睡眠時無呼吸症候群とはその名の通り、寝ているときに呼吸が止まってしまう病気です。
寝ている間に起こるので、自覚症状を感じられない人が多いです。
悪化すると深刻な問題に発展してしまう可能性があるので、
おかしいなと思ったら、すぐに診察を受けるようにしましょう。

なぜ睡眠時に呼吸が止まってしまうのか?

原因は2つある

原因は2つある

主な原因は大きく分けて2つあり、
1つは気道が確保されず、空気の通り道がなくなって呼吸が止まってしまうタイプです。
これは元々の骨格や太ったことによる脂肪増大などによって起こります。
もう1つは脳からの指令が出なくなるタイプです。
こちらは呼吸中枢に異常がある場合に起こります。

睡眠時無呼吸症候群による症状

起きたときにも症状がある

起きたときにも症状がある

ご家族やパートナーがいれば、寝ているときの症状に気づくことができます。
主な症状は呼吸が止まることを始め、いびきをかく、寝汗をかくなどです。
そういった方がいない場合は起きたときに、
口が乾いている、熟睡感がない、強い眠気があるなどを確認してみましょう。

睡眠時無呼吸症候群にならないための予防法

生活習慣を改善しよう

生活習慣を改善しよう

9割の人は気道が確保されずに起こるので、太りすぎないことが大切です。
骨格は変えられなくても、痩せることによって空気の通り道を作ることができます。
また、アルコールも控えめにしたほうが良いでしょう。
アルコールを飲むと気道を支える筋肉が弛み、呼吸が止まってしまう可能性が高まります。

まとめ

呼吸が止まることによって睡眠の質が悪くなり、急に眠気に襲われることがあります。
その結果として深刻な問題へと発展した事例もいくつか報告されています。
予防できる病気ですので、今一度ご自身の生活習慣を見直してみてください。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

理想の睡眠時間は22時~2時が定説?ゴールデンタイムの効果とは

健康のため、お肌のために、22時~2時のゴールデンタイムに寝ましょうとよく言われます。 でも仕事から帰るのが…

【夜間頻尿】夜なんどもトイレに行き眠りが浅い!気になる原因と改善方法は?

一晩に2回以上トイレに行く人はもしかして「夜間頻尿」かもしれません。気になる原因と対処法をご紹介します。

睡眠の質を上げたい!それなら照明を白熱灯に変えてみよう

光は人間の体に大きく作用します。それに伴い、寝室の明かりを白熱灯に変えることで、睡眠を改善することができます…

眠れない夜は乳製品で、ぐっすり快眠生活

夜なかなか寝付けずに苦しい日ってありますよね? そんなときは睡眠に効く食べ物、飲み物を摂取するのが1番。 本…

心地良い眠りへと誘う!睡眠改善にはラベンダーやゼラニウムがオススメ!

なんだか寝つきが悪い、寝ているはずなのに全然寝た気がしないとお悩みの方には香りをうまく利用したメンタルのリラ…

同じ時間に眠れない!リズムが少しづつずれる睡眠障害、非24時間睡眠覚醒症候群について

非24時間睡眠覚醒症候群は睡眠リズムが毎日少しずつずれる睡眠障害です。社会生活に影響を及ぼしてしまうため、お…

アロマバスでリラックス!手軽にできる快眠テクニックと注意点をご紹介

今快眠グッズがとても話題を呼んでいますよね。抱き枕や、足枕など、素敵な快眠ライフを送るにはいろいろとグッズ…

睡眠妨害だけではない!夜更かしがもたらす危険性

夜更かしが習慣づいてしまうと、なかなか元に戻すのは難しいです。ですが、夜更かしに慣れてしまうと健康面でも悪影…

眠りと脳波の関係でよく聞くα波・β波ってなんのこと!?その疑問についてまとめてみまし…

人が眠りに落ちる目的は、脳を休めるためでもあります。ですが、その脳は眠っている間、どんな状態になっているか考…

睡眠障害とは一体何?睡眠の種類やステージ2の浅い睡眠ノンレム睡眠

睡眠障害という言葉を耳にすると朝起きるのが辛い、夜の就寝時にも中々寝付けないなどの症状をイメージする方が多い…

ツボ刺激で睡眠の質を改善!不眠や頭痛に有効な百会の場所や押し方をご紹介

睡眠の質を改善するためには不規則な生活リズムを改善するのも大切ですが、直ぐに始められるツボ押しもおすすめです…

まだ諦めないで!ノルアドレナリンを上手くコントロールすればうつ病は改善される

神経伝達物質であるノルアドレナリン、これはストレスを受け続けると起こるうつ病を始め、睡眠とも大きな関係がある…




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

売れている人気なマットレスってどれ?