まだ寝ていたいのに目が覚めてしまう、そして眠れない。たまに起こるなら問題はないと思いますが頻繁に起こるようなら生活の改善をする必要があります。なぜ朝早く目が覚めてしまうのでしょうか、そしてどうしたらいいのでしょうか。この記事で解説します。

朝早く目が覚めてしまうのは睡眠障害の可能性がある?!

朝早く目が覚めてしまいその後眠れなくなることを早朝覚醒と呼び、これは睡眠障害です。そのためこのような症状のある人は注意しましょう。もし日常生活に支障をきたすようであればお医者さんを訪ねることをおすすめします。

睡眠環境は大丈夫?

まず睡眠の環境を確認しましょう。布団は清潔で快適に眠れる状態ですか?またカーテンから光が差し込んできたりしないでしょうか。コンビニの明かりはかなり強い刺激になりますから近くにある人は注意しましょう。タバコを吸う人は寝る前にきちんと喚起することも大切ですよ。

日常の生活はどうですか?

ストレスにさらされていることはないでしょうか。もちろんストレスのない生活は考えられませんが、過度のストレスや頑張り過ぎは過緊張という状態になり、脳が休まりません。そのため眠りが全体的に浅くなり、明け方目が覚めてしまうことがあります。日常の生活にも注意しましょう。

まとめ

朝早く目が覚めてしまうことが続いているようなら睡眠障害が疑われます。睡眠環境の改善で治ることもあるためまずは身の回りを確認しましょう。また、過度のストレスや頑張り過ぎが原因となることもありますから、日常生活にも気をつけましょう。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

短い睡眠でプラス思考に!ショートスリーパーの睡眠時間やなる方法

夜遅くの勤務をしていると睡眠に関する情報について調べる機会が多くなりますよね? その中でショートスリーパー…

体内時計正常に働かない!?睡眠障害“非24時間睡眠覚醒症候群”とは?

就寝時刻と起床時刻が毎日1、2時間ずつ遅れていってしまう概日リズム睡眠障害のひとつ“概日リズム睡眠障害”。 …

一日中酷使した目にご褒美を!目の症状に効果的なツボ「太陽(たいよう)」で快眠になろう

毎日パソコンやスマホを使っているあなたへ。目の疲れが不眠を引き起こしている可能性があります。今回は目の疲労を…

食後3時間以内に寝るのは危険なの!?睡眠の質について考えよう

食後3時間以内に寝るのは危険とされています。睡眠中は体の機能が低下してしまうからです。寝るのではなく、横にな…

ゆっくり寝たいのに眠れない!熟睡の妨げになる食事とは?

良質な睡眠を妨げる主な原因としては、就寝前のスマホやテレビ、パソコンの使用などが上げられますが、普段の食習慣…

良質な睡眠にする寝具選びのポイントやマジョラムのアロマのにおいによる効果

良質な睡眠がとれるということは、精神的だけでなく健康的にも有意義なものとなります。 質の良い睡眠の正しいと…

加速度センサーで睡眠を改善する”快眠サイクル時計”♡寝具にこだわるならアプリにもコダ…

今回は睡眠改善アプリの中でもとくに加速度センサーを用いた気持ちよい寝起きをサポートしてくれる快眠サイクル時計…

意外と知らない睡眠の基礎知識!睡眠の種類やステージ4の深い睡眠などノンレム睡眠の段階…

日中はたくさん体力を使ったから、夜の就寝時には良質な睡眠をとりたい!という願いは誰もが抱くものではないでしょ…

豆電球はNG!豆電球をつけて寝ると起こる様々な睡眠障害

豆電球をつけたままじゃないと寝れない人っていますよね。でも実は睡眠と光の関係ってとても重要です。豆電球をつけ…

ぐっすり眠れない!夜中に途中で目が覚める原因は睡眠時無呼吸障害かも?早めの対処を

ぐっすりと寝静まった頃、突然の咳。ゴホゴホという咳のせいで家族の目が覚めてしまった経験はないでしょうか。もし…

昼寝のすすめ!睡眠の質向上のためにも積極的に取り入れてみませんか?

お昼ごはんを食べたら、ウトウトと眠気がさしませんか?我慢して仕事を始めても、眠気がピークに達して我慢できない…

オレンジの色が眠気を誘う?人間の身体に影響を及ぼす光と睡眠の関係とは?

良質な睡眠を手に入れたい!それならオレンジ色を取りれましょう。体と深い関わりがある光のカラーについて調べまし…

関連するキーワード




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

売れている人気なマットレスってどれ?