眠の質が悪い原因とは一体何!?睡眠不足による成長ホルモンの減少の結果で起こる影響

「最近睡眠の質があまり良くないな・・・。」と感じている方はいないでしょうか?毎日を健康で過ごすために必要な睡…

【熟眠障害】朝『眠った気がしない』と感じるあなたは、もしかしてうつ病の初期症状かも?

「昨夜の睡眠時間は8時間」と充分寝たのに眠った気がしない「熟眠障害」「熟睡感欠如」は、睡眠障害の一種です。

不眠症が老化を促進している?睡眠障害はアンチエイジングの敵!

不眠症になると老化が進みやすくなるそうです。まさに、睡眠障害はアンチエイジングの敵とも呼べる存在です。体に何…

ストレス社会に適合している睡眠時間の短いプラス思考なショートスリーパーという種類

何かとストレスを感じることの多いように思います。今回はそんなストレスを物ともしない睡眠時間の短いプラス思考な…

朝日の明るさで目が覚める!寝る前に行う質が良い睡眠をとるためのコツや注意点

最近朝起きるのが非常に辛い・・・。いつもは目覚ましより先に起きてたのに気づくと寝過ごしている、なんてことはあ…

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

管理人おすすめ!一緒に朝を迎えたくなるベッドたち!