1日の疲れをとるためには睡眠は絶対に欠かせません。しかしながら、夜中にぱちっと目が覚めてしまうことがあります。たまにある程度ならいいのですが何日も続くと辛いですね。この記事では夜中に目が覚めてしまうことの原因と対策を考えます。

なぜ夜中に目が覚めてしまうのか

夜中に目が覚めてしまう原因はいろいろ考えられます。ストレスなどによる睡眠障害、睡眠時無呼吸症候群などの疾患が原因であることも考えられます。特に原因が思い当たらないなら、寝具や部屋に入ってくる光、音などにも気を配りましょう。

良質な睡眠をとるためのポイント

夜中に目が覚めてしまうことが続いているようなら、おそらく深い眠りが不足しているなど全体的に眠りが浅いことが考えられます。深い良質な眠りをとるためには寝る1時間前にはテレビを消し、スマホの電源を切り、リラックスすることが大切です。また、睡眠中のストレスを減らすためにも寝具は清潔にしておきましょう。

日常生活にも気を配りましょう

ひょっとしたら日常の中で大きなストレスを抱えていたり、頑張り過ぎていませんか?頑張りすぎることは緊張した状態が続き「過緊張」という状態になります。この状態だと脳がなかなか休まないため、睡眠にも影響が出てしまいます。頑張りすぎるとそのまま寝ている間も脳は頑張ってしまうのです。

まとめ

夜中に目が覚めてしまう原因はいくつも考えられますが、寝る前の時間の過ごし方を見直したり、1日の過ごし方を工夫しましょう。ストレスは睡眠の大敵です。また、他の疾患が原因となって目が覚めてしまうこともあります。続くようなら医師を訪ねることも検討しましょう。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

ストレスでレム睡眠が長くなる!?覚醒に近くリズムを刻む浅い眠りについて

レム睡眠は覚醒に近い浅い眠りで、筋肉を休め精神を安定させる作用があります。ストレスなどが原因でレム睡眠が長く…

夜中にならないと寝れない?睡眠リズムが後ろにズレてしまう睡眠相後退症候群とは?

睡眠相後退症候群は睡眠リズムが後ろにずれ、朝起きられなくなってしまう睡眠障害です。深刻な問題を引き起こしかね…

百害あって一利なし!?睡眠障害から鬱になりやすいってホント?睡眠のリセット効果が大事…

睡眠には脳を休ませる効果の他にも、イライラとストレスを解消する効果があるといわれています。睡眠障害を抱えてい…

寝具の隣にスマホがあるならヨガアプリを取り入れて睡眠を改善しよう!<寝たまんまヨガ_…

寝るときベットや布団などの寝具の隣にスマホを置いている方に朗報です。そのスマホに「寝たまんまヨガ 簡単瞑想」…

今日はぐっすり眠りたい!そんな時はラベンダーをベースに自分好みのアロマブレンドして好…

夜寝る時にアロマオイルを使用されている方も多いと聞きます。しかし、香りの好みはそれぞれ。買ってきたアロマオイ…

睡眠の質を改善する寝具の基本やアイマスクDream Essentialsの主な特徴

睡眠は人間が活動する中でさまざまな役割を果たしています。 その睡眠を怠ってしまうと、重症な場合は命の危険に…

眠りの質を上げる寝具はベッド!有名メーカーSIMMONSの良さ

人は一生のうち、3分の1の時間を睡眠に費やしているといいます。それだけ眠ることは人間にとって大事なもの。その…

睡眠負債は休日に返しましょう!睡眠不足の改善のための上手な寝方のポイントまとめ

睡眠改善するならコレ!本来なら寝ている時間に眠っていない時間を睡眠負債と呼びます。この睡眠負債を休日に返上す…

不眠症改善に!疲労や冷え、不眠にも効果がある「湧泉(ゆうせん)」は万能なツボ

不眠を改善するなら、お手軽なツボ押しをしてみませんか?安眠をもたらす湧泉(ゆうせん)の場所と押し方をご紹介し…

超極小ビーズの素材が人気!抱き枕には安眠効果が期待できる

抱き枕や足枕を耳にすると、安心感が得られるなどのイメージを抱く方が多いのではないでしょうか?こちらでは安心感…

睡眠不足は病院で直そう!おすすめの睡眠系治療をおこなう病院をご紹介【東京版】

睡眠に関するもmん代を改善するためには病院の手を借りるのもひとつの手段です!今回は東京でおすすめの総合病院を…

電気をつけたまま寝ることが肥満につながる!?睡眠と照明の重要性とは

良質な睡眠をとるためには、普段の食生活の見直しや生活リズムの改善などを行う必要がありますが、照明の影響を強く…




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

管理人おすすめ!一緒に朝を迎えたくなるベッドたち!