通常、眠る時間と起きる時間はある程度一定しています。しかしながらこのリズムが毎日少しづつずれていく睡眠障害が非24時間睡眠覚醒症候群です。この睡眠障害を抱えると無理に社会生活のリズムに合わせることになるため大変な苦痛を強いられます。また気づかないことも多いのが現状です。

非24時間睡眠覚醒症候群の特徴

この病気は毎日リズムが30分〜1時間ずれてしまう睡眠障害で起床の時間も後ろにずれていきます。このため、気合いで起きるなど無理に社会リズムに合わせることを強いられ、日中の眠気などを引き起こし生活に大きな影響が出てしまいます。

非24時間睡眠覚醒症候群の治療法は?

治療法として考えられることはメラトニンを服用することで体内時計を整えることが考えられます。メラトニンは睡眠リズムの安定に有効と言われています。また高照度光療法という強い光を数時間浴びて体内時計を整えることも考えられます。

どんな人がかかりやすいのか

体内時計は光を浴びることによって調整されます。そのため不規則な生活や勤務などによって光を浴びる時間が少なくなるとこの病気にかかりやすいと言われます。また光に対する感受性が強い、体内時計の周期が長いなども考えられます。いずれにしてもできるだけ生活リズムを一定に保つことが大切です。

まとめ

非24時間睡眠覚醒症候群は睡眠リズムが毎日すこしづつ後ろにずれていく睡眠障害です。気付かずに気合いで乗り切っている人も多く気付かれにくいのですが、れっきとした睡眠障害ですからおかしいと思ったり、社会生活に影響が出ている場合は医師に相談しましょう。

はてな Twitter Facebook Google+ LINE
お気に入りに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する商品

関連する読みモノ

朝日の明るさで目が覚める!寝る前に行う質が良い睡眠をとるためのコツや注意点

最近朝起きるのが非常に辛い・・・。いつもは目覚ましより先に起きてたのに気づくと寝過ごしている、なんてことはあ…

途中で目が覚めるのは睡眠不足!?睡眠障害の症状とは

夜寝ている途中でどうも目が覚めてしまって寝られないという人は、睡眠障害のおそれがあります。一時的ならば問題あ…

加速度センサーで睡眠を改善する”快眠サイクル時計”♡寝具にこだわるならアプリにもコダ…

今回は睡眠改善アプリの中でもとくに加速度センサーを用いた気持ちよい寝起きをサポートしてくれる快眠サイクル時計…

睡眠で悩んでいるなら専門家のクリニックへ!病院の先生に説明する睡眠障害の種類を覚えて…

気がついた時には「自分も睡眠障害なのかもしれない?」そんな時はパニックにならずに、まずは専門家クリニックでは…

睡眠不足改善のために実践したい!今日からできる簡単なポイント3つとは?

眠りと人は密接な関係があります。眠らない人はいませんが、眠れない人がいるのは事実です。睡眠不足は、体に負担を…

耳栓で睡眠の質が向上!人気の耳栓ブランドをご紹介

睡眠に大きく影響する音。音を遮断することで、睡眠の質は大きく向上します。寝つきが悪い日や、睡眠時間が十分に得…

もしかして睡眠障害?眠れない、寝つきが悪い それは「入眠困難」の症状かも

入眠困難という睡眠障害があります。寝つきが悪く大変な苦痛を感じている状態です。心当たりがある方は生活習慣の改…

良質な睡眠には食事が大切!睡眠に悪い食べ物やコーヒーなどのカフェイン効果には特に注意…

カフェインやお腹が満腹な状態になってから睡眠をとると寝苦しくて悪い夢を見てしまった・・・。という経験はありま…

睡眠改善に有効な光の強さや昼光色の注意点

良質な睡眠を得るためには、体内時計のバランスを乱さないことが重要となりますが、その時計を乱さない重要な鍵とし…

明け方に目が覚めてつらい・・・早朝覚醒はしっかり治療しましょう

早朝覚醒という睡眠障害は朝早く目が覚めてしまうことが頻繁に続きます。うつ病などの疾患の原因にもなりかねません…

睡眠の質を改善する寝具の基本やアイマスクDream Essentialsの主な特徴

睡眠は人間が活動する中でさまざまな役割を果たしています。 その睡眠を怠ってしまうと、重症な場合は命の危険に…

反復性過眠症って何!? 眠りすぎる睡眠障害の症状と治療を考えてみる!

反復性過眠症は18時間〜20時間眠り続けてしまう病気です。原因などは不明ですが医師に相談することが不可欠。お…




アクセスランキング

人気のある記事ランキング

売れている人気なマットレスってどれ?